株式会社 極洋 - 0106010_honbun_0164100102604.htm

株式会社 極洋がEDINETに提出した「0106010_honbun_0164100102604.htm」です。

独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書

 

 

 

平成26年6月24日

株式会社極洋

     取締役会 御中

井上監査法人

 

 

代表社員

業務執行社員

 

公認会計士  平   松    正   己  ㊞

 

代表社員
業務執行社員

 

公認会計士  林    映   男  ㊞

 

 

<財務諸表監査>

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている株式会社極洋の平成25年4月1日から平成26年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益及び包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。

 

連結財務諸表に対する経営者の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。

監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。

当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

 

監査意見

当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社極洋及び連結子会社の平成26年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

 

 

<内部統制監査>

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社極洋の平成26年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。

 

内部統制報告書に対する経営者の責任

経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。

なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性がある。

 

監査人の責任

当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施することを求めている。

内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。

当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

 

監査意見

当監査法人は、株式会社極洋が平成26年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

 

利害関係

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

 

以  上

 

 

※1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

 

 

E00012-0002014-06-24

独立監査人の監査報告書

 

 

 

平成26年6月24日

株式会社極洋

     取締役会 御中

井上監査法人

 

 

代表社員

業務執行社員

 

公認会計士  平   松    正   己  ㊞

 

代表社員
業務執行社員

 

公認会計士  林    映   男  ㊞

 

 

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている株式会社極洋の平成25年4月1日から平成26年3月31日までの第91期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。

 

財務諸表に対する経営者の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。

監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。

当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

 

監査意見

当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社極洋の平成26年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

 

利害関係

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

 

以  上

 

 

※1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

 

E00012-0002014-06-24

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

平成26年6月24日

【事業年度】

第91期(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

【会社名】

株式会社極洋

【英訳名】

KYOKUYO CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  多 田 久 樹

【本店の所在の場所】

東京都港区赤坂三丁目3番5号

【電話番号】

03(5545)0703

【事務連絡者氏名】

企画部長  木 山 修 一

【最寄りの連絡場所】

東京都港区赤坂三丁目3番5号

【電話番号】

03(5545)0703

【事務連絡者氏名】

企画部長  木 山 修 一

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

  (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

 

E0001213010株式会社極洋KYOKUYO CO.,LTD.企業内容等の開示に関する内閣府令第三号様式Japan GAAPtruectecte2013-04-012014-03-31FY2014-03-312012-04-012013-03-312013-03-311falsefalsefalseE00012-0002014-06-24E00012-0002009-04-012010-03-31E00012-0002010-04-012011-03-31E00012-0002011-04-012012-03-31E00012-0002012-04-012013-03-31E00012-0002013-04-012014-03-31E00012-0002010-03-31E00012-0002011-03-31E00012-0002012-03-31E00012-0002013-03-31E00012-0002014-03-31E00012-0002009-04-012010-03-31jppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002010-04-012011-03-31jppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002011-04-012012-03-31jppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002010-03-31jppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002011-03-31jppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:CapitalStockMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:CapitalStockMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:CapitalSurplusMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:CapitalSurplusMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:TreasuryStockMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:TreasuryStockMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:ShareholdersEquityMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:ShareholdersEquityMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:MinorityInterestsMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:MinorityInterestsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:ShareholdersEquityMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:ShareholdersEquityMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:TreasuryStockMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:TreasuryStockMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:MinorityInterestsMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:MinorityInterestsMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:CapitalStockMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:CapitalStockMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:CapitalSurplusMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:CapitalSurplusMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:CapitalStockMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:CapitalSurplusMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:TreasuryStockMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:ShareholdersEquityMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:MinorityInterestsMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:MarineProductsPurchasingBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:FrozenFoodsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:ShelfStableFoodsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:LogisticsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:TunaBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jpcrp_cor:ReconcilingItemsMemberE00012-0002013-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:MarineProductsPurchasingBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002013-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:FrozenFoodsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002013-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:ShelfStableFoodsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002013-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:LogisticsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002013-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:TunaBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002013-03-31jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMemberE00012-0002013-03-31jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMemberE00012-0002013-03-31jpcrp_cor:ReconcilingItemsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:MarineProductsPurchasingBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:FrozenFoodsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:ShelfStableFoodsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:LogisticsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:TunaBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jpcrp_cor:ReconcilingItemsMemberE00012-0002014-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:MarineProductsPurchasingBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002014-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:FrozenFoodsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002014-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:ShelfStableFoodsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002014-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:LogisticsBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002014-03-31jpcrp030000-asr_E00012-000:TunaBusinessReportableSegmentsMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:ReconcilingItemsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMemberE00012-0002013-03-31jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMemberE00012-0002014-03-31jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:CapitalStockMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:CapitalStockMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:CapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:CapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:GeneralReserveMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:GeneralReserveMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:TreasuryStockMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:TreasuryStockMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:ShareholdersEquityMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:ShareholdersEquityMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-03-31jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-03-31jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:ShareholdersEquityMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:ShareholdersEquityMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:TreasuryStockMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:TreasuryStockMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:CapitalStockMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:CapitalStockMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:CapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:CapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002012-04-012013-03-31jppfs_cor:GeneralReserveMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002013-04-012014-03-31jppfs_cor:GeneralReserveMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:CapitalStockMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:CapitalSurplusMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:GeneralReserveMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:RetainedEarningsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:TreasuryStockMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:ShareholdersEquityMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberE00012-0002014-03-31jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMemberjppfs_cor:NonConsolidatedMemberiso4217:JPYiso4217:JPYxbrli:sharesxbrli:purexbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第87期

第88期

第89期

第90期

第91期

決算年月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

売上高

(百万円)

145,778

162,731

181,885

178,046

202,387

経常利益

(百万円)

2,550

1,783

1,707

2,262

2,985

当期純利益

(百万円)

1,086

58

423

1,269

2,968

包括利益

(百万円)

312

395

1,889

3,233

純資産額

(百万円)

18,538

17,555

17,212

18,683

19,930

総資産額

(百万円)

64,301

76,925

84,937

83,245

84,319

1株当たり純資産額

(円)

170.61

162.60

161.52

175.54

187.57

1株当たり当期純利益

(円)

10.27

0.55

4.03

12.08

28.26

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

27.55

自己資本比率

(%)

28.1

22.2

20.0

22.1

23.4

自己資本利益率

(%)

6.1

0.3

2.5

7.2

15.6

株価収益率

(倍)

19.4

320.0

49.1

17.5

9.3

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

2,326

5,079

5,297

7,384

1,910

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

4,515

3,077

1,006

469

1,900

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,142

8,837

6,434

6,614

512

現金及び現金同等物
の期末残高

(百万円)

2,672

3,322

3,438

3,809

3,387

従業員数
〔外、平均臨時
 雇用者数〕

(人)

2,909

2,753

2,460

2,397

2,111

346

786

879

1,213

796

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

 2 平成22年3月期から平成25年3月期までにおける潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第87期

第88期

第89期

第90期

第91期

決算年月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

売上高

(百万円)

133,674

148,009

165,737

160,610

192,026

経常利益

(百万円)

2,265

2,187

1,881

1,392

2,546

当期純利益

(百万円)

1,115

706

672

806

1,806

資本金

(百万円)

5,664

5,664

5,664

5,664

5,664

発行済株式総数

(千株)

109,282

109,282

109,282

109,282

109,282

純資産額

(百万円)

13,857

13,635

13,822

14,818

16,164

総資産額

(百万円)

51,285

62,511

71,113

70,492

70,381

1株当たり純資産額

(円)

130.96

129.82

131.60

141.08

153.90

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

5.00

5.00

5.00

5.00

5.00

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益

(円)

10.54

6.69

6.40

7.68

17.20

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

16.77

自己資本比率

(%)

27.0

21.8

19.4

21.0

23.0

自己資本利益率

(%)

8.2

5.1

4.9

5.6

11.7

株価収益率

(倍)

18.9

26.3

30.9

27.5

15.2

配当性向

(%)

47.4

74.7

78.1

65.1

29.1

従業員数
〔外、平均臨時
雇用者数〕

(人)

531

533

534

550

564

93

89

90

91

87

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

 2 平成22年3月期から平成25年3月期までにおける潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

年月

沿革

昭和12年9月

当社は母船式捕鯨事業並びに各種漁業、水産物の加工販売を主たる事業目的として極洋捕鯨株式会社の商号をもって資本金500万円にて東京市丸の内に設立

昭和24年5月

東京・大阪(平成15年11月上場廃止)・名古屋(平成15年2月上場廃止)証券取引所市場第一部に上場

昭和45年6月

八戸市に冷凍工場を新設

昭和46年1月

株式会社極洋に商号変更

   

水産物・農畜産物等の買付販売を目的に極洋商事株式会社(現:連結子会社)を設立

    11月

秋津冷蔵株式会社を設立し、冷蔵倉庫業に本格的進出

昭和48年7月

冷蔵運搬船事業に本格的進出

昭和51年5月

大井冷蔵庫(東京都)営業開始

    6月

捕鯨部門を日本共同捕鯨株式会社に譲渡

昭和54年3月

福岡市に冷蔵庫を新設

昭和55年11月

冷凍食品の製造を目的に極洋食品株式会社(現:連結子会社)を設立

昭和59年10月

冷凍食品・チルド食品の製造を目的にキョクヨーフーズ株式会社(現:連結子会社)を設立

昭和63年1月

決算期を10月31日から3月31日に変更

平成3年2月

塩釜市に塩釜研究所を新設

平成8年1月

水産物の買付販売を目的にKyokuyo America Corporation(現:連結子会社)を設立

平成9年3月

海外まき網事業、かつお・まぐろの売買及び加工事業を目的に極洋水産株式会社(現:連結子会社)を設立

    5月

本社事務所(東京都千代田区丸の内)を東京都港区赤坂に移転

    10月

極洋水産株式会社に海外まき網事業、かつお・まぐろの売買及び加工事業を営業譲渡

平成10年8月

チルド食品及び冷凍食品の製造を目的に株式会社ひたちなか極洋を設立

平成11年3月

秋津冷蔵株式会社(平成11年4月キョクヨー秋津冷蔵株式会社に商号変更 現:連結子会社)に冷蔵庫事業を営業譲渡

        11月

海外まき網事業統合を目的に極洋水産株式会社と大同水産株式会社を合併(存続会社 極洋水産株式会社)

平成12年4月

冷凍食品の供給体制の強化、充実を図るため、極洋食品株式会社に八戸工場の事業を営業譲渡

平成13年10月

効率的な生産体制の確立を目的に極洋食品株式会社と株式会社ひたちなか極洋を合併(存続会社極洋食品株式会社)

平成14年12月

本社、東京支社、キョクヨー総合サービス株式会社(現:連結子会社)にて、環境マネジメントシステムISO14001認証取得

平成16年12月

関係会社を含めたキョクヨーグループ全体で環境マネジメントシステムISO14001拡大認証取得

平成17年5月

タイに冷凍食品の製造及び販売を目的に合弁会社K&U Enterprise Co.,Ltd.(現:連結子会社)を設立

平成17年10月

中国に水産物等の買付販売を目的に青島極洋貿易有限公司(現:連結子会社)を設立

平成18年8月

オランダに冷凍食品の買付販売を目的にKyokuyo Europe B.V.(現:連結子会社)を設立

平成19年7月

まぐろその他水産物の養殖、加工及び販売業を目的にキョクヨーマリンファーム株式会社(現:連結子会社)を設立

 

 

 

年月

沿革

平成20年9月

海産物珍味の製造及び販売を営む関連会社株式会社ジョッキ(現:連結子会社)の株式を追加取得、連結子会社化

平成22年5月

まぐろその他水産物の養殖、加工及び販売業を目的にキョクヨーマリン愛媛株式会社(現:連結子会社)を設立

平成22年6月

まぐろその他水産物の加工及び販売を目的に極洋フレッシュ株式会社(現:連結子会社)を設立

平成22年8月

さけ製品の加工及び販売を営む海洋フーズ株式会社(現:連結子会社)の株式を取得、連結子会社化

平成24年11月

本鮪の種苗生育から親魚の養成及び販売を行う合弁会社、極洋日配マリン株式会社(現:連結子会社)を設立

平成25年4月

水産加工品の製造及び販売を営む株式会社エィペックス・サンヨーの株式を取得(株式会社エィペックス・キョクヨーに商号変更、現:持分法適用会社)

平成25年6月

市販商品事業の拡大を目指し、新ブランド「シーマルシェ」を発表

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは株式会社極洋(当社)及び子会社21社、関連会社4社により構成され、水産商事事業、冷凍食品事業、常温食品事業、物流サービス事業、鰹・鮪事業を主として行っております。各事業における当社グループの位置付けは次のとおりであります。

 

なお、下記の事業区分は、セグメント情報の区分と同一であります。

水産商事事業

当社及び極洋商事㈱他において水産物の買付及び販売を行っております。

冷凍食品事業

当社及び極洋食品㈱他において冷凍食品の製造及び販売を行っております。

常温食品事業

当社及び㈱ジョッキ他において缶詰・海産物珍味の製造及び販売を行っております。

物流サービス事業

当社及びキョクヨー秋津冷蔵㈱他において海上運送業及び冷蔵倉庫業を行っております。

鰹・鮪事業

当社及び極洋水産㈱他において、かつお・まぐろの漁獲、養殖、買付及び加工、販売を行っております。

その他事業

キョクヨー総合サービス㈱において保険代理店業、インテグレート・システム㈱においてソフトウェアの開発及び保守を行っております。

 

以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。

 


 

4 【関係会社の状況】

 名        称

 住    所

 資本金

 

 

関    係    内    容

主要な事

議決権の

役員の兼任等

資金

 

設備

業の内容

所有割合

当社

当社

 取引の内容

 

 

役員

従業員

援助

 

賃貸

(連結子会社)

 

百万円

 

 

 

 

キョクヨー秋津冷蔵
株式会社

大阪府
大阪市

 80

冷蔵倉庫業

100.0

1

転籍 4
兼務 2

なし

当社及び子会社の製商品を保管

なし

極洋商事株式会社

東京都
港区

 60

水産物・農畜産物等の買付販売

100.0

1

転籍 2
出向 1
兼務 2

なし

当社及び子会社の
製商品を販売し、又当社は商品を仕入れ

なし

極洋食品株式会社

宮城県
塩釜市

100

冷凍食品・チルド食品の製造

100.0
(10.0)

2

転籍 3
出向 1
兼務 2

なし

当社は原料を販売し、又当社は製品を仕入れ

当社は製造設備の一部を賃貸

極洋水産株式会社

静岡県
焼津市

192

海外まき網漁業、かつお・まぐろの加工及び冷蔵倉庫業

100.0

1

転籍 2
出向 1
兼務 2

なし

当社は原料を販売し、又当社は製品を仕入れ

当社は製造設備の一部を賃貸

キョクヨー総合
サービス株式会社

東京都
港区

 10

保険代理店業

100.0

転籍 3
兼務 2

なし

当社及び子会社が保険関係業務等を委託

なし

極洋日配マリン
株式会社

     ※4

愛媛県
南宇和郡
愛南町

90

まぐろその他水産物の養殖・加工及び販売

50.0
(10.0)

1

出向 1
兼務 2

長短貸付あり

なし

キョクヨーフーズ
株式会社

愛媛県
北宇和郡
松野町

 30

冷凍食品・チルド食品の製造

100.0

1

転籍 2
兼務 1

なし

当社は原料を販売し、又当社は製品を仕入れ

なし

極洋フレッシュ
株式会社

東京都
江戸川区

 90

まぐろその他水産物等の加工及び販売

100.0

1

転籍 2
兼務 2

短期貸付あり

当社及び子会社は原料を販売し、又当社は製品を仕入れ

当社は製造設備の一部を賃貸

キョクヨーマリン
愛媛株式会社

愛媛県
南宇和郡
愛南町

 30

まぐろその他水産物の養殖・加工及び販売

100.0

1

兼務 3

短期貸付あり

当社は製品を仕入れ

当社は養殖設備の一部を賃貸

キョクヨーマリン
ファーム株式会社

高知県
幡多郡
大月町

 30

まぐろその他水産物の養殖・加工及び販売

 100.0
(16.7)

1

出向 1
兼務 2

なし

当社は製品を仕入れ

当社は養殖設備の一部を賃貸

海洋フーズ株式会社

茨城県
神栖市

 40

さけその他水産物等の加工及び販売

100.0

転籍 1
兼務 2

短期貸付あり

当社は原料を販売し、又当社は製品を仕入れ

当社は製造設備の一部を賃貸

サポートフーズ
株式会社
     ※4

北海道
小樽市

 70

冷凍食品・チルド食品の製造

47.2

2

兼務 3

なし

当社及び子会社は原料を販売し、又当社は製品を仕入れ

なし

株式会社ジョッキ

東京都
練馬区

 60

海産物珍味の製造及び販売

100.0

1

転籍 1
出向 1
兼務 1

なし

当社及び子会社は原料を販売し、又当社は製品を仕入れ

なし

 

 

 

 名        称

 住    所

 資本金

 

 

関    係    内    容

主要な事

議決権の

役員の兼任等

資金

 

設備

業の内容

所有割合

当社

当社

取引の内容

 

 

役員

従業員

援助

 

賃貸

(連結子会社)

 

百万円

 

 

 

 

Kyokuyo America
Corporation

Seattle,
Washington,
U.S.A.

千米ドル
3,000

水産物等の買付販売

100.0

兼務 2

なし

当社及び子会社の製商品を販売し、又当社は商品を仕入れ

なし

K&U Enterprise
Co.,Ltd.
          ※4

Ampur Muang,
Samutsakorn,
Thailand

百万バーツ

120

冷凍食品の製造及び販売

 50.0

出向 2
兼務 3

なし

当社は原料を販売し、又当社は製品を仕入れ

なし

青島極洋貿易有限公司

中国青島市

千米ドル
 200

水産物等の買付販売

100.0

兼務 2

なし

当社は商品を販売し、又当社は商品を仕入れ

なし

Kyokuyo Europe B.V.     

Luchthaven
Schiphol,
The Netherlands

千ユーロ
 250

水産物等の買付販売

100.0

出向 1
兼務 2

短期貸付あり

当社及び子会社の製商品を販売し、又当社は商品を仕入れ

なし

他4社 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(持分法適用関連会社)

インテグレート・
システム株式会社

 

東京都
中央区

 50

ソフトウェアの開発及び保守

35.0

1

転籍 2

なし

当社及び子会社のシステム関連の開発及び保守

なし

株式会社エィペックス・
キョクヨー

兵庫県
姫路市

 50

冷凍食品・チルド食品の製造

49.0

1

出向 1

なし

当社は原料を販売し、又当社は製品を仕入れ

なし

株式会社新東京フード

東京都
港区

 50

食品の卸売、加工及び輸出入

46.0

1

転籍 1
兼務 1

長短貸付あり

当社の製商品を販売

なし

 

(注) 1. 特定子会社に該当するものはありません。

     2. 上記連結子会社には、いずれも有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

     3. 議決権所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

   ※4. 持分は、100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため連結子会社としております。

     5. 平成25年4月1日付にてCVSベンダー事業強化を目的に連結子会社であったエス・ティー・アイ㈱と持分法適用関連会社である㈱新東京フードを合併し、グループの再編を行いました。この合併に伴いエス・ティー・アイ㈱は解散いたしました。

     6. 平成26年3月1日付にて連結子会社であった極洋海運㈱を吸収合併しております。

 

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

    (平成26年3月31日現在)

セグメントの名称

従業員数(人)

水産商事

246 [113]

冷凍食品

1,053 [532]

常温食品

366 [ 52]

物流サービス

64 [  8]

鰹・鮪

307 [ 84]

その他

26 [  0]

全社(共通)

49 [  7]

合計

2,111 [796]

 

(注) 1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

   2.前連結会計年度に比べ従業員が286名減少しておりますが、主として連結子会社K&U Enterprise Co.,Ltd.における従業員の減少によるものです。

 

(2) 提出会社の状況

    (平成26年3月31日現在)

業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

564 [ 87]

39.7

16.3

6,709,366

 

(注) 1. 平均年間給与は賞与を含んでおります。

2. 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

セグメントの名称

従業員数(人)

水産商事

190 [ 22]

冷凍食品

240 [ 49]

常温食品

24 [   5]

物流サービス

9 [   0]

鰹・鮪

43 [   4]

その他

9 [   0]

全社(共通)

49 [   7]

合計

564 [ 87]

 

(注) 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

(3) 労働組合の状況

当社グループは、職員は極洋労働組合を組織し、日本食品関連産業労働組合総連合会(フード連合)に加盟し、船員は全日本海員組合に加盟しております。

なお、労使関係は概ね良好であります。

第2 【事業の状況】

 

1 【業績等の概要】

(1) 業績

当連結会計年度におけるわが国経済は、デフレ脱却に向けた金融緩和や経済対策効果、円安の進行により輸出関連企業を中心に企業収益や設備投資に持ち直しの傾向が見られ、堅調な個人消費と相俟って、緩やかな回復基調にあったと言えます。

水産・食品業界におきましては、多少値段が高くとも高品質な商品の売上が伸びるなど、従来の低価格志向とは異なる動きも出てきましたが、円安の影響による原材料コストの上昇もあり、厳しい状況を脱し切れておりません。

このような状況のもと当社グループでは、中期経営計画『パワーアップキョクヨー2015』の2年目として、「キョクヨーグループの優位性を強化、拡充し、安心・安全で競争力のある商品の提供により、グループ企業価値の最大化を実現する」ことを基本目標に据えて取り組んでまいりました。

その結果、当社グループの売上高は2,023億87百万円(前期比13.7%増)、営業利益は29億15百万円(前期比25.4%増)、経常利益は29億85百万円(前期比32.0%増)、当期純利益は29億68百万円(前期比133.8%増)となりました。

セグメント別の事業概況は次のとおりです。

 

①水産商事セグメント

水産商事セグメントでは、年間を通じて堅調に推移した水産物市況を背景に、赤魚、ほっけ、さばなどの切身品、定塩さけ製品、伸ばしえびや生食用さけ・えび製品など、より加工度を増した利益率の高い製品の拡販に努めました。その結果、売上、利益ともに前期を大きく上回りました。

この部門の売上高は1,004億38百万円(前期比23.6%増)、営業利益は30億46百万円(前期比91.0%増)となりました。

 

②冷凍食品セグメント

冷凍食品セグメントでは、寿司種を中心とした生食用商品の販売が順調に進みました。また『だんどり上手』シリーズとして他社との差別化を図った骨なし切り身商品は、アイテムを拡充し医療食や事業所給食向けに、また、かに風味かまぼこは量販店の水産・惣菜コーナーや外食産業向けに拡販を図りました。更に新たなブランド『シーマルシェ』を発表するとともに、家庭用冷凍食品へも参入し、市販分野への販路拡大を進めました。加えて、宮城県塩釜市に当社グループ基幹工場の建設計画も進めております。その結果、この部門の売上は前期を上回りましたが、円安や原料高、海外工場における労務費をはじめとする生産コストの上昇などにより、利益は下回りました。

この部門の売上高は560億71百万円(前期比10.9%増)、営業利益は1億27百万円(前期比59.5%減)となりました。

 

 

③常温食品セグメント

常温食品セグメントでは、さんまやさばなどの水産缶詰の他に、輸入缶詰や畜肉缶詰、海産珍味類などを量販店や大手コンビニルートへ拡販するとともに新規商材の開発に努めました。その結果、売上は前期を上回ったものの、円安や原材料価格上昇による製品のコストアップに対して、販売価格への転嫁が進まず、利益は下回りました。

この部門の売上高は172億47百万円(前期比11.3%増)、営業利益は46百万円(前期比68.2%減)となりました。

 

④物流サービスセグメント

物流サービスセグメントにおける冷蔵倉庫事業では、積極的に設備投資を行い、事業の効率化と営業力強化に努めました。冷蔵運搬船事業は、大幅にスリム化された船隊編成のもと年間契約を中心に配船するなど効率のよい運航に努めました。また本年3月に当社グループの経営効率の更なる向上を図るべく、連結子会社であった極洋海運株式会社を吸収合併しました。この結果、この部門の売上は前期を下回ったものの、利益は上回りました。

この部門の売上高は30億31百万円(前期比11.8%減)、営業利益は26百万円(前期は営業損失3億24百万円)となりました。

 

⑤鰹・鮪セグメント

鰹・鮪セグメントにおける加工及び販売事業は、国内外からの原料調達ルートを活用した加工品の販路拡大と在庫水準の適正化を図りました。養殖事業は、「本鮪の極」の市場でのブランド力が定着し、順調に販売が進んでおりますが、天然種苗の確保については規制が強化されつつあり、完全養殖体制の早期実現に向けた孵化魚の育成に努めております。海外まき網事業は、魚価は安定的に推移したものの、近海操業の不漁やドック修繕に伴う稼働日数の減少により漁獲量は前年を下回りました。その結果、この部門の売上・利益ともに前期を下回りました。

この部門の売上高は255億25百万円(前期比6.3%減)、営業利益は5億82百万円(前期比35.3%減)となりました。

 

 

(2) キャッシュ・フローの状況

(単位:百万円)

                   

前連結会計年度

当連結会計年度

増減

営業活動によるキャッシュ・フロー

投資活動によるキャッシュ・フロー

財務活動によるキャッシュ・フロー

現金及び現金同等物に係る換算差額

現金及び現金同等物の増減額

現金及び現金同等物の期首残高

現金及び現金同等物の期末残高

7,384

△469

△6,614

70

370

3,438

3,809

1,910

△1,900

△512

80

△422

3,809

3,387

△5,474

△1,431

6,102

10

△792

370

△422

 

 

当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益の増加などにより、19億10百万円の収入となりました。

投資活動によるキャッシュ・フローは、固定資産及び投資有価証券の取得などにより、19億円の支出となりました。

財務活動によるキャッシュ・フローは、新株予約権付社債の発行などによる収入に対し、有利子負債の削減に努めたことで、5億12百万円の支出となりました。

この結果、現金及び現金同等物の期末残高は期首残高より4億22百万円減少し、33億87百万円となりました。

 

 

2 【生産・仕入、受注及び販売の状況】

(1) 生産・仕入実績

当連結会計年度における生産・仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

金額(百万円)

前年同期比(%)

水産商事

106,184

21.0

冷凍食品

33,134

25.5

常温食品

13,826

13.0

物流サービス

鰹・鮪

22,734

△2.6

その他

合計

175,880

17.4

 

 (注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

   2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 受注実績

受注生産は行っておりません。

 

(3) 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

金額(百万円)

前年同期比(%)

水産商事

100,438

23.6

冷凍食品

56,071

10.9

常温食品

17,247

11.3

物流サービス

3,031

△11.8

鰹・鮪

25,525

△6.3

その他

72

7.8

合計

202,387

13.7

 

 (注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

   2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

3 【対処すべき課題】

(1) 中長期的な会社の経営戦略と会社の対処すべき課題

わが国経済は、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動や新興国経済の下振れ懸念はあるものの、政府・日銀による経済政策の効果が下支えとなり、個人消費や企業による設備投資が増加し、景気の回復基調が継続することが期待されております。しかしながら水産・食品業界を取り巻く環境は、少子高齢化による国内マーケットの縮小もあり販売競争はますます激化の一途を辿っております。加えて海外から調達する水産原材料のコストは、海外における水産物需要の増加、資源管理強化による供給量の減少などの影響を受け上昇傾向にあり、収益を圧迫する要因となりつつあります。一方で水産物をおいしく手軽に食べたいというニーズは年々増加しており、多少値段が高くとも高品質な商品を求めるといった、従来とは異なる消費動向も現れております。

このような経営環境のもとで、「キョクヨーグループの優位性を強化、拡充し、安心・安全で競争力のある商品の提供により、グループ企業価値の最大化を実現する」という基本目標のもと、『加工戦略』、『グローバル戦略』、『シナジー戦略』という3つの戦略を中心とする中期経営計画『パワーアップキョクヨー2015』(平成24年度~平成26年度)の最終年度を迎え、目標達成に向けて取り組んでおります。

各部門の課題と施策は次の通りであります。

水産商事セグメントでは、これまで培ってきた水産物についての豊富な経験と国内外サプライヤーとの持続的な関係強化により、質の高い水産物の安定的な供給を維持してまいります。また高付加価値商品の取り扱いを高め、安心・安全な商品の開発を徹底して推し進めるとともに、より消費者に近い販売ルートの構築を進めてまいります。更に欧米・東南アジアの海外現地法人のネットワーク化により三国間貿易の取り組みを強化し、海外マーケットの深耕を図るなどして、資源調達力及びグループ内の協業体制強化に努めてまいります。

冷凍食品セグメントでは、寿司・生食用商品の生産拠点の分散化を進めるとともに、調理品については既存品のリニューアルや新規商品の早期導入を図ることにより、事業基盤の強化を進めてまいります。また市販用ブランド『シーマルシェ』の発表とともに、新たに取り組みを開始した家庭用冷凍食品事業については、その規模拡大に向けて商品開発、末端ニーズの情報収集等の取り組みを強化してまいります。

常温食品セグメントでは、円安や原材料価格上昇による製品コストアップに対し、販売価格の転嫁や規格の変更が遅れており、立て直しを早急に進めてまいります。また当社のわかば丸漁獲原料を使用した鰹缶詰は原料から製品まで一貫生産しており、このような原料・製法にこだわった特徴のある製品の開発を今後も進めてまいります。

物流サービスセグメントでは、冷蔵運搬船事業は引き続き長期傭船契約の獲得による収益の安定化と改善を図ってまいります。冷蔵倉庫事業は新規の事業所開設による規模拡大と営業力強化、事業の効率化に努めてまいります。

鰹・鮪セグメントにおいては、漁獲、養殖、国内外における買付から加工、販売まで一貫した体制のもと収益安定化を図ってまいります。海外まき網事業では、漁場の確保と操業効率の向上、良質な製品の生産に努めてまいります。本鮪の養殖事業は順調に推移しているものの、安定的な天然種苗確保に向け、集魚エリアの拡充を図るとともに、完全養殖のノウハウの蓄積、歩留まりの向上に努めてまいります。加工及び販売面では高付加価値製品の開発と価格競争力のある商品の買付に努め、収益の安定化を図ってまいります。

 

管理面につきましては、当社の企業理念、行動指針に基づき、企業倫理、法令遵守、フードディフェンスの観点に基づいた工場管理体制の見直しなど、コンプライアンス体制の強化を推進してまいります。また、自己資本比率の向上、キャッシュ・フローの改善、有利子負債やリスク資産の削減、在庫管理の徹底などによって財務体質の強化に取り組むとともに、環境に配慮した経営、災害時に事業を早期復旧し継続できる体制の整備を進めてまいります。

以上により、消費者に安心・安全な食品を提供し続けることを責務とし、安定的な収益の確保及び財務体質の改善を推進することによって、企業価値の向上と社会貢献を図ってまいりますので、なお一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

(2) 当社株式の大量買付行為への対応方針

当社は、平成23年6月24日開催の第88回定時株主総会において、『当社株式の大規模買付行為への対応方針(買収防衛策)』(以下「旧プラン」といいます。)の継続について株主の皆様にご承認いただき、その有効期限は平成26年6月24日開催の第91回定時株主総会終結の時までとなっていました。

そこで、当社は平成26年5月9日開催の当社取締役会において、旧プランの内容を継続(以下、変更後の対応方針を「本プラン」といいます。)することを決定いたしました。本プランの継続については、平成26年6月24日開催の第91回定時株主総会における株主の皆様によるご承認を条件としていましたが、当該定時株主総会において、株主の皆様によるご承認をいただけましたことから、本プランの継続が決定いたしました。

当該方針の概要は下記のとおりです。なお詳細につきましては当社ホームページ掲載の「当社株式の大規模買付行為への対応方針(買収防衛策)の継続に関するお知らせ」本文をご参照ください。 

(参考URL http://www.kyokuyo.co.jp/ir/pdf/bouei140509.pdf)

① 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針

上場会社である当社の株式は、株主、投資家の皆様による自由な取引が認められており、当社の株式に対する大規模買付提案又はこれに類似する行為があった場合においても、一概に否定するものではなく、最終的には株主の皆様の意思により判断されるべきであると考えております。

当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方としては、経営の基本理念、企業価値のさまざまな源泉、ならびに当社を支えるステークホルダーとの信頼関係を十分に理解し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を中長期的に確保、向上させる者でなければならないと考えております。

従いまして、企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれのある不適切な大規模買付提案またはこれに類似する行為を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であると考えます。

そのため、当社取締役会は、万一、当社の支配権の移転を伴う大量買付を意図する者が現れた場合は、買付者に買付の条件ならびに買収した場合の経営方針、事業計画等に関する十分な情報を提供させ、当社取締役会や、必要な場合には株主がその内容を検討し、あるいは当社取締役会が代替案を提案するための十分な時間を確保することが、最終判断者である株主の皆様に対する当社取締役会の責務であると考えております。

② 基本方針の実現に資する取組み

当社は、上記基本方針に照らし、企業価値ひいては株主共同の利益を向上させるための取組みとして、次の施策を実施しております。

ア.中期経営計画の策定

当社は、当社の企業価値、株主共同の利益を向上させるため、平成24年度から平成26年度までの3ヵ年中期経営計画『パワーアップキョクヨー2015』を策定し、『加工戦略』と『グローバル戦略』に新たに『シナジー戦略』を加えた3つを基本方針として事業展開をしております。

イ.コーポレート・ガバナンスの強化

当社は企業統治(コーポレート・ガバナンス)に関しては、公正な経営を維持することが基本であると考えております。取締役会・監査役会・会計監査人による監査など法律上の機能に加え、内部統制機能の強化により経営の透明性向上とコンプライアンスを徹底し、経営環境の変化に迅速に対応できる組織体制を構築することで、コーポレート・ガバナンスの強化に努めております。

③ 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止する取組み

当社取締役会は、上記の基本的な考え方に立ち、大規模買付者が取締役会に対して事前に必要かつ十分な情報提供をし、取締役会による一定の検討時間が経過した後に大規模買付行為を開始するといった一定のルール(以下「大規模買付ルール」といいます。)を設定し、大規模買付者に対して大規模買付ルールの遵守を求めます。

大規模買付者が大規模買付ルールを遵守した場合は原則として対抗措置はとりません。当該買付提案に応じるか否かは、株主の皆様において、ご判断いただくことになります。但し、買収行為が結果として会社に回復し難い損害をもたらすなど、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損なうと当社取締役会が判断する場合には、取締役の善管注意義務に基づき、例外的に対抗措置を取ることがあります。大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかった場合には、具体的な買付方法の如何にかかわらず、対抗措置をとり買収行為に対抗する場合があります。具体的な対抗措置をとることを決定した場合には、その内容につきまして速やかに開示いたします。

本プランの有効期限は平成29年6月に開催される定時株主総会となっておりますが、有効期限の満了前であっても、株主総会あるいは取締役会において本プランを変更、廃止する旨の決議が行われた場合は、その時点で変更、廃止されるものとします。本プランについて変更、廃止等の決定を行った場合には、その内容につきまして速やかに開示いたします。

本プランにおける対抗措置の発動等の判断に際しては、当社の業務執行から独立している委員で構成される独立委員会へ諮問し、同委員会の勧告を最大限尊重するものとされています。

 

なお、取締役会は、以下の理由から、本プランが基本方針に沿い、当社の企業価値・株主共同の利益を損なうものではなく、かつ当社経営陣の地位の維持を目的とするものではないと判断しております。

ア.買収防衛策に関する指針の要件を完全に充足していること

イ.株主意思を重視するものであること

ウ.独立性の高い社外者の判断を重視していること

エ.合理的な客観的要件を設定していること

オ.独立した外部専門家の意見を取得していること

カ.デッドハンド型・スローハンド型の買収防衛策ではないこと

 

 

4 【事業等のリスク】

当社グループの経営成績、財政状況などに影響を及ぼす可能性のあるリスクは以下のとおり想定されます。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成26年3月31日)現在において当社グループが判断したものです。

(1) 食品の安全性の問題

当社グループは、総合食品グループとして安心・安全な商品およびサービスを提供し、消費者・ユーザーの信頼を獲得することを最重要課題としております。当社では品質保証部を設置し、当社及び当社グループ全体を対象として品質保証体制の構築と維持管理を行い、継続的に見直しを図っております。また社内規則を整備するなどして食品事故を未然に防ぐとともに、問題が発生した場合でも速やかに対応できる体制を構築しております。しかしながら、当社の管理体制でカバーしきれない不測の製品クレームなどが発生した場合、製品の回収など想定外の費用の発生やグループ信用力の低下により、当社グループの業績と財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

また原材料の調達や当社製品の加工・製造を行っている国や地域における食品の安全性に係わる問題の発生により、出荷制限や輸入禁止措置が発令された場合に原材料の調達及び製品の供給に支障をきたし、当社グループの業績と財政状況に影響を及ぼす可能性があります。   

(2) 海外事業に関するリスク

当社グループは、中国・東南アジアでの海外加工をはじめとして、欧州、北米などで海外事業を営んでおりますが、海外における物流システムの不備、予期しない法律または規制の変更、テロ、暴動などの要因による社会的混乱が、当社グループの業績とそれらの国々における在庫資産に影響を及ぼす可能性があります。

(3) 原材料価格の変動

当社グループは国内外から水産物をはじめとする原材料を買付しております。しかしながら漁獲規制の強化や水揚げ数量の変動など予想以上に原材料市況に影響を与える事象が生じた場合、当社グループの業績と財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

(4) 為替レートの変動

当社グループは、水産物を中心に原材料・製品の輸出入など為替変動の影響を受ける事業を行っております。円建て決済、為替予約などによるリスクヘッジで、為替レートの急激な変動による影響を最小限にとどめる対応を行っておりますが、当該リスクを完全に回避する方策はなく、当社グループの業績と財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

一般的には、水産物の外貨建て輸入代金決済において円安はコスト高に、外貨建て輸出代金決済において円高は売上収入の減少になります。

(5) 自然災害への対応

当社グループは、大規模な地震をはじめとする自然災害が発生した場合に備え、事業継続計画(BCP)の策定、社員安否確認システムの整備などの対策を講じておりますが、被害が発生した場合には、当社グループの業績と財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6) 情報システムに関するリスク

当社グループは、コンピューターウィルス感染などによるシステム障害や情報漏洩に対し、適切な対策を講じておりますが、予測不能のウィルスの進入や情報への不正アクセスなどにより、事業運営に支障をきたす場合や内部情報が漏洩するおそれがあり、その結果、当社グループの業績と財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

(7) 原油価格の変動

当社グループは、海外まき網船の操業、冷蔵運搬船の運航など重油を燃料とした事業を行っております。両事業とも効率的な事業運営を図っておりますが、原油価格の高騰はコストの上昇につながり、当社グループの業績と財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

(8) 養殖事業におけるリスク

当社グループは、まぐろ類資源に対する漁獲規制などが年々厳しくなる中、原料の確保を目的に本まぐろの養殖事業を行っております。施設管理に細心の注意を払い、歩留まりの向上に努めておりますが、予防困難な魚病、台風や津波など自然災害によって魚の大量斃死や養殖設備が破損する場合があります。また、ヨコワの漁獲規制により、今後天然種苗を利用した規模拡大は難しくなってきており、このため完全養殖への取り組みを早急に進めておりますが、予定の漁獲量に達しない場合には、当社グループの業績と財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

5 【経営上の重要な契約等】

当社は、平成25年10月21日開催の取締役会の決議に基づき、平成26年3月1日付で連結子会社である極洋海運株式会社を吸収合併いたしました。詳細につきましては「第5 経理の状況」の「1(1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載しております。

 

6 【研究開発活動】

当社グループは、食生活にとって大切な動物性蛋白質資源及びその他の食料資源をより有効に活用すること、また、安心・安全で豊かな食生活を実現することを使命とし、以下の取り組みを行っております。

(1) 魚肉蛋白質や脂質などの水産科学分野の研究及び食品の衛生や安全性についての基礎的研究。

(2) 研究所及び併設する製品開発工場における調理・水産冷凍食品、常温食品等の新製品の試作開発。

(3) 海外協力工場における独自技術の開発及び生産技術指導を通じた新製品開発や品質の安定化。

(4) 国内協力工場における筋子、助子等の魚卵製品を始めとする水産加工品の製造技術の開発・改良。

(5) 養殖事業における養殖本鮪の鮮度維持向上の研究の継続。

 

当連結会計年度の研究開発活動はそのほとんどが冷凍食品事業に関するものであり、研究開発費の総額は2億7千3百万円となりました。

 

 

7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当連結会計年度の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析は以下のとおりです。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成26年3月31日)現在において当社グループが判断したものであり、実際の業績は様々な要因により、これらの予想と異なる場合があります。

(1) 重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。連結財務諸表の作成に際し、決算日における資産・負債の報告数値、報告期間における収益・費用の報告数値に影響を与える見積りは、主に投資有価証券、貸倒引当金、賞与引当金、退職給付に係る負債、繰延税金資産及び繰延税金負債等であり、継続して合理的に評価しております。

なお、見積りおよび判断・評価については、過去実績や状況に応じて合理的と考えられる要因などに基づき行っていますが、見積り特有の不確実性があるために実際の結果は異なることがあります。

 

(2) 財政状態の分析

[資産の部]

総資産は、前連結会計年度末に比べ10億73百万円増加し、843億19百万円となりました。

流動資産は、たな卸資産が減少したものの、受取手形及び売掛金などが増加したことなどにより、前連結会計年度末に比べ5億65百万円増加し、630億33百万円となりました。固定資産は、有形固定資産、無形固定資産ともに減価償却により減少したものの、投資有価証券の評価差額が増加したことにより、前連結会計年度末に比べ5億8百万円増加し、212億86百万円となりました。

[負債の部]

負債合計は、「退職給付に関する会計基準の変更」に伴い、退職給付に係る負債が増加したものの、支払手形及び買掛金などの減少により、前連結会計年度末に比べ1億74百万円減少し、643億88百万円となりました。

[純資産の部]

純資産は、退職給付に係る調整累計額を計上したものの、利益剰余金の増加により、前連結会計年度末に比べ12億47百万円増加し、199億30百万円となりました。

この結果、自己資本比率は23.4%(前期比1.3ポイント増加)、1株当たり純資産は187円57銭(前期比12円03銭増加)となりました。

 

 

(3) 経営成績の分析

当連結会計年度の売上高は2,023億87百万円と前期比243億41百万円増加しました。水産商事、冷凍食品、常温食品の各セグメントは前年実績を上回りましたが、物流サービス、鰹・鮪セグメントは前年実績を下回りました。
 営業利益は29億15百万円と前期比5億91百万円増加しました。水産商事、物流サービスセグメントは前年実績を上回りましたが、冷凍食品、常温食品、鰹・鮪の各セグメントは前年実績を下回りました。

営業利益増に、受取配当金など営業外収益の減少、為替差損など営業外費用の減少を加減した結果、経常利益は29億85百万円と前期比7億23百万円増加しました。

当連結会計年度の特別利益は14億85百万円、特別損失は3億85百万円となり、当期純利益は29億68百万円と前期比16億98百万円増加しました。

なお、当社グループが重視しています経営指標の当期実績は自己資本当期純利益率が15.6%(前期比8.4ポイント上昇)、自己資本比率が23.4%(前期比1.3ポイント上昇)、有利子負債資本倍率が2.0倍(前期比0.3ポイント下降)となりました。

 

(4) キャッシュ・フローの状況の分析   

当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益の増加などにより、19億10百万円の収入となりました。

投資活動によるキャッシュ・フローは、固定資産及び投資有価証券の取得などにより、19億円の支出となりました。

財務活動によるキャッシュ・フローは、新株予約権付社債の発行などによる収入に対し、有利子負債の削減に努めたことで、5億12百万円の支出となりました。

この結果、現金及び現金同等物の期末残高は期首残高より4億22百万円減少し、33億87百万円となりました。

 

(5) 今後の方針

当社グループは企業理念として、人間尊重を経営の基本に、健康で心豊かな生活と食文化に貢献し、社会とともに成長することを目指しております。その実現のため、水産物を中心とした総合食品会社として成長するとともに、安心・安全な食品の供給と環境保全を経営の重点課題に掲げております。また、内部統制システムを整備し企業倫理の徹底、法令の遵守、情報の共有化を進めるとともに、的確な情報開示による透明度の高い事業運営を行うことにより企業価値を高め、社会に貢献してまいります。

このような状況のもとで、「キョクヨーグループの優位性を強化、拡充し、安心・安全で競争力のある商品の提供により、グループ企業価値の最大化を実現する」という基本目標のもと、中期経営計画『パワーアップキョクヨー2015』(平成24年度~平成26年度)の最終年度を迎え、目標達成に向けて取り組んでおります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度は、当社グループ全体で1,249百万円の設備投資を実施しました。

セグメント別の設備投資は、次のとおりであります。

水産商事    設備投資金額は    151百万円であります。

冷凍食品     設備投資金額は    354百万円であります。

常温食品     設備投資金額は     60百万円であります。

物流サービス  設備投資金額は    100百万円であります。

鰹・鮪     設備投資金額は     400百万円であります。

その他及び全社 設備投資金額は    182百万円であります。

 

(注) 数値は、有形固定資産及び無形固定資産への投資額であります。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

  (平成26年3月31日現在)

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

船舶

土地
(面積千㎡)

リース
資産

その他

合計

(人)

本社
及び支社

(東京都港区ほか)

水産商事

加工・販売
設備

7

7

259

(18)

20

4

299

190

 

冷凍食品

加工・販売
設備

403

216

380

(9)

38

12

1,051

227

 

常温食品

販売設備

3

0

3

24

 

物流
サービス

物流設備

10

70

0

81

9

 

鰹・鮪

養殖・加工
・販売設備

821

151

116

1,159

(18)

4

58

2,310

43

 

その他

・全社

本社建物他

200

124

(2,577)

11

113

449

58

塩釜研究所
(宮城県塩釜市)

冷凍食品

建物他

68

25

1

31

126

13

 

(注)帳簿価額のうち「その他」は、工具器具及び備品、建設仮勘定の合計であります。

 

 

(2) 国内子会社

  (平成26年3月31日現在)

会社名
事業所名
(主な所在地)

 

セグメントの名称

 

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員

(人)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

船舶

土地
(面積
千㎡)

リース
資産

その他

合計

キョクヨー秋津冷蔵㈱
本社及び事業所
(大阪府大阪市)

物流
サービス

物流設備

359

51

314

(10)

4

19

750

55

極洋食品㈱
八戸工場
(青森県八戸市)

水産商事

加工設備

88

141

1

0

232

18

極洋食品㈱
本社工場及び
ひたちなか工場
(宮城県塩釜市)

冷凍食品

加工設備

7

13

371

(17)

2

3

398

28

極洋水産㈱
本社及び工場
(静岡県焼津市)

鰹・鮪

漁撈・加工設備

11

77

995

0

(4)

51

1,136

189

キョクヨーフーズ㈱
本社
(愛媛県北宇和郡松野町)

冷凍食品

加工設備

215

277

66

(8)

116

1

677

91

サポートフーズ㈱
本社
(北海道小樽市)

冷凍食品

加工設備

96

23

169

(9)

10

0

298

45

㈱ジョッキ
本社及び工場
(東京都練馬区)

常温食品

加工設備

434

29

660

(16)

41

7

1,173

276

 

(注)帳簿価額のうち「その他」は工具器具及び備品、建設仮勘定の合計であります。

 

(3) 在外子会社

  (平成25年12月31日現在)

会社名
(所在地)

セグメントの
名称

 設備
  の
 内容

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物
及び構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積
千㎡)

リース
資産

その他

合計

K&U Enterprise Co.,Ltd.
(Ampur Muang,Samutsakorn, Thailand)

冷凍食品

加工
設備

435

92

203

(8)

3

3

739

645

 

(注)帳簿価額のうち「その他」は工具器具及び備品、建設仮勘定の合計であります。

 

 

上記の他、連結会社以外から賃借している主要設備としては、以下のものがあります。

 

(1) 提出会社

                                        (平成26年3月31日現在)

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

年間賃借料(百万円)

本社(東京都港区)

全社

事務所・社宅他

338

本社(  〃  )

物流サービス

冷蔵倉庫他

250

支社(東京都港区ほか)

水産商事

事務所・社宅他

112

支社(   〃   )

冷凍食品

事務所・社宅他

143

 

 

(2) 国内子会社

                                        (平成26年3月31日現在)

会社名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

 年間賃借料(百万円)

キョクヨーフーズ㈱
(愛媛県北宇和郡松野町)

冷凍食品

冷蔵倉庫他

76

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

投資予定額

資金調達方法

着手年月

完了予定
年月

完成後の
増加能力

総額
(百万円)

既支払額
(百万円)

極洋食品㈱

塩釜工場
(宮城県
塩釜市)

冷凍食品

冷凍食品の製造工場

4,500

5

転換社債型新株予約権付社債
及び借入金

平成26年
3月

平成27年
12月

平成31年度
目標生産計画
約7,000トン

 

(注) 上記の金額に消費税等は含まれておりません。

 

(2) 重要な設備の除却等

経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

437,000,000

437,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在発行数(株)
(平成26年3月31日)

提出日現在発行数(株)
(平成26年6月24日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

109,282,837

109,282,837

東京証券取引所
(市場第一部)

完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式。
単元株式数は1,000株であります。

109,282,837

109,282,837

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

会社法の規定に基づき発行した新株予約権付社債は次のとおりであります。

 

2018年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債(平成25年12月10日発行)

 

事業年度末現在
(平成26年3月31日)

提出日の前月末現在
(平成26年5月31日)

新株予約権の数(個)

600 (注)1

600 (注)1

新株予約権のうち自己新株予約権の数

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

8,902,077 (注)2

8,902,077 (注)2

新株予約権の行使時の払込金額(円)

337 (注)3

337 (注)3

新株予約権の行使期間

平成25年12月27日~
平成30年11月26日 (注)4

平成25年12月27日~
平成30年11月26日 (注)4

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
発行価格及び資本組入額(円)

発行価格    337
資本組入額  169 (注)5

発行価格    337
資本組入額  169 (注)5

新株予約権の行使の条件

各本新株予約権の一部行使はできないものとする。

各本新株予約権の一部行使はできないものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項

代用払込みに関する事項

本新株予約権の行使に際しては、各本社債を出資するものとし、当該本社債の価額は、当該本社債の額面金額と同額とする。

本新株予約権の行使に際しては、各本社債を出資するものとし、当該本社債の価額は、当該本社債の額面金額と同額とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

(注)6

(注)6

新株予約権付社債の残高(百万円)

3,000(注)1

3,000(注)1

 

 

 

(注)1.本新株予約権付社債の額面5百万円につき本新株予約権1個が割り当てられている。

 

  2.本新株予約権の行使により当社が当社普通株式を新たに発行又はこれに代えて当社の保有する当社普通株式を移転する数は、行使請求に係る本社債の元本金額の総額を(注)3記載の転換価額で除した数とする。但し、本新株予約権の行使により生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による精算は行わない。

 

3.(イ)本新株予約権の行使に際しては、各本社債を出資するものとし、当該本社債の価額は、当該本社債の額面金額と同額とする。

(ロ)当初転換価額は、337円とする。

(ハ)転換価額は、本新株予約権付社債の発行後、当社が当社普通株式の時価を下回る払込金額で新たに当社普通株式を発行し又は当社の保有する当社普通株式を処分する場合には、次の算式により調整される。なお、次の算式において、「既発行株式数」は当社の発行済普通株式総数(但し、当社の保有する自己株式数を除く。)をいう。

 

 

調整後

転換価額

 

 

調整前

転換価額

 

×

既発行

株式数

発行又は

処分株式数

×

1株当たりの

払込金額

 

時価

 

  既発行株式数 + 発行又は処分株式数

 

 

 

 

 

 

 また、転換価額は、当社普通株式の分割(無償割当を含む。)又は併合、当社普通株式の時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の発行その他本新株予約権付社債の要項に定める一定の場合にも適宜調整される。但し、当社のストックオプションプランその他本新株予約権付社債の要項に定める一定の場合には調整は行われない。

 

4.平成25年12月27日から平成30年11月26日の銀行営業終了時(いずれもルクセンブルグ時間)までとする。但し、(ⅰ)本社債が税制変更による繰上償還、組織再編等による繰上償還、上場廃止による繰上償還、クリーンアップコール条項による繰上償還及びスクイーズアウトによる繰上償還の場合は、当該償還日の5営業日前の日における銀行営業終了時(ルクセンブルク時間)まで、(ⅱ)本新株予約権付社債の所持人の選択による繰上償還の場合は、平成28年12月9日の5営業日前の日における銀行営業終了時(ルクセンブルグ時間)まで、また(ⅲ)本社債の債務不履行等により期限の利益を喪失した場合は、期限の利益喪失時点までとする。上記のいずれの場合も、平成30年11月26日の銀行営業時間終了時(ルクセンブルク時間)より後に本新株予約権を行使することはできない。また、当社の組織再編等を行うために必要であると当社が合理的に判断した場合には、当該組織再編等の効力発生日から14日以内のいずれかの日に先立つ30日以内の当社が指定する期間中は本新株予約権を行使することができないものとする。 

 上記にかかわらず、本新株予約権は、本新株予約権の行使の効力が発生する東京における日(又は当該行使日が東京における営業日でない場合は東京における翌営業日)が、株主確定日(以下に定義する。)の東京における2営業日前の日(当該株主確定日が東京における営業日でない場合には、当該株主確定日の東京における3営業日前の日)(その日を含む。)から当該株主確定日(又は当該株主確定日が東京における営業日でない場合には、当該株主確定日の東京における翌営業日)(その日を含む。)までの期間に該当する場合には、行使することができない。

 

 「株主確定日」とは、社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号。その後の改正を含む。)第151条第1項に関連して株主を確定するために定められた日をいう。

 

5.本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じた額とする。

 

6.当社が組織再編等を行う場合の承継会社等による新株予約権の交付
本社債に基づく当社の義務が、組織再編等に基づき承継会社等に移転する場合、以下の条件に従って、承継会社等から本社債権者に対し、本新株予約権に代えて新たな新株予約権を付与することができる。かかる場合、当社は承継会社等が当該組織再編等の効力発生日において日本の上場会社であるよう最善の努力をするものとする。

①新株予約権の数
当該組織再編等の効力発生日直前において残存する本社債権の保有者が保有する本新株予約権の数と同一の数とする。

②新株予約権行使の目的である株式の種類
承継会社等の普通株式とする。

③新株予約権行使の目的である株式の数
承継会社等の新株予約権の行使により発行又は交付される承継会社等の普通株式の数は、当該組織再編等の条件及び下記を勘案の上、本新株予約権付社債の要項を参照して決定する。

(ⅰ)合併行為又は持株会社化行為の場合、承継会社等の新株予約権の転換価額は、当該組織再編等の効力発生日の直前に本新株予約権を行使したとすれば取得されたであろう当社普通株式の数(当該株式数を以下「潜在的取得株式数」という。)に相当する数の本株式の保有者が当該組織再編等により受領する承継会社等の普通株式数(以下「交付可能株式数」という。)を、当該組織再編等の効力発生日の直後に承継会社等の新株予約権を行使した承継会社等の新株予約権の保有者が取得できるよう決定する。合併行為の効力発生に際し、承継会社等の普通株式以外の有価証券又はその他資産が、潜在的取得株式数の保有者に交付される場合には、当該潜在的取得株式数の保有者に交付される有価証券又は資産の公正市場価格を承継会社等の普通株式1株当たりの時価で除して算出される株式数も交付可能株式数に含まれるものとする。

(ⅱ)いずれの組織再編等の場合においても、承継会社等の新株予約権の転換価額は、本新株予約権付社債の所持人が当該組織再編等の効力発生日の直前に本新株予約権を行使したとすれば取得したであろう当社の決定する同等の経済的利益を、当該組織再編等の効力発生日の直後に承継会社等の新株予約権を行使した承継会社等の本新株予約権の保有者が取得できるように決定する。承継会社等の新株予約権の転換価額は上記3(ハ)と同様の調整に服する。

 

④新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額
承継会社等の新株予約権の行使に際し、本新株予約権付社債の所持人は、承継会社等に引き受けられた当該社債の元本金額相当額で本社債を現物出資し、当該本社債は承継会社等に取得されたものとみなされる。

⑤新株予約権を行使することができる期間
承継会社等の新株予約権は、組織再編等の効力発生日又は承継会社等の新株予約権が交付された日のいずれか遅い方の日(当日を含む。)から本新株予約権の行使期間の最終日まで(当日を含む。)の期間いつでも行使することができる。

⑥新株予約権の行使のその他の条件
各新株予約権の一部行使はできないものとする。

⑦新株予約権の行使により株式を発行した場合に増加する資本金及び資本準備金
承継会社等の新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の額を減じた額とする。

⑧組織再編等が生じた場合
承継会社等に組織再編等が生じた場合にも、本新株予約権付社債と同様の取扱いを行う。

⑨その他
承継会社等の新株予約権の行使により承継会社等の普通株式につき生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による精算は行わないものとする。承継会社等の新株予約権は承継された本社債と分離して譲渡できない。
「承継会社等」とは、組織再編等における相手方であって、本新株予約権付社債及び/又は本新株予約権に係る当社の義務を引き受ける会社をいう。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

(5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(千株)

発行済株式
総数残高
(千株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

平成16年2月24日
(注)

△4,000

109,282

5,664

742

 

(注) 自己株式の消却による減少であります。

 

 

(6) 【所有者別状況】

                                             (平成26年3月31日現在)

区分

株式の状況(1単元の株式数1,000株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数(人)

41

38

230

66

4

27,171

27,550

所有株式数
 (単元)

29,556

1,029

13,749

5,784

8

58,963

109,089

193,837

所有株式数
の割合(%)

27.09

0.94

12.60

5.30

0.01

54.06

100.00

 

(注)1.自己株式4,251,139株は、「個人その他」に4,251単元、「単元未満株式の状況」に139株を含めて記載しております。

  2.上記「その他の法人」の中には、証券保管振替機構名義の株式が11単元含まれております。

 

(7) 【大株主の状況】

  (平成26年3月31日現在)

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式総数に対する
所有株式数の割合(%)

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社

東京都中央区晴海一丁目8番11号

6,479

5.92

株式会社りそな銀行

大阪府大阪市中央区備後町二丁目2番1号

5,234

4.78

三井住友海上火災保険株式会社

東京都千代田区神田駿河台三丁目9番地

4,501

4.11

農林中央金庫

東京都千代田区有楽町一丁目13番2号

4,450

4.07

東洋製罐グループホールディングス株式会社

東京都品川区東五反田二丁目18番1号

3,150

2.88

東京海上日動火災保険株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目2番1号

2,245

2.05

カッパ・クリエイトホールディングス株式会社

埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目10番16号

2,100

1.92

極洋秋津会

東京都港区赤坂三丁目3番5号

1,672

1.53

ザ チェース マンハッタン バンク エヌエイ ロンドン エス エル オムニバス アカウント
(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

WOOLGATE HOUSE, COLEMAN STREET LONDON EC2P 2HD, ENGLAND
(東京都中央区月島四丁目16番13号)

1,518

1.38

中央魚類株式会社

東京都中央区築地五丁目2番1号

1,399

1.28

32,749

29.96

 

(注) 1.所有株式数は千株未満を、所有株式数の割合は小数点第3位をそれぞれ切り捨てて表示しております。

2.上記株式のうち日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社の全株は信託業務に係る株式であります。

3.上記のほか、当社の所有株式は4,251,139株(発行済株式総数に対する所有株式数の割合は3.89%)があります。

4.極洋秋津会は当社の取引先持株会であります。

 

 

(8) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

   (平成26年3月31日現在)

区分

株式数 (株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

  普通株式  4,251,000

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式

完全議決権株式(その他)

   普通株式 104,838,000

104,838

同上

単元未満株式

   普通株式   193,837

同上

発行済株式総数

        109,282,837

総株主の議決権

104,838

 

(注)1.上記「完全議決権株式(その他)」中には、証券保管振替機構名義の株式が11,000株(議決権11個)含まれております。

  2.「単元未満株式」中には、当社所有の自己株式139株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

   (平成26年3月31日現在)

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義所有
株式数(株)

他人名義
所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数
に対する所有株
式数の割合(%)

(自己保有株式)
 株式会社 極洋

東京都港区赤坂
三丁目3番5号

4,251,000

4,251,000

3.88

4,251,000

4,251,000

3.88

 

 

(9) 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】  

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

会社法第155条第7号による取得

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

2,780

741

当期間における取得自己株式

310

82

 

(注)当期間における取得自己株式数には、平成26年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る
移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

4,251,139

4,251,449

 

(注)当期間における保有自己株式数には、平成26年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買増請求による売渡による株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主に対する適切な利益還元を経営の重要な課題のひとつと位置づけており、企業体質の強化及び将来の事業展開に備えるための内部留保の充実と、利益還元のための安定配当の継続を基本方針としております。

内部留保資金につきましては、有利子負債の削減に充当する一方、国内外の生産及び販売拠点の強化、市場ニーズに応える商品開発、人材育成のための教育投資、情報システムの強化、物流の合理化などに有効に活用する方針です。

当社の剰余金の配当は期末配当の年1回を基本的な方針としています。当社は会社法第459条の規定に基づき、取締役会の決議によって剰余金の配当を行うことができる旨を定款で定めておりますが、当期の期末配当につきましては、平成26年6月24日開催の定時株主総会において下記のとおり決議されました。

 

   (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

平成26年6月24日
定時株主総会決議

525

 

 

4 【株価の推移】

(1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

回次

第87期

第88期

第89期

第90期

第91期

決算年月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

最高(円)

214

199

210

239

341

最低(円)

169

153

159

170

196

 

(注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

 

 

(2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

月別

平成25年
10月

11月

12月

平成26年
1月

2月

3月

最高(円)

288

276

268

275

274

273

最低(円)

256

257

258

265

252

255

 

(注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

 

 

5 【役員の状況】

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

代表取締役社長

多 田 久 樹

昭和23年 1月19日

昭和45年 4月
平成11年 6月
平成13年 6月
 
平成14年 6月
平成16年 5月
平成16年10月
平成19年 6月
平成23年 4月

当社入社
当社企画部長
当社総務部長 キョクヨー総合サービス㈱代表取締役社長
当社取締役総務部長
当社常務取締役総務部長
当社常務取締役
当社専務取締役
当社代表取締役社長(現)

(注)2

65

代表取締役専務

 

今 井 賢 司

昭和25年 2月13日

昭和47年 4月
平成12年 4月
平成16年 6月
平成18年 6月
平成20年 6月
平成21年 6月
平成22年 6月
平成26年 4月 

当社入社
当社仙台支社長
当社大阪支社長
当社取締役大阪支社長
当社常務取締役水産加工第1部長
当社常務取締役
当社専務取締役
当社代表取締役専務(現)

(注)2

77

専務取締役

村 上 吉 男

昭和26年 5月29日

昭和49年 4月
平成12年 7月
平成15年 6月
平成16年 6月
平成16年10月
平成22年 6月
平成23年 4月
平成26年 6月

㈱大和銀行(現㈱りそな銀行)入行
同行執行役員東京公務部長
同行執行役営業推進本部長
当社取締役
当社取締役経理部長
当社常務取締役経理部長
当社常務取締役
当社専務取締役(現)

(注)2

39

常務取締役

上 居   隆

昭和25年10月 7日

昭和49年 4月
平成15年 4月
平成17年 4月
平成18年 4月
平成20年 6月
平成21年 6月
平成22年 6月
平成23年 4月

当社入社
当社水産部水産第1部長
当社水産加工部水産加工第1部長
当社水産加工第1部長
当社大阪支社長
当社取締役大阪支社長
当社常務取締役水産冷凍食品部長
当社常務取締役(現)

(注)2

42

常務取締役

鰹鮪事業部長

雲 津 雅 行

昭和25年12月19日

昭和50年 4月
平成13年 8月
平成15年 4月
平成17年 4月
平成18年 4月
平成22年 6月
平成23年 6月
平成26年 4月
平成26年 6月

当社入社
当社大阪支社水産部長
当社水産部水産第2部長
当社水産部水産第1部長
当社札幌支社長
当社東京支社長
当社取締役東京支社長
当社取締役鰹鮪事業部長
当社常務取締役鰹鮪事業部長(現)

(注)2

38

取締役

総務部長

保 坂 正 美

昭和24年 5月 8日

昭和47年 4月
平成15年 4月
平成16年 6月
平成20年 6月
平成22年 6月

当社入社
当社水産部水産第3部長
当社仙台支社長
当社総務部長
当社取締役総務部長(現)

(注)2

42

取締役

調理冷凍
食品部長

松 行 健 一

昭和28年 2月20日

昭和50年 4月
平成12年 8月
平成14年 4月
平成17年 4月
平成18年 4月
平成22年 6月
平成25年 4月

当社入社
当社大阪支社食品部長
当社東京支社食品部長
当社水産加工部水産加工第2部長
当社常温食品部長
当社取締役常温食品部長
当社取締役調理冷凍食品部長(現)

(注)2

45

 

 

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

取締役

東京支社長

井 上   誠

昭和32年12月 5日

昭和55年 4月
平成16年 6月
平成17年 4月
平成18年 4月
平成22年 6月
平成24年 6月
平成26年 4月

当社入社
当社水産部水産第3部長
当社水産部水産第2部長
当社水産冷凍食品部長
当社大阪支社長
当社取締役大阪支社長
当社取締役東京支社長(現)

(注)2

13

取締役

経理部長

矢 澤 久 和

昭和27年 2月28日

昭和50年 4月
平成18年 6月
平成23年 4月
平成25年 6月

当社入社
当社業務部長
当社経理部長
当社取締役経理部長(現)

(注)2

12

取締役

大阪支社長

天 利   均

昭和26年 7月 3日

昭和50年 4月
平成18年 6月
平成20年 6月
平成23年 4月
平成26年 4月
平成26年 6月

当社入社
極洋商事㈱常務取締役
当社仙台支社長
当社水産冷凍食品部長
当社大阪支社長
当社取締役大阪支社長(現)

(注)2

取締役

水産加工
第2部長

酒 井   健

昭和29年10月21日

昭和53年 4月
平成18年 4月
平成21年 6月
平成26年 6月

当社入社
当社大阪支社水産加工部長
当社水産加工第2部長
当社取締役水産加工第2部長(現)

(注)2

8

監査役
(常勤)

中 山 昌 生

昭和32年12月10日

昭和55年 4月
平成17年 7月
平成20年 7月
平成22年 6月
平成22年 6月

農林中央金庫入庫
同金庫ロンドン支店長
同金庫資金為替部長
同金庫人事部参事役
当社常勤監査役(現)

(注)3

10

監査役
(常勤)

芥 川   淳

昭和29年 3月20日

昭和51年 4月
平成 5年 3月
平成21年 4月
 
平成22年 6月
 
平成26年 6月

㈱大和銀行(現㈱りそな銀行)入行
同行深井支店長
㈱りそな銀行取締役兼専務執行役員 信託業務管理部担当
日本トラスティ・サービス信託銀行㈱代表取締役副社長
当社常勤監査役(現)

(注)3

監査役

上 島 幹 雄

昭和23年 6月 3日

昭和46年 4月
平成13年 6月
平成18年 6月
平成25年 4月
平成25年 6月

当社入社
当社業務部長
当社企画部長
当社企画部付
当社監査役(現)

(注)3

21

監査役

村 谷 育 雄

昭和23年 7月 2日

昭和46年 4月
平成15年 6月
平成18年 6月
平成26年 6月

当社入社
当社広島支社長
極洋水産㈱代表取締役社長
当社監査役(現)

(注)3

25

437

 

(注)1 監査役 中山昌生、芥川淳の両氏は社外監査役であります。

      2 取締役の任期は選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時まで とする旨を定款で定めております。

   3 監査役の任期は選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時まで とする旨を定款で定めております。平成25年6月25日開催の第90期定時株主総会で選任された上島幹雄氏の任期は平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。平成26年6月24日開催の第91回定時株主総会で選任された中山昌生氏、芥川淳氏、村谷育雄氏の任期は平成30年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

      4 所有株式数は自己名義の株式数を表示しております。なお、極洋役員持株会の所有株式数は12,000株であります。

      5 当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第2項に定める補欠監査役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

所有株式数
(千株)

長 谷 川 俊 明

昭和23年 9月13日

昭和52年 4月

弁護士登録

昭和57年 1月

大橋・松枝・長谷川法律事務所
パートナー

平成 2年 1月

長谷川俊明法律事務所開設(現)

 

 

 

6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】

① 企業統治の体制

当社は企業統治(コーポレート・ガバナンス)に関しては、公正な経営を維持することが基本であると考えております。取締役会・監査役会・会計監査人による監査など法律上の機能に加え、内部統制機能の強化により経営の透明性向上とコンプライアンスを徹底し、経営環境の変化に迅速に対応できる組織体制を構築することで、コーポレート・ガバナンスの強化に努めております。

 

ア.取締役会

当社は取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会を月1回定期に開催するほか、必要に応じて適宜臨時に開催することとしております。当連結会計年度においては合計16回の取締役会を開催し、会社の重要事項等を決定し、法令及び定款に適合するよう審議しております。経営環境の変化に迅速に対応できる経営体制の確立と取締役の経営責任の明確化のため、平成14年6月の定時株主総会の決議により取締役の任期を1年とするとともに、平成17年6月開催の定時株主総会の決議により取締役の員数を20名以内から15名以内に改定しました。なお、取締役の選任決議は、議決権を行使できることができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また取締役の選任については累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。

 

イ.監査役会

当社は監査役制度を採用しております。4名の監査役のうち2名は社外監査役であり、経営者に対する監督機能の強化を図っております。各監査役は期初に監査役会が策定した監査方針及び監査計画などに従い、経営の執行状況及び内部牽制、コンプライアンス、内部監査など内部統制の運用状況を把握し、その効率性を確認することを重点項目として監査を行っています。

社外監査役と当社との利害関係はありません。

 

ウ.独立委員会

当社は、当社株式の大規模買付行為への対応方針(買収防衛策)を導入しております。本方針を適切に運用し、当社取締役会の恣意的判断を排除するため、対抗措置の発動等を含む本方針の運用に関する決議及び勧告を客観的に行う取締役会の諮問機関として独立委員会を設置します。独立委員会は、当社の業務執行を行う当社経営陣から独立した当社社外監査役及び有識者から選任される委員3名以上により構成されます。当社取締役会は、対抗措置を発動するか否かの判断に当たっては独立委員会の勧告を最大限尊重するものとします。また、当社は必要に応じ独立委員会の判断の概要について株主の皆様に情報開示を行うこととし、当社の企業価値・株主共同の利益に資するよう透明な運営が行われる仕組みを確保しています。

 

 

エ.現在の体制を採用している理由

上記のとおり、当社は取締役の任期を1年とし、経営環境の変化に迅速に対応できる経営体制の確立と、取締役の経営責任を明確にしております。また、独立役員に指定した社外監査役を選任しており、社外チェックという観点から社外監査役による監査を実施、経営監視が適切に機能する体制が整っております。

 

オ.内部統制システムの整備の状況

当社取締役会は、内部統制システムの基本方針について決議、開示しております(平成18年5月12日決議)。更に、平成19年4月27日の取締役会において、新たな規則の制定(キョクヨーグループのリスク管理基本規則、経営危機管理規則、緊急事態対応規則)と規則の改正(当社の企業行動憲章をキョクヨーグループ企業行動憲章とする改正)を決定、平成20年3月24日の取締役会では、金融商品取引法に基づく、財務報告の信頼性を確保するための内部統制の基本計画及び方針を決定し、組織内の全レベルにおける財務報告に係る内部統制の運用を開始しております。

平成18年5月コンプライアンス担当取締役を新設、コンプライアンス担当取締役のもと、基本方針に基づきコンプライアンス体制の構築、維持、向上を具体的に推進する組織として、専任の「内部統制チーム」を設置しました。また、当社におけるコンプライアンスの基本的な考え方を示したコンプライアンス基本規則を制定しました。

また、法令違反、その他コンプライアンスに関する事実についての社内通報体制として、コンプライアンス担当部署長を直接の情報受領者とする「内部通報制度」を制定、内部通報者保護規則に基づきその運用を行っています。

 

カ.リスク管理体制の整備の状況

「内部統制チーム」が事業に関する全てのリスクを網羅する「キョクヨーグループのリスク管理基本規則」に従い、リスクカテゴリー別の責任部署、重点項目を定め、グループ全体のリスクを網羅的、総括的に管理し、リスク管理体制を明確化しています。

「環境保全リスク」については、社長を委員長とする環境保全委員会のもと、グループ全社の環境保全体制を構築、維持、継続しています。

「品質安全リスク」については「食品事故及び苦情に関する規則」等に基づき、食品事故発生時には全社的にすみやかに対応できる体制を整備しています。また、国内、国外の協力工場に関しては品質・安全についての情報の共有化を進めています。

「自然災害リスク」については、地震等の大規模災害が発生した際に会社の被害を最小限に抑え、ステークホルダーへの社会的責任を果たすため、事業継続計画(BCP)を策定し、緊急事態に対応する体制を整えております。

「内部監査チーム」は、各部署ごとのリスク管理体制を監査し、その結果を内部監査委員会に報告しています。

 

キ.ディスクロージャーの充実

当社は経営の透明性の維持・向上を重要課題と位置づけ、ディスクロージャーの迅速性、正確性、質の向上を図ってまいります。

 

 

② 内部監査及び監査役監査

ア.内部監査

当社は内部監査組織として経営直属の内部監査委員会を設置しております。当社及び当社グループの内部監査は業務監査を重点に実施しています。当期においては7支社と関係会社2社に対し内部監査を実施し、延べ33名が内部監査担当者として監査にあたりました。監査の結果は法令遵守の徹底や業務の改善に反映され、経営上重要な機能を果たしています。また監査の結果は、適宜監査役に報告することで監査役との連携を図っております。

イ.監査役監査

当社の監査役会は、監査の方針、職務の分担等を定め、各監査役から監査の実施状況及び結果について報告を受けるほか、取締役等及び会計監査人からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求めております。各監査役は、監査役会が定めた監査の方針、職務の分担及び監査役会が参考にすると定めた日本監査役協会の「監査役監査基準」等に従い、取締役、内部監査部門その他の使用人等と意思疎通を図り、情報の収集及び監査の環境の整備に努めるとともに、取締役会その他重要な会議に出席し、取締役及び使用人などからその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲覧し、本社及び主要な事業所において業務及び財産の状況を調査しております。また、取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他業務の適正を確保するための体制についてその運用状況を監視及び検証しております。子会社については、子会社の取締役及び監査役等と意思疎通及び情報の交換を図り、必要に応じて子会社から事業の報告を受けております。

さらに、会計監査人が独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、会計監査人からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求めるとともに、意見交換を行い、会計監査人の支社・子会社監査などに立会い、相互連携を図っております。

 

③ 社外取締役及び社外監査役

当報告書提出日現在において、当社は社外取締役を選任しておりませんが、社外監査役は2名選任しております。社外監査役中山昌生氏は農林中央金庫の出身であり、社外監査役芥川淳氏は㈱りそな銀行の出身であります。当社は両金融機関と取引を行っております。両氏は金融機関における永年の業務経験から財務・会計に関する知見を有し、経営監視機能の更なる拡充を果たしております。社外取締役及び社外監査役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準または方針はないものの、選任にあたってはこれまでの業務における専門的な知識・経験を有することなど総合的に勘案しております。

なお当社は東京証券取引所に対し、社外監査役中山昌生氏を一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立役員として届け出ております。

当社が社外取締役を選任していない理由は、①企業統治の体制 エ.現在の体制を採用している理由で記載したとおりです。当社は取締役の任期を1年とし、経営環境の変化に迅速に対応できる経営体制の確立と、取締役の経営責任を明確にしております。また、独立役員に指定した社外監査役を選任しており、社外チェックという観点から社外監査役による監査を実施、経営監視が適切に機能する体制が整っております。

 

 

当社のコーポレート・ガバナンスの体制の模式図は次のとおりです。


 

 

④ 役員の報酬等

ア.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる
役員の員数
(名)

基本報酬

賞与

取締役

260

230

30

12

監査役
(社外監査役を除く。)

12

12

3

社外役員

40

40

2

 

       (注) 1 各取締役及び監査役の報酬等の額は株主総会で決議された報酬枠の範囲内であります。

    2 取締役賞与は第91回定時株主総会において決議されたものです。

    3 取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。

    4 上記には平成25年6月25日付にて退任及び辞任した取締役1名及び監査役1名の報酬を含めております。

 

イ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

ウ.役員の報酬等の額の決定に関する方針

当該方針は定めておりません。

 

⑤ 株式の保有状況
ア.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

銘柄数                 48銘柄

貸借対照表計上額の合計額       4,809百万円

イ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

 

 

(前事業年度)

特定投資株式

銘柄

株式数
(株)

貸借対照表計上額
(百万円)

保有目的

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

1,988,300

1,109

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

㈱りそなホールディングス

1,915,900

934

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

カッパ・クリエイトホールディングス㈱

400,000

761

取引先として友好的な事業関係の形成

三井住友トラスト・ホールディングス㈱

786,900

348

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

中部水産㈱

801,650

252

取引先として友好的な事業関係の形成

中央魚類㈱

1,006,230

216

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱大水

1,180,459

172

取引先として友好的な事業関係の形成

横浜丸魚㈱

345,133

146

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱伊予銀行

150,813

134

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

ニチモウ㈱

360,000

71

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱七十七銀行

100,000

50

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

㈱ほくほくフィナンシャルグループ

200,000

38

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

㈱アークス

14,171

30

取引先として友好的な事業関係の形成

イオン㈱

23,683

28

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱サトー商会

28,800

26

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱三井住友フィナンシャルグループ

5,000

18

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

カネ美食品㈱

6,345

18

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱いなげや

13,762

13

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱トーホー

40,000

13

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱ローソン

1,749

12

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱トーカン

5,612

9

取引先として友好的な事業関係の形成

三菱食品㈱

3,000

8

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱ライフコーポレーション

6,570

8

取引先として友好的な事業関係の形成

尾家産業㈱

10,000

8

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱マルイチ産商

9,769

7

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱ショクブン

13,678

6

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱木曽路

2,796

5

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱マミーマート

3,000

4

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱ヤオコー

1,100

4

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱マルエツ

7,000

2

取引先として友好的な事業関係の形成

 

(注)㈱七十七銀行以下の銘柄については貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、上位30銘柄について記載しております。

 

 

 

(当事業年度)

特定投資株式

銘柄

株式数
(株)

貸借対照表計上額
(百万円)

保有目的

㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ

1,988,300

1,127

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

㈱りそなホールディングス

1,915,900

956

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

カッパ・クリエイトホールディングス㈱

800,000

788

取引先として友好的な事業関係の形成

三井住友トラスト・ホールディングス㈱

786,900

366

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

中央魚類㈱

1,006,230

253

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱大水

1,180,459

214

取引先として友好的な事業関係の形成

中部水産㈱

801,650

202

取引先として友好的な事業関係の形成

横浜丸魚㈱

413,883

173

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱伊予銀行

150,813

148

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

ニチモウ㈱

360,000

67

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱七十七銀行

100,000

46

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

㈱ほくほくフィナンシャルグループ

200,000

39

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

㈱アークス

14,780

29

取引先として友好的な事業関係の形成

イオン㈱

23,821

27

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱サトー商会

28,800

26

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱三井住友フィナンシャルグループ

5,000

22

取引先金融機関として友好的な事業関係の形成

カネ美食品㈱

6,800

20

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱いなげや

14,534

14

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱トーホー

40,000

14

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱トーカン

6,314

13

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱ローソン

1,749

12

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱ライフコーポレーション

6,570

10

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱マルイチ産商

10,556

9

取引先として友好的な事業関係の形成

尾家産業㈱

10,000

8

取引先として友好的な事業関係の形成

三菱食品㈱

3,000

7

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱ショクブン

15,128

6

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱木曽路

3,007

5

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱ヤオコー

1,100

5

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱マミーマート

3,000

4

取引先として友好的な事業関係の形成

㈱マルエツ

7,000

2

取引先として友好的な事業関係の形成

 

(注)㈱七十七銀行以下の銘柄については貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、上位30銘柄について記載しております。

 

 

 

⑥ 会計監査の状況

当社は井上監査法人と監査契約を結び、法令に基づく会計監査を受けているほか、会計制度の変更などに関して適宜指導・助言を受けています。

業務を執行した公認会計士

公認会計士の氏名等

所属する監査法人名

継続監査年数

代表社員 業務執行社員 平松 正己

井上監査法人

代表社員 業務執行社員 林  映男

 

(注)継続監査年数については、7年を超えた場合のみ記載しています。

監査業務に係る補助者の構成

  公認会計士5名

 

⑦ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができるとした事項及びその理由

ア.当社は、従来の株主総会の決議に加え取締役会の決議により必要に応じた機動的な剰余金の配当などの実現を可能とするため、剰余金の配当など会社法第459条第1項に定める事項を取締役会の決議によることが出来る旨を定款で定めております。

イ.当社は、自己の株式の取得について、機動的な資本政策を遂行できるよう、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引などにより自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 

⑧ 株主総会の特別決議要件を変更した事項及びその理由

当社は、株主総会の円滑な運営のため、会社法第309条第2項の定めによる決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。

 

 

(2) 【監査報酬の内容等】

① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

 

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に
基づく報酬(百万円)

非監査業務に
基づく報酬(百万円)

監査証明業務に
基づく報酬(百万円)

非監査業務に
基づく報酬(百万円)

提出会社

31

36

連結子会社

3

0

31

40

0

 

(注)当社と井上監査法人との監査契約において、当社及び連結子会社に対する監査報酬の額を区別しておりません。

 

② 【その他重要な報酬の内容】
前連結会計年度

該当事項はありません。

当連結会計年度

該当事項はありません。

 

③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
前連結会計年度

該当事項はありません。

当連結会計年度

当連結会計年度に対価を支払った非監査業務の内容は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づく認定申請に係る手続き業務です。

 

④ 【監査報酬の決定方針】
前連結会計年度

該当事項はありませんが、監査日数等を勘案したうえで決定しております。

当連結会計年度

該当事項はありませんが、監査日数等を勘案したうえで決定しております。

 

第5 【経理の状況】

 

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
  なお、当連結会計年度(平成25年4月1日から平成26年3月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成24年9月21日内閣府令第61号)附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。

 

(2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
  なお、当事業年度(平成25年4月1日から平成26年3月31日まで)の財務諸表に含まれる比較情報については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成24年9月21日内閣府令第61号)附則第2条第2項により、改正前の財務諸表等規則に基づいて作成しております。

また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成25年4月1日から平成26年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成25年4月1日から平成26年3月31日まで)の財務諸表について、井上監査法人による監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の変更等に的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。また、同機構が行うセミナーに参加しております。

 

1 【連結財務諸表等】

(1) 【連結財務諸表】

① 【連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(平成25年3月31日)

当連結会計年度

(平成26年3月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

3,888

3,456

 

 

受取手形及び売掛金

※6 22,579

24,393

 

 

リース投資資産

825

715

 

 

商品及び製品

27,426

25,596

 

 

仕掛品

1,342

1,654

 

 

原材料及び貯蔵品

3,538

4,093

 

 

繰延税金資産

587

600

 

 

その他

2,306

2,850

 

 

貸倒引当金

26

326

 

 

流動資産合計

62,467

63,033

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物及び構築物(純額)

※1,※3,※5 3,450

※1,※3,※5 3,241

 

 

 

機械装置及び運搬具(純額)

※1,※3,※5 1,073

※1,※3,※5 1,222

 

 

 

船舶(純額)

※1,※3 1,460

※1,※3 1,185

 

 

 

土地

※3 3,878

※3 3,744

 

 

 

リース資産(純額)

※1 1,115

※1 868

 

 

 

建設仮勘定

2

52

 

 

 

その他(純額)

※1,※5 301

※1,※5 281

 

 

 

有形固定資産合計