カネコ種苗株式会社 - 第3四半期報告書_20180405112046

カネコ種苗株式会社がEDINETに提出した「第3四半期報告書_20180405112046」です。

 

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

 

平成30年4月11日

カネコ種苗株式会社

取締役会 御中

 

新日本有限責任監査法人

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

伊藤 栄司  印

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

根本 知香  印

 

 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているカネコ種苗株式会社の平成29年6月1日から平成30年5月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年12月1日から平成30年2月28日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年6月1日から平成30年2月28日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。

 四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

 当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

監査人の結論

 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、カネコ種苗株式会社及び連結子会社の平成30年2月28日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。

 

利害関係

 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

以 上

 

(注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E00004-000 2018-04-12

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

平成30年4月12日

【四半期会計期間】

第71期第3四半期(自 平成29年12月1日 至 平成30年2月28日)

【会社名】

カネコ種苗株式会社

【英訳名】

KANEKO SEEDS CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  金子 昌彦

【本店の所在の場所】

群馬県前橋市古市町一丁目50番地12

【電話番号】

027(251)1619

【事務連絡者氏名】

専務取締役財務部長  長谷 浩克

【最寄りの連絡場所】

群馬県前橋市古市町一丁目50番地12

【電話番号】

027(251)1619

【事務連絡者氏名】

専務取締役財務部長  長谷 浩克

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00004 13760 カネコ種苗株式会社 KANEKO SEEDS CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true CTE 2017-06-01 2018-02-28 Q3 2018-05-31 2016-06-01 2017-02-28 2017-05-31 1 false false false E00004-000 2016-06-01 2017-02-28 jpcrp040300-q3r_E00004-000:SeedsAndSeedlingsReportableSegmentsMember E00004-000 2016-06-01 2017-02-28 jpcrp040300-q3r_E00004-000:FloricultureAndHomeGardenReportableSegmentsMember E00004-000 2016-06-01 2017-02-28 jpcrp040300-q3r_E00004-000:CropProtectionReportableSegmentsMember E00004-000 2016-06-01 2017-02-28 jpcrp040300-q3r_E00004-000:AgriculturalMaterialsAndFacilitiesReportableSegmentsMember E00004-000 2016-06-01 2017-02-28 jpcrp040300-q3r_E00004-000:LandscapingReportableSegmentsMember E00004-000 2017-06-01 2018-02-28 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00004-000 2017-06-01 2018-02-28 jpcrp040300-q3r_E00004-000:LandscapingReportableSegmentsMember E00004-000 2017-06-01 2018-02-28 jpcrp040300-q3r_E00004-000:AgriculturalMaterialsAndFacilitiesReportableSegmentsMember E00004-000 2017-06-01 2018-02-28 jpcrp040300-q3r_E00004-000:CropProtectionReportableSegmentsMember E00004-000 2017-06-01 2018-02-28 jpcrp040300-q3r_E00004-000:FloricultureAndHomeGardenReportableSegmentsMember E00004-000 2017-06-01 2018-02-28 jpcrp040300-q3r_E00004-000:SeedsAndSeedlingsReportableSegmentsMember E00004-000 2016-06-01 2017-02-28 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00004-000 2018-04-12 E00004-000 2018-02-28 E00004-000 2017-12-01 2018-02-28 E00004-000 2017-06-01 2018-02-28 E00004-000 2017-02-28 E00004-000 2016-12-01 2017-02-28 E00004-000 2017-05-31 E00004-000 2016-06-01 2017-05-31 E00004-000 2016-06-01 2017-02-28 xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第70期

第3四半期連結

累計期間

第71期

第3四半期連結

累計期間

第70期

会計期間

自平成28年6月1日

至平成29年2月28日

自平成29年6月1日

至平成30年2月28日

自平成28年6月1日

至平成29年5月31日

売上高

(千円)

34,748,841

35,856,166

57,848,330

経常利益

(千円)

746,589

604,164

2,116,373

親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益

(千円)

533,265

364,508

1,489,443

四半期包括利益又は包括利益

(千円)

697,504

567,174

1,666,975

純資産額

(千円)

16,578,246

17,946,689

17,686,019

総資産額

(千円)

34,308,735

35,593,313

43,369,085

1株当たり四半期(当期)純利益金額

(円)

45.42

31.05

126.86

潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

48.3

50.4

40.8

 

回次

第70期

第3四半期連結

会計期間

第71期

第3四半期連結

会計期間

会計期間

自平成28年12月1日

至平成29年2月28日

自平成29年12月1日

至平成30年2月28日

1株当たり四半期純利益金額

(円)

25.18

14.54

 (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

2【事業の内容】

 当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更はありません。なお、平成29年12月1日付で、連結子会社であった前田農薬株式会社を吸収合併いたしました。

第2【事業の状況】

1【事業等のリスク】

 当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。

 

2【経営上の重要な契約等】

 当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。

 

3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断したものであります。

(1)業績の状況

 当第3四半期連結累計期間(平成29年6月1日~平成30年2月28日)におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善など堅調さがみられるものの、海外経済の不確実性やアメリカの金融政策の動向、地政学リスク等の不安要素を多く抱えております。

 国内農業の状況は、少子高齢化による食料消費の減少や農家の後継者不足等の従前からの課題に加え、天候不順による農産物の作柄不良、アメリカ抜きで成立したTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)など、農家経営へマイナス影響が懸念される事象が散見されます。

 このような状況のなか当社グループの業績は、施設材事業の販売が順調に推移したことから、売上高358億56百万円で前年同四半期比11億7百万円(3.2%)の増収となったものの、利益面では、農材事業・施設材事業・花き事業で減益となり、営業利益4億92百万円で前年同四半期比1億75百万円(26.3%)減、経常利益6億4百万円で前年同四半期比1億42百万円(19.1%)減、親会社株主に帰属する四半期純利益3億64百万円で前年同四半期比1億68百万円(31.6%)減となりました。

 

 セグメントの業績は、次のとおりであります。

 

種苗事業

 種苗事業においては、野菜種子関係でエダマメの国内販売やカボチャ・キャベツの輸出について、販売時期が第4四半期にずれ込んだことによる減収要因があったものの、ニンジンの輸出やスイートコーンの国内販売の増加、新規に連結を開始したフィリピン所在の子会社(フィリピーナス・カネコ・シーズ・コーポレーション)の業績が付加されたことに伴い堅調に推移いたしました。

 売上高50億24百万円で前年同四半期比3.3%の増収となり、利益面においても、セグメント利益7億37百万円で前年同四半期比18.0%増となりました。

 

花き事業

 花き事業においては、球根や家庭園芸資材の需要低迷や販売先の園芸事業からの撤退などにより、売上高44億2百万円で前年同四半期比4.7%減収となりました。利益面においても、セグメント損失1億86百万円(前年同四半期のセグメント損失は1億66百万円)で損失は拡大いたしました。

 なお、当事業は春に需要期を迎えることに伴い、第4四半期に売上高及び利益が集中的に計上される傾向があります。例年第3四半期まではセグメント利益はマイナスでありますが、通期では当該マイナスは解消されております。

 

農材事業

 農材事業においては、低温により害虫発生が少なかったことによる殺虫剤の販売減があったものの、茎葉除草剤の需要増や土壌消毒剤の値上がり前の駆込み需要などを取込み、売上高156億1百万円で前年同四半期比1.2%増となりました。利益面については、競争激化による採算性の低下から、セグメント利益は3億45百万円で前年同四半期比32.9%減となりました。

 

施設材事業

 施設材事業においては、積極的な新規販売先の開拓が功を奏したことなどから、売上高104億88百万円で前年同四半期比9.0%増となったものの、養液栽培プラント工事の減少や、一般農業資材の市況低迷等により採算性が悪化したことなどから、セグメント利益は2億78百万円で前年同四半期比9.9%減となりました。

 

造園事業

 造園事業においては、工事完工高伸長等に伴い売上高3億39百万円で前年同四半期比53.2%増となり、セグメント利益は10百万円(前年同四半期のセグメント損失は1百万円)と改善いたしました。

 

(2)経営方針・経営戦略等

 当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。

 

(3)事業上及び財務上の対処すべき課題

 当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。

 

(4)研究開発活動

 当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、469,053千円であります。

 なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。

 

第3【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

19,000,000

19,000,000

 

②【発行済株式】

種類

第3四半期会計期間末現在発行数(株)

(平成30年2月28日)

提出日現在発行数(株)

(平成30年4月12日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

11,772,626

11,772,626

東京証券取引所

市場第一部

単元株式数 100株

11,772,626

11,772,626

 

(2)【新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

(5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数

(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

平成29年12月1日~平成30年2月28日

11,772,626

1,491,267

1,751,682

 

(6)【大株主の状況】

 当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。

 

(7)【議決権の状況】

 当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載することができないことから、直前の基準日(平成29年11月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。

 

①【発行済株式】

平成30年2月28日現在

 

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式   32,000

完全議決権株式(その他)

普通株式 11,711,500

117,115

単元未満株式

普通株式   29,126

発行済株式総数

11,772,626

総株主の議決権

117,115

 

②【自己株式等】

平成30年2月28日現在

 

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

カネコ種苗株式会社

群馬県前橋市古市町1-50-12

32,000

32,000

0.27

32,000

32,000

0.27

 

 

2【役員の状況】

 該当事項はありません。

 

第4【経理の状況】

 1.四半期連結財務諸表の作成方法について

 当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

 2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年12月1日から平成30年2月28日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年6月1日から平成30年2月28日まで)に係る四半期連結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。

 

1【四半期連結財務諸表】

(1)【四半期連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(平成29年5月31日)

当第3四半期連結会計期間

(平成30年2月28日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

4,702,589

4,177,313

受取手形及び売掛金

22,200,662

13,552,996

商品

6,774,347

7,826,266

その他

1,500,654

1,452,362

貸倒引当金

21,792

14,077

流動資産合計

35,156,461

26,994,860

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

土地

4,196,523

4,196,523

その他(純額)

1,680,338

1,946,201

有形固定資産合計

5,876,862

6,142,725

無形固定資産

44,955

44,975

投資その他の資産

 

 

その他

2,303,425

2,423,346

貸倒引当金

12,619

12,595

投資その他の資産合計

2,290,806

2,410,750

固定資産合計

8,212,624

8,598,452

資産合計

43,369,085

35,593,313

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

22,201,137

14,072,660

短期借入金

980,000

未払法人税等

397,090

6,297

その他

1,208,135

720,689

流動負債合計

23,806,363

15,779,647

固定負債

 

 

退職給付に係る負債

1,640,457

1,639,364

役員退職慰労引当金

117,750

118,600

その他

118,495

109,012

固定負債合計

1,876,702

1,866,976

負債合計

25,683,066

17,646,623

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

1,491,267

1,491,267

資本剰余金

1,765,221

1,765,221

利益剰余金

14,158,524

14,217,770

自己株式

21,497

22,740

株主資本合計

17,393,515

17,451,518

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

639,772

802,981

為替換算調整勘定

32,621

28,260

退職給付に係る調整累計額

314,646

279,550

その他の包括利益累計額合計

292,504

495,170

純資産合計

17,686,019

17,946,689

負債純資産合計

43,369,085

35,593,313

 

(2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第3四半期連結累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

前第3四半期連結累計期間

(自 平成28年6月1日

 至 平成29年2月28日)

当第3四半期連結累計期間

(自 平成29年6月1日

 至 平成30年2月28日)

売上高

34,748,841

35,856,166

売上原価

29,024,498

29,953,233

売上総利益

5,724,343

5,902,932

販売費及び一般管理費

5,055,710

5,410,060

営業利益

668,633

492,872

営業外収益

 

 

受取配当金

24,948

25,481

受取家賃

43,144

45,634

受取保険金

41,123

その他

23,682

15,894

営業外収益合計

91,775

128,133

営業外費用

 

 

支払利息

13,191

9,653

為替差損

627

5,726

その他

1,462

営業外費用合計

13,818

16,841

経常利益

746,589

604,164

特別利益

 

 

投資有価証券売却益

39,803

特別利益合計

39,803

特別損失

 

 

固定資産処分損

17

43,954

投資有価証券売却損

3,375

特別損失合計

17

47,330

税金等調整前四半期純利益

786,375

556,834

法人税等

253,110

192,325

四半期純利益

533,265

364,508

親会社株主に帰属する四半期純利益

533,265

364,508

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第3四半期連結累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

前第3四半期連結累計期間

(自 平成28年6月1日

 至 平成29年2月28日)

当第3四半期連結累計期間

(自 平成29年6月1日

 至 平成30年2月28日)

四半期純利益

533,265

364,508

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

130,576

163,208

為替換算調整勘定

4,361

退職給付に係る調整額

33,662

35,096

その他の包括利益合計

164,239

202,666

四半期包括利益

697,504

567,174

(内訳)

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

697,504

567,174

 

【注記事項】

(連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

   (1)連結の範囲の重要な変更

   当第3四半期連結会計期間において、当社の連結子会社であった前田農薬株式会社は、平成29年12月1日付で当社を存続会社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。

 

  (2)持分法適用の範囲の重要な変更

   該当事項はありません。

 

(四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

(税金費用の計算)

 税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。

 

(四半期連結貸借対照表関係)

  該当事項はありません。

 

(四半期連結損益計算書関係)

(業績の季節的変動)

 当社グループの業績は、第4四半期において、他の四半期と比較して売上高・利益ともに増加する傾向にあります。

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

 当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおりであります。

 

前第3四半期連結累計期間

(自  平成28年6月1日

  至  平成29年2月28日)

当第3四半期連結累計期間

(自  平成29年6月1日

  至  平成30年2月28日)

減価償却費

159,283千円

163,899千円

のれんの償却額

17,267

4,811

 

(株主資本等関係)

Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成28年6月1日 至平成29年2月28日)

 1.配当金支払額

(決 議)

株式の種類

配当金の総額

(千円)

1株当たり
配当額

(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

平成28年8月30日
定時株主総会

普通株式

187,862

16

 平成28年5月31日

 平成28年8月31日

利益剰余金

平成29年1月6日
取締役会

普通株式

129,153

11

 平成28年11月30日

 平成29年2月13日

利益剰余金

(注)平成28年8月30日定時株主総会決議による1株当たり配当額には、平成28年5月に東京証券取引所市場第一部に指定されたことによる記念配当2円を含んでおります。

 

2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間末後となるもの

   該当事項はありません。

 

Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成29年6月1日 至平成30年2月28日)

 1.配当金支払額

(決 議)

株式の種類

配当金の総額

(千円)

1株当たり
配当額

(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

平成29年8月29日

定時株主総会

普通株式

176,116

15

 平成29年5月31日

 平成29年8月30日

利益剰余金

平成30年1月5日

取締役会

普通株式

129,146

11

 平成29年11月30日

 平成30年2月13日

利益剰余金

 

2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間末後となるもの

   該当事項はありません。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成28年6月1日 至平成29年2月28日)

  1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

種苗

事業

花き

事業

農材

事業

施設材

事業

造園

事業

合計

売上高

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

4,865,937

4,621,196

15,413,771

9,626,540

221,397

34,748,841

セグメント間の内部売上高又は振替高

53,518

55

953

2,268

56,794

4,919,455

4,621,251

15,414,724

9,628,808

221,397

34,805,635

セグメント利益又は損失(△)

625,034

166,768

513,922

308,580

1,667

1,279,101

 

2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

 内容(差異調整に関する事項)

(単位:千円)

 

利益

金額

報告セグメント計

1,279,101

全社費用(注)

△610,468

四半期連結損益計算書の営業利益

668,633

    (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

 

3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

   該当事項はありません。

 

Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成29年6月1日 至平成30年2月28日)

  1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

種苗

事業

花き

事業

農材

事業

施設材

事業

造園

事業

合計

売上高

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

5,024,088

4,402,827

15,601,343

10,488,710

339,198

35,856,166

セグメント間の内部売上高又は振替高

57,063

510

1,090

2,104

60

60,827

5,081,151

4,403,337

15,602,433

10,490,814

339,258

35,916,993

セグメント利益又は損失(△)

737,506

186,843

345,058

278,002

10,039

1,183,762

 

2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

 内容(差異調整に関する事項)

(単位:千円)

 

利益

金額

報告セグメント計

1,183,762

全社費用(注)

△690,890

四半期連結損益計算書の営業利益

492,872

    (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

 

3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

   該当事項はありません。

 

(企業結合等関係)

 重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

(1株当たり情報)

 1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前第3四半期連結累計期間

(自 平成28年6月1日

至 平成29年2月28日)

当第3四半期連結累計期間

(自 平成29年6月1日

至 平成30年2月28日)

1株当たり四半期純利益金額

45円42銭

31円05銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益金額

(千円)

533,265

364,508

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)

533,265

364,508

普通株式の期中平均株式数(千株)

11,741

11,740

   (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

(重要な後発事象)

 該当事項はありません。

 

2【その他】

  平成30年1月5日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。

 (イ)配当金の総額……………………………………… 129,146千円

 (ロ)1株当たりの金額………………………………… 11円00銭

 (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日………… 平成30年2月13日

 (注)  平成29年11月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行っております。

 

第二部【提出会社の保証会社等の情報】

 該当事項はありません。