日本水産株式会社 - 0104000_honbun_0631047503001.htm

日本水産株式会社がEDINETに提出した「0104000_honbun_0631047503001.htm」です。

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

平成30年2月13日

日 本 水 産 株 式 会 社

取 締 役 会 御 中

 

新日本有限責任監査法人

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士  渡  辺  伸   啓  ㊞

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士  腰  原  茂  弘  

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士  鶴  田  純 一 郎  

 

 

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本水産株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。

四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

監査人の結論

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本水産株式会社及び連結子会社の平成29年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。

 

利害関係

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

 

以  上

 

 

(注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E00014-000 2018-02-13

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

平成30年2月13日

【四半期会計期間】

第103期第3四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)

【会社名】

日本水産株式会社

【英訳名】

NIPPON SUISAN KAISHA,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長執行役員  大 木 伸 介

【本店の所在の場所】

東京都港区西新橋一丁目3番1号

【電話番号】

東京03(6206)7048

【事務連絡者氏名】

経営企画IR部経営企画IR課長 広 井 洋 一 郎

【最寄りの連絡場所】

東京都港区西新橋一丁目3番1号

【電話番号】

東京03(6206)7048

【事務連絡者氏名】

経営企画IR部経営企画IR課長 広 井 洋 一 郎

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E00014 13320 日本水産株式会社 NIPPON SUISAN KAISHA,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true cte 2017-04-01 2017-12-31 Q3 2018-03-31 2016-04-01 2016-12-31 2017-03-31 1 false false false E00014-000 2018-02-13 E00014-000 2016-04-01 2016-12-31 E00014-000 2016-04-01 2017-03-31 E00014-000 2017-04-01 2017-12-31 E00014-000 2016-12-31 E00014-000 2017-03-31 E00014-000 2017-12-31 E00014-000 2016-10-01 2016-12-31 E00014-000 2017-10-01 2017-12-31 E00014-000 2017-04-01 2017-12-31 jpcrp040300-q3r_E00014-000:MarineProductsReportableSegmentsMember E00014-000 2016-04-01 2016-12-31 jpcrp040300-q3r_E00014-000:MarineProductsReportableSegmentsMember E00014-000 2016-04-01 2016-12-31 jpcrp040300-q3r_E00014-000:GroceryReportableSegmentsMember E00014-000 2017-04-01 2017-12-31 jpcrp040300-q3r_E00014-000:GroceryReportableSegmentsMember E00014-000 2017-04-01 2017-12-31 jpcrp040300-q3r_E00014-000:FineReportableSegmentsMember E00014-000 2016-04-01 2016-12-31 jpcrp040300-q3r_E00014-000:FineReportableSegmentsMember E00014-000 2016-04-01 2016-12-31 jpcrp040300-q3r_E00014-000:LogisticsReportableSegmentsMember E00014-000 2017-04-01 2017-12-31 jpcrp040300-q3r_E00014-000:LogisticsReportableSegmentsMember E00014-000 2016-04-01 2016-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00014-000 2017-04-01 2017-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00014-000 2016-04-01 2016-12-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00014-000 2017-04-01 2017-12-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00014-000 2016-04-01 2016-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00014-000 2017-04-01 2017-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E00014-000 2016-04-01 2016-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00014-000 2017-04-01 2017-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

 

回次

第102期
第3四半期
連結累計期間

第103期
第3四半期
連結累計期間

第102期

会計期間

自  平成28年4月1日
至  平成28年12月31日

自  平成29年4月1日
至  平成29年12月31日

自  平成28年4月1日
至  平成29年3月31日

売上高

(百万円)

468,821

516,321

635,953

経常利益

(百万円)

20,720

21,336

24,884

親会社株主に帰属する
四半期(当期)純利益

(百万円)

12,377

16,427

14,216

四半期包括利益又は包括利益

(百万円)

6,665

21,241

15,052

純資産額

(百万円)

132,620

158,881

141,205

総資産額

(百万円)

455,006

500,171

451,876

1株当たり四半期(当期)
純利益金額

(円)

42.54

52.74

48.02

潜在株式調整後1株当たり
四半期(当期)純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

24.91

27.94

26.77

 

 

回次

第102期
第3四半期
連結会計期間

第103期
第3四半期
連結会計期間

会計期間

自  平成28年10月1日
至  平成28年12月31日

自  平成29年10月1日
至  平成29年12月31日

1株当たり四半期純利益金額

(円)

24.67

23.05

 

 

(注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載していない。

2.売上高には、消費税等は含まれていない。

3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式がないため記載していない。

 

2 【事業の内容】

当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容について、重要な変更はない。
 また、主要な関係会社についても異動はない。

 

 

第2 【事業の状況】

 

1 【事業等のリスク】

当第3四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況の異常な変動等または、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はない。

 

2 【経営上の重要な契約等】

該当事項なし。

 

3 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績の分析

当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、引き続き企業収益や雇用情勢の改善などにより緩やかな回復基調で推移した。個人消費についても、海外経済や金融資本市場の先行きが不透明な中、緩やかな持ち直しの動きが見られた。
 世界経済(連結対象期間1-9月)については、米国では雇用・所得環境の底堅さにより個人消費が着実に回復するなど、景気に力強さが見られた。欧州では個人消費が引き続き堅調に推移し、緩やかな景気の回復が持続した。アジアでは中国において、政府の政策効果により景気は下支えされた。
 当社および当社グループにおいては、水産事業では、南米の鮭鱒養殖事業が好調に推移した。一方、ファイン事業では、先行投資による費用が増加した。
 このような状況下で当第3四半期連結累計期間の営業成績は、売上高は5,163億21百万円(前年同期比475億円増)、営業利益は205億91百万円(前年同期比18億76百万円増)、経常利益は213億36百万円(前年同期比6億16百万円増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は164億27百万円(前年同期比40億50百万円増)となった。
 

(単位:百万円)

 

売上高

営業利益

経常利益

親会社株主に帰属
する四半期純利益

平成30年3月期
第3四半期

516,321

20,591

21,336

16,427

平成29年3月期
第3四半期

468,821

18,714

20,720

12,377

前年同期増減

47,500

1,876

616

4,050

前年同期比

110.1%

110.0%

103.0%

132.7%

 

 

セグメント別の概況は次の通りである。

                                            (単位:百万円)

 

売上高

前年同期増減

前年同期比

営業利益

前年同期増減

前年同期比

水産事業

219,373

24,093

112.3%

10,549

3,794

156.2%

食品事業

248,064

22,292

109.9%

8,703

△694

92.6%

ファイン事業

18,962

176

100.9%

1,016

△1,820

35.8%

物流事業

12,558

364

103.0%

1,667

182

112.3%

その他

17,362

573

103.4%

907

549

253.4%

全社経費

△2,252

△133

106.3%

合計

516,321

47,500

110.1%

20,591

1,876

110.0%

 

(注)水産事業の営業利益には、南米の鮭鱒養殖事業における在池魚評価益593百万円(前年同期在池魚評価益297百万円)が含まれている。

 

①水産事業
 水産事業については、漁撈事業、養殖事業、加工・商事事業を営んでいる。
<当第3四半期連結累計期間の概況>
 水産事業では売上高は2,193億73百万円(前年同期比240億93百万円増)となり、営業利益は105億49百万円(前年同期比37億94百万円増)となった。
 
漁撈事業:前年同期比で減収、減益

<日本>
・価格の高い魚の漁獲減に加え、修繕費や新船の償却費の増加などもあり減収・減益となった。
<南米>
・ほきなどの漁獲が低調となり減収・減益となった。
 

養殖事業:前年同期比で増収、増益
<日本>
・まぐろの販売価格は下落したものの、ぶりの販売数量の増加や鮭鱒の販売価格の上昇および増産により増収・増益となった。
<南米>
・鮭鱒は、販売価格の上昇に加え養殖成績も良好であったことから大幅な増収・増益となった。
 

加工・商事事業:前年同期比で増収、減益
<日本>
・鮮活魚の販売は好調に推移したものの、飼料油飼のコスト増加や鮭鱒の仕入価格の上昇などにより減益となった。
<北米>
・助子の増収に加え、労務コスト削減効果もあり増益となった。
<ヨーロッパ>
・新規ビジネスへの取り組みなどで販売が順調に推移したことに加え、為替の影響もあり増収・増益となった。

 

②食品事業
 食品事業については、加工事業およびチルド事業を営んでいる。
<当第3四半期連結累計期間の概況>
 食品事業では売上高は2,480億64百万円(前年同期比222億92百万円増)となり、営業利益は87億3百万円(前年同期比6億94百万円減)となった。
 

加工事業:前年同期比で増収、減益
<日本>
・冷凍食品の米飯カテゴリーや加工食品の魚肉ソーセージの販売が順調に推移したが、販売コストの増加に加え、缶詰の水産原料の不足による苦戦もあり、減益となった。
<北米>
・業務用冷凍食品は主原料コストが上昇したが、家庭用冷凍食品の販管費の見直しなどもあり、増益となった。増収は主に為替によるものである。
<ヨーロッパ>
・原料コストの上昇があったが、既存カテゴリーの順調な販売に加え、成長カテゴリーへの取り組みが寄与し、増収・増益となった。
 

チルド事業:前年同期比で増収、減益
<日本>
・コンビニエンスストア向け惣菜類や調理麺などの販売が伸長したが、生産コスト増加の影響などもあり減益となった。
 

③ファイン事業
 ファイン事業については、医薬原料、機能性原料(注1)、機能性食品(注2)、および医薬品、診断薬などの生産・販売を行っている。
 <当第3四半期連結累計期間の概況>
 ファイン事業では売上高は189億62百万円(前年同期比1億76百万円増)となり、営業利益は10億16百万円(前年同期比18億20百万円減)となった。
 

<医薬原料、機能性原料、機能性食品>
・医薬原料の鹿島医薬品工場新設に関連する減価償却費などのコスト増加や、機能性食品の販売拡大に向けた広告宣伝費の投入などもあり減益となった。
<診断薬、医薬品、化粧品>
・診断薬などにおいて販売が順調に推移したものの、製造原価などのコストが上昇し減益となった。
 

④物流事業
 物流事業については、冷蔵倉庫事業、配送事業、通関事業を営んでいる。
<当第3四半期連結累計期間の概況>
 物流事業では売上高は125億58百万円(前年同期比3億64百万円増)となり、営業利益は16億67百万円(前年同期比1億82百万円増)となった。
・大阪舞洲物流センターの増収に加え、既存冷蔵庫も入庫量が前年を上回るなど堅調に推移し増収・増益となった。

 

(注1)主に食品素材や化粧品素材向けとなるEPA・DHA、コレステロール、オレンジラフィー油など。
(注2)特定保健用食品「イマークS」やEPA・DHAなどのサプリメント。

 

(2)財政状態の分析

(資産)
 流動資産は、前連結会計年度末に比べて15.7%増加し、2,696億69百万円となった。これは受取手形及び売掛金が205億90百万円、商品及び製品が46億1百万円並びに原材料及び貯蔵品が56億78百万円増加したことなどによる。
  固定資産は、前連結会計年度末に比べて5.4%増加し、2,305億2百万円となった。これは有形固定資産が83億70百万円、投資有価証券が29億25百万円増加したことなどによる。

  この結果、総資産は、前連結会計年度末に比べて10.7%増加し、5,001億71百万円となった。  


(負債)
 流動負債は、前連結会計年度末に比べて16.3%増加し、2,514億46百万円となった。これは支払手形及び買掛金が100億19百万円、短期借入金が182億96百万円増加したことなどによる。
 固定負債は、前連結会計年度末に比べて4.9%減少し、898億44百万円となった。これは長期借入金が48億84百万円減少したことなどによる。
 この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて9.9%増加し、3,412億90百万円となった。


(純資産)
 純資産合計は、前連結会計年度末に比べて176億75百万円増加し、1,588億81百万円となった。これは親会社株主に帰属する四半期純利益を164億27百万円計上したこと、その他有価証券評価差額金が26億4百万円増加したことなどによる。
 

(3)事業上及び財務上の対処すべき課題

 当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更はない。

 

(4)研究開発活動

当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は38億6百万円である。

なお、当第3四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はない。

 

第3 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

1,000,000,000

1,000,000,000

 

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

第3四半期会計期間
末現在発行数(株)
(平成29年12月31日)

提出日現在
発行数(株)
(平成30年2月13日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

312,430,277

312,430,277

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は
100株である。

312,430,277

312,430,277

 

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

   該当事項なし。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

   該当事項なし。

 

(4) 【ライツプランの内容】

   該当事項なし。

 

(5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(千株)

発行済株式
総数残高
(千株)

資本金増減額
(百万円)

資本金残高
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

平成29年12月31日

312,430

30,685

12,955

 

 

(6) 【大株主の状況】

   当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はなし。

 

 

(7) 【議決権の状況】

当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載することができないことから、直前の基準日(平成29年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしている。

① 【発行済株式】

平成29年9月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式  814,600

(相互保有株式)

普通株式  375,600

完全議決権株式(その他)

普通株式

310,818,900

3,108,189

単元未満株式

普通株式

421,177

発行済株式総数

312,430,277

総株主の議決権

3,108,189

 

(注) 1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式5,000株(議決権50個)が含まれている。

2 「単元未満株式」には、当社所有の自己株式17株が含まれている。

 

② 【自己株式等】

平成29年9月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式総数
に対する所有
株式数の割合(%)

(自己保有株式)
日本水産株式会社

東京都港区西新橋1-3-1

814,600

814,600

0.26

(相互保有株式)
三共水産株式会社

静岡県静岡市葵区
流通センター1-1

40,400

40,400

0.01

(相互保有株式)
株式会社大水

大阪府大阪市福島区野田1-1-86
大阪市中央卸売市場内

335,200

335,200

0.10

1,190,200

1,190,200

0.38

 

(注) 株主名簿上は、当社名義となっているが、実質的に所有していない株式が1,000株(議決権10個)ある。

なお、当該株式数は上記「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」欄に含めている。

 

2 【役員の状況】

前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はない。

 

第4 【経理の状況】

 

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)に基づいて作成している。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表について、新日本有限責任監査法人により四半期レビューを受けている。

 

1 【四半期連結財務諸表】

(1) 【四半期連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(平成29年3月31日)

当第3四半期連結会計期間

(平成29年12月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

23,239

27,167

 

 

受取手形及び売掛金

75,206

※2 95,797

 

 

商品及び製品

57,277

61,878

 

 

仕掛品

25,786

25,694

 

 

原材料及び貯蔵品

26,979

32,657

 

 

その他

25,170

27,233

 

 

貸倒引当金

571

758

 

 

流動資産合計

233,087

269,669

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物及び構築物(純額)

52,338

56,758

 

 

 

その他(純額)

71,291

75,243

 

 

 

有形固定資産合計

123,630

132,001

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

のれん

871

629

 

 

 

その他

10,866

11,052

 

 

 

無形固定資産合計

11,738

11,682

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

71,018

73,944

 

 

 

その他

17,619

18,034

 

 

 

貸倒引当金

5,217

5,160

 

 

 

投資その他の資産合計

83,420

86,818

 

 

固定資産合計

218,789

230,502

 

資産合計

451,876

500,171

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(平成29年3月31日)

当第3四半期連結会計期間

(平成29年12月31日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

支払手形及び買掛金

34,609

※2 44,629

 

 

短期借入金

138,440

156,737

 

 

未払法人税等

3,186

5,229

 

 

未払費用

24,477

28,516

 

 

引当金

3,448

1,392

 

 

その他

12,074

14,941

 

 

流動負債合計

216,236

251,446

 

固定負債

 

 

 

 

長期借入金

69,309

64,425

 

 

引当金

85

98

 

 

退職給付に係る負債

15,791

13,345

 

 

その他

9,246

11,975

 

 

固定負債合計

94,434

89,844

 

負債合計

310,671

341,290

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

30,685

30,685

 

 

資本剰余金

21,078

21,758

 

 

利益剰余金

56,666

70,757

 

 

自己株式

266

270

 

 

株主資本合計

108,163

122,930

 

その他の包括利益累計額

 

 

 

 

その他有価証券評価差額金

11,477

14,081

 

 

繰延ヘッジ損益

460

18

 

 

為替換算調整勘定

2,625

4,296

 

 

退職給付に係る調整累計額

1,753

1,519

 

 

その他の包括利益累計額合計

12,809

16,839

 

非支配株主持分

20,232

19,110

 

純資産合計

141,205

158,881

負債純資産合計

451,876

500,171

 

(2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第3四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第3四半期連結累計期間

(自 平成28年4月1日

 至 平成28年12月31日)

当第3四半期連結累計期間

(自 平成29年4月1日

 至 平成29年12月31日)

売上高

468,821

516,321

売上原価

367,255

406,814

売上総利益

101,565

109,506

販売費及び一般管理費

82,851

88,915

営業利益

18,714

20,591

営業外収益

 

 

 

受取利息

179

263

 

受取配当金

508

406

 

為替差益

357

 

投資有価証券売却益

489

 

持分法による投資利益

2,495

910

 

助成金収入

337

79

 

雑収入

306

329

 

営業外収益合計

4,316

2,346

営業外費用

 

 

 

支払利息

1,612

1,541

 

為替差損

19

 

雑支出

679

59

 

営業外費用合計

2,310

1,601

経常利益

20,720

21,336

特別利益

 

 

 

固定資産売却益

83

295

 

投資有価証券売却益

51

4,194

 

関係会社株式売却益

161

 

負ののれん発生益

267

 

退職給付制度終了益

180

 

特別利益合計

134

5,099

特別損失

 

 

 

固定資産処分損

305

250

 

減損損失

253

 

投資有価証券評価損

197

3

 

関係会社株式売却損

17

338

 

災害による損失

※1 295

※1 633

 

特別損失合計

815

1,478

税金等調整前四半期純利益

20,040

24,956

法人税、住民税及び事業税

4,390

7,519

法人税等調整額

2,493

345

法人税等合計

6,884

7,865

四半期純利益

13,155

17,091

非支配株主に帰属する四半期純利益

777

663

親会社株主に帰属する四半期純利益

12,377

16,427

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第3四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第3四半期連結累計期間

(自 平成28年4月1日

 至 平成28年12月31日)

当第3四半期連結累計期間

(自 平成29年4月1日

 至 平成29年12月31日)

四半期純利益

13,155

17,091

その他の包括利益

 

 

 

その他有価証券評価差額金

1,390

2,547

 

繰延ヘッジ損益

340

365

 

為替換算調整勘定

6,877

14

 

退職給付に係る調整額

475

232

 

持分法適用会社に対する持分相当額

1,818

1,749

 

その他の包括利益合計

6,489

4,149

四半期包括利益

6,665

21,241

(内訳)

 

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

5,763

20,457

 

非支配株主に係る四半期包括利益

902

783

 

【注記事項】
(連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

 

当第3四半期連結累計期間
(自  平成29年4月1日  至  平成29年12月31日)

  (1) 連結の範囲の重要な変更

  第1四半期連結会計期間において、設立出資によりさつま水産(株)を連結の範囲に含めている。第2四半期連結会計期間において株式の取得によりCaistor Seafoods Ltd.及びHalieutis Fish & Co, S.A.S.を連結の範囲に含めている。また、株式の売却によりニッスイファルマ・コスメティックス(株)を連結の範囲から除外している。

 

  (2) 持分法適用の範囲の重要な変更

  第1四半期連結会計期間において、株式売却によりPesquera Friosur S.A.及びPesquera Sur Austral S.A.を持分法の範囲から除外している。

 

 

(追加情報)

当第3四半期連結累計期間

(自  平成29年4月1日  至  平成29年12月31日)

当社は、平成29年4月1日に、退職一時金制度の一部について確定拠出年金制度へ移行し、「退職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号)を適用している。本移行に伴い、当第3四半期連結累計期間の特別利益として180百万円計上している。

 

 

(四半期連結貸借対照表関係)

1 偶発債務

連結子会社以外の会社の銀行からの借入に対して、保証を行っている。

 

 

前連結会計年度
(平成29年3月31日)

当第3四半期連結会計期間
(平成29年12月31日)

EUROPACIFICO ALIMENTOS DEL MAR S.L.

 1,690百万円

1,713百万円

新潟魚市場物流(協)

 339 〃

316 〃

他2社

164 〃

155 〃

 

2,194百万円

2,185百万円

 

(注)前連結会計年度の保証債務2,194百万円のうち1,014百万円については、当社の保証に対して他者から再保証を受けており、また当第3四半期連結会計期間の保証債務2,185百万円のうち1,027百万円については、当社の保証に対して他者から再保証を受けている。

 

※2 期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理している。

なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が、四半期連結会計期間末残高に含まれている。

 

前連結会計年度
(平成29年3月31日)

当第3四半期連結会計期間
(平成29年12月31日)

受取手形

32百万円

支払手形

  572 〃

 

 

(四半期連結損益計算書関係)

※1 災害による損失

前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)

養殖事業において赤潮により鮭鱒が斃死したことによる損失及び平成28年4月14日以降の「平成28年熊本地震」により、当社及び連結子会社の工場等が被災したことに伴う損失である。

 

当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)

養殖事業において魚病により鮭鱒が斃死したこと及び赤潮・台風によりまぐろが斃死したことに伴う損失である。
 

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していない。なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおりである。

 

 

前第3四半期連結累計期間

(自  平成28年4月1日

至  平成28年12月31日)

当第3四半期連結累計期間

(自  平成29年4月1日

至  平成29年12月31日)

減価償却費

11,458百万円

12,899百万円

のれんの償却額

714  〃

321  〃

 

 

 

(株主資本等関係)

Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

平成28年5月13日取締役会

普通株式

829

3.00

平成28年3月31日

平成28年6月13日

利益剰余金

平成28年11月4日取締役会

普通株式

779

2.50

平成28年9月30日

平成28年12月5日

利益剰余金

 

 

2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後となるもの

 該当事項なし。

 

3.株主資本の著しい変動

 当社は、平成28年9月5日付で公募による新株式発行及び平成28年9月27日付で第三者割当増資による払込みを受 けている。この結果、当第3四半期連結累計期間において資本金が6,955百万円、資本剰余金が6,955百万円増加したこと等により、当第3四半期連結会計期間末において資本金が30,685百万円、資本剰余金が21,078百万円となっている。

 

Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

平成29年5月15日取締役会

普通株式

1,090

3.50

平成29年3月31日

平成29年6月12日

利益剰余金

平成29年11月2日取締役会

普通株式

1,246

4.00

平成29年9月30日

平成29年12月4日

利益剰余金

 

 

2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後となるもの

 該当事項なし。

 

 
 

 

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ  前第3四半期連結累計期間(自  平成28年4月1日  至  平成28年12月31日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合 計

調整額

四半期連結損益計算書計上額(注)3

水産事業

食品事業

ファイン事業

物流事業

(注)1

(注)2

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

195,279

225,771

18,786

12,194

452,032

16,789

468,821

468,821

セグメント間の内部売上高又は振替高

9,426

2,061

359

6,028

17,875

1,361

19,236

19,236

204,705

227,832

19,146

18,222

469,907

18,150

488,057

19,236

468,821

セグメント利益

6,754

9,398

2,836

1,485

20,475

357

20,833

2,118

18,714

 

(注)1.「その他」は、報告セグメントに含まれない船舶の建造・修繕やエンジニアリング等が対象となる。

2.セグメント利益の調整額△2,118百万円には、セグメント間取引消去36百万円及び各報告セグメントに配分していない全社費用△2,155百万円が含まれている。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費である。

3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。

 

2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

(固定資産に係る重要な減損損失)

該当事項なし。

 

(のれんの金額の重要な変動)

該当事項なし。

 

(重要な負ののれん発生益)

該当事項なし。

 

 

Ⅱ  当第3四半期連結累計期間(自  平成29年4月1日  至  平成29年12月31日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

合 計

調整額

四半期連結損益計算書計上額(注)3

水産事業

食品事業

ファイン事業

物流事業

(注)1

(注)2

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

219,373

248,064

18,962

12,558

498,958

17,362

516,321

516,321

セグメント間の内部売上高又は振替高

16,337

2,856

400

6,319

25,914

1,678

27,592

27,592

235,710

250,921

19,363

18,878

524,873

19,040

543,914

27,592

516,321

セグメント利益

10,549

8,703

1,016

1,667

21,936

907

22,843

2,252

20,591

 

(注)1.「その他」は、報告セグメントに含まれない船舶の建造・修繕やエンジニアリング等が対象となる。

2.セグメント利益の調整額△2,252百万円には、セグメント間取引消去33百万円及び各報告セグメントに配分していない全社費用△2,285百万円が含まれている。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費である。

3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。

 

2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

(固定資産に係る重要な減損損失)

該当事項なし。

 

(のれんの金額の重要な変動)

該当事項なし。

 

(重要な負ののれん発生益)

該当事項なし。

 

 

(1株当たり情報)

1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりである。

 

 

項目

前第3四半期連結累計期間

(自  平成28年4月1日

至  平成28年12月31日)

当第3四半期連結累計期間

(自  平成29年4月1日

至  平成29年12月31日)

1株当たり四半期純利益金額

42円54銭

52円74銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)

12,377

16,427

普通株主に帰属しない金額(百万円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する
四半期純利益金額(百万円)

12,377

16,427

普通株式の期中平均株式数(株)

290,973,976

311,481,851

 

(注)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式がないため記載していない。

 

 

2 【その他】

第103期(平成29年4月1日から平成30年3月31日)中間配当については、平成29年11月2日開催の取締役会において、平成29年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議した。
 ①配当金の総額                  1,246百万円
 ②1株当たりの金額                 4円00銭
 ③支払請求権の効力発生日及び支払開始日   平成29年12月4日
 

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

 

該当事項はありません。