東京青果株式会社 - 有価証券報告書(通常方式)_20170626135327

東京青果株式会社がEDINETに提出した「有価証券報告書(通常方式)_20170626135327」です。

 

独立監査人の監査報告書

 

 

 

平成29年6月26日

東京青果株式会社

 

 

 

 

取締役会 御中

 

 

 

新日本有限責任監査法人

 

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

鳥羽 正浩  印

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

大野 祐平  印

 

 

 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている東京青果株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。

 

連結財務諸表に対する経営者の責任

 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。

 監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。

 当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

 

監査意見

 当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、東京青果株式会社及び連結子会社の平成29年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

 

利害関係

 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                                                                    以  上

(注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。

 

E02597-000 2017-06-27

 

独立監査人の監査報告書

 

 

 

平成29年6月26日

東京青果株式会社

 

 

 

 

取締役会 御中

 

 

 

新日本有限責任監査法人

 

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

鳥羽 正浩  印

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

大野 祐平  印

 

 

 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている東京青果株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第75期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。

 

財務諸表に対する経営者の責任

 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。

 監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。

 当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

 

監査意見

 当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、東京青果株式会社の平成29年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

 

利害関係

 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                  以  上

(注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。

 

E02597-000 2017-06-27

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

平成29年6月27日

【事業年度】

第75期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

【会社名】

東京青果株式会社

【英訳名】

TOKYO SEIKA CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  川田 一光

【本店の所在の場所】

東京都大田区東海3丁目2番1号

【電話番号】

東京5492局2013番

【事務連絡者氏名】

取締役経理部長  遠藤 浩史

【最寄りの連絡場所】

東京都大田区東海3丁目2番1号

【電話番号】

東京5492局2013番

【事務連絡者氏名】

取締役経理部長  遠藤 浩史

【縦覧に供する場所】

該当なし

 

E02597 東京青果株式会社 TOKYO SEIKA CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2016-04-01 2017-03-31 FY 2017-03-31 2015-04-01 2016-03-31 2016-03-31 1 false false false E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E02597-000:ReserveForReductionEntryOfExpropriatedPropertySSMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E02597-000:ReserveForReductionEntryOfExpropriatedPropertySSMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E02597-000:ReserveForReductionEntryOfExpropriatedPropertySSMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jpcrp030000-asr_E02597-000:FruitsBusinessMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jpcrp030000-asr_E02597-000:VegetableBusinessMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E02597-000 2017-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E02597-000 2017-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E02597-000 2017-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E02597-000 2017-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E02597-000 2017-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E02597-000 2017-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E02597-000 2017-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E02597-000 2017-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E02597-000 2017-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E02597-000 2017-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E02597-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E02597-000:ReserveForReductionEntryOfExpropriatedPropertySSMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02597-000 2013-04-01 2014-03-31 E02597-000 2013-03-31 E02597-000 2012-04-01 2013-03-31 E02597-000 2014-03-31 E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jpcrp030000-asr_E02597-000:VegetableBusinessMember E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 jpcrp030000-asr_E02597-000:FruitsBusinessMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E02597-000 2014-04-01 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02597-000 2014-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02597-000 2013-04-01 2014-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02597-000 2013-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02597-000 2012-04-01 2013-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02597-000 2016-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E02597-000:ReserveForReductionEntryOfExpropriatedPropertySSMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E02597-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E02597-000 2017-06-27 E02597-000 2017-03-31 E02597-000 2016-04-01 2017-03-31 E02597-000 2016-03-31 E02597-000 2015-04-01 2016-03-31 E02597-000 2015-03-31 E02597-000 2014-04-01 2015-03-31 iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第71期

第72期

第73期

第74期

第75期

決算年月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

売上高

(千円)

210,198,851

211,910,535

219,811,998

232,980,918

241,135,256

経常利益

(千円)

1,849,778

1,441,209

1,728,570

2,823,236

3,175,885

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

1,281,341

162,651

996,713

1,958,997

2,156,297

包括利益

(千円)

1,345,342

293,267

1,369,479

2,283,122

2,367,382

純資産額

(千円)

22,626,940

22,773,488

24,001,783

26,146,447

28,307,796

総資産額

(千円)

32,125,994

33,953,689

36,969,559

39,193,751

41,416,536

1株当たり純資産額

(円)

2,366.83

2,382.66

2,510.65

2,734.98

2,961.07

1株当たり当期純利益金額

(円)

134.03

17.02

104.26

204.92

225.55

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

70.43

67.07

64.92

66.71

68.35

自己資本利益率

(%)

5.66

0.71

4.15

7.49

7.62

株価収益率

(倍)

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,276,242

338,681

2,346,654

3,771,667

2,879,129

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

455,437

3,485,394

2,196,508

2,524,133

195,844

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

835,234

1,534,037

1,193,479

473,746

555,682

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

3,974,301

9,590,695

10,934,320

11,708,108

14,227,399

従業員数

(人)

616

677

660

642

646

(外、平均臨時雇用者数)

(74)

(122)

(124)

(109)

(106)

 (注)1.売上高には消費税等を含んでおりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜在株式が存在していないため記載しておりません。

3.当社の株式は、非上場かつ気配相場もないため、株価収益率は不明であります。

4.第72期の従業員数が第71期に比べ61名増加しておりますが、これは主に当社の連結子会社であった東一西東京青果株式会社が、川崎中央青果株式会社と合併し東一川崎中央青果株式会社として新たに当社の連結子会社となったためであります。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第71期

第72期

第73期

第74期

第75期

決算年月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

売上高

(千円)

166,870,921

180,391,942

183,591,167

196,684,089

205,809,134

経常利益

(千円)

1,771,225

1,764,755

1,802,603

2,573,214

2,744,402

当期純利益

(千円)

1,170,362

51,389

902,498

1,727,711

1,819,038

資本金

(千円)

478,000

478,000

478,000

478,000

478,000

発行済株式総数

(株)

9,560,000

9,560,000

9,560,000

9,560,000

9,560,000

純資産額

(千円)

20,905,640

20,896,573

21,996,717

23,933,193

25,737,627

総資産額

(千円)

27,028,575

26,536,379

27,862,171

30,085,329

32,362,361

1株当たり純資産額

(円)

2,186.78

2,185.83

2,300.91

2,503.47

2,692.22

1株当たり配当額

(円)

15.00

15.00

15.00

20.00

22.50

(内1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額

(円)

122.42

5.38

94.40

180.72

190.28

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

77.35

78.75

78.95

79.55

79.53

自己資本利益率

(%)

5.60

0.25

4.10

7.22

7.07

株価収益率

(倍)

配当性向

(%)

12.25

279.05

15.89

11.07

11.82

従業員数

(人)

489

482

482

478

486

(外、平均臨時雇用者数)

(65)

(55)

(51)

(50)

(55)

 (注)1.売上高には消費税等を含んでおりません。

2.第71期1株当たり配当額は、普通配当を1株当たり1円50銭、大田市場移転25年記念配当として、1株当たり5円上乗せしております。

  第72期、73期1株当たり配当額は、普通配当を1株当たり5円上乗せしております。

  第74期1株当たり配当額は、普通配当を1株当たり5円、総資産300億円突破記念配当として、1株当たり5円上乗せしております。

  第75期1株当たり配当額は、普通配当を1株当たり5円、創立70周年記念配当として、1株当たり5円、売上高2,000億円突破記念配当として、1株当たり2円50銭上乗せしております。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜在株式が存在していないため記載しておりません。

4.当社の株式は、非上場かつ気配相場もないため、株価収益率は不明であります。

 

2【沿革】

 当社は、戦後の統制経済廃止の過程において、東京地域に唯一つであった青果物の統制会社が、21の荷受機関に解体分割されましたが、そのうちの1つである旧東京青果株式会社より営業の一部譲渡を受け、東印東京青果株式会社として設立いたしました。

 その後青果物の統制が、果実、漬物、蔬菜の順に撤廃されて行き、それに伴い東京都より各青果物卸売人の認可を受け、青果物の流通安定に努めてまいりました。そして、昭和46年7月に制定された現行の「卸売市場法」のもとに農林水産大臣より認可を受け、現在、東京都中央卸売市場大田市場の青果物卸売業者として営業しております。

 会社設立後、現在までの沿革は以下の通りであります。

 

昭和22年5月

旧東京青果株式会社の営業権の現物出資ならびに神田市場関係者の出資により、東印東京青果株式会社(資本金5,000千円)を設立。東京都知事より青果物統制令に基づき東京都中央卸売市場における都の荷受機関としての指定を受ける。

8月

青果物及び漬物配給規則により東京都の蔬菜公認荷受機関として登録。

昭和23年10月

東京都より果実部卸売人の認可を受ける。

(昭和22年10月農林水産省令により果実の統制撤廃)

昭和24年4月

東京都より蔬菜部卸売人の認可を受ける。

(昭和24年4月農林水産省令により蔬菜の統制撤廃)

昭和25年5月

東京都より漬物部卸売人の認可を受ける。

(昭和23年12月農林水産省令により漬物が統制物品より削除)

昭和26年1月

貿易部(輸入青果物取扱い部)を新設。

昭和32年3月

東光商事株式会社(現・連結子会社)を設立。

昭和37年6月

商事部(瓶缶詰物取扱い部)を新設。

昭和38年3月

立川丸共青果株式会社(現・東一川崎中央青果株式会社)と資本提携及び役員派遣を行う。同社は商号を株式会社東印三多摩青果市場に変更。

昭和42年7月

東京丸一青果株式会社(資本金180,000千円)と合併し、資本金を478,000千円に増資。商号を東京青果株式会社に変更。

11月

東印青果サービス株式会社(現・東一川崎フーズ株式会社)を設立。

昭和43年6月

昭島地方卸売市場を開設。株式会社東印三多摩青果市場が入場。

10月

東印昭島青果サービス株式会社(現・東一川崎フーズ株式会社)を設立。

11月

東印昭島青果サービス株式会社は商号を昭島青果サービス株式会社に変更。

昭和49年5月

株式会社東印三多摩青果市場は商号を東一西東京青果株式会社に変更。

昭和50年2月

栃木青果株式会社(現・東一宇都宮青果株式会社)を設立。

昭和52年12月

東印青果サービス株式会社は商号をウエスタンフード株式会社に変更。

昭和56年6月

農林水産省の行政通達に基づき貿易部を分離、東京青果貿易株式会社(現・連結子会社)を設立。

平成元年5月

東京都中央卸売市場大田市場開場に伴い、神田市場より移転。

平成14年6月

栃木青果株式会社は商号を東一栃木青果株式会社に変更。

平成21年12月

大田市場ロジスティクスセンター株式会社(現・連結子会社)を設立。

平成24年10月

東一栃木青果株式会社を消滅会社、宇印宇都宮青果株式会社を存続会社とする吸収合併を行い、商号を東一宇都宮青果株式会社(現・持分法適用関連会社)に変更。

平成25年5月

川崎中央青果株式会社(現・東一川崎中央青果株式会社)の株式を追加取得し、同社は持分法適用関連会社となる。

10月

東一西東京青果株式会社を消滅会社、川崎中央青果株式会社を存続会社とする吸収合併を行い、商号を東一川崎中央青果株式会社(現・連結子会社)に変更。

上記合併に伴い昭島地方卸売市場を閉鎖。また、川崎中央青果株式会社の子会社であった株式会社北部市場青果センター(現・東一川崎フーズ株式会社)が連結子会社となる。

平成26年1月

ウエスタンフード株式会社及び昭島青果サービス株式会社を消滅会社、株式会社北部市場青果センターを存続会社とする吸収合併を行い、商号を東一川崎フーズ株式会社(現・連結子会社)に変更。

 

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(東京青果株式会社)、子会社7社及び関連会社3社により構成されており、中央卸売市場における青果物及びその加工品の卸売業を主たる事業としております。
 当社、連結子会社である東一川崎中央青果株式会社及び持分法適用関連会社である東一宇都宮青果株式会社は、農林水産大臣の許可を受けた卸売業者であり、それぞれ東京都中央卸売市場大田市場、川崎市中央卸売市場北部市場及び宇都宮市中央卸売市場において卸売事業を営んでおります。
 当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
 なお、次の3つの事業区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

事業区分

主な事業内容

会社名

果実事業

卸売市場法に基づき各中央卸売市場において全国より集荷した果実品目を市場内の仲卸業者及び売買参加者等に販売しております。

東京青果株式会社 (当社)

東一川崎中央青果株式会社

東一宇都宮青果株式会社 ※2

諸外国から主に果実品目を輸入し、全国各市場の卸売業者、仲卸業者及び小売業者に販売しております。

東京青果貿易株式会社

全国より果実品目を仕入れ小売業者及び加工業者に販売しております。

東一川崎フーズ株式会社

有限会社大東京商事 ※3

野菜事業

卸売市場法に基づき各中央卸売市場において全国より集荷した野菜品目及び青果物の加工品を市場内の仲卸業者及び売買参加者等に販売しております。

東京青果株式会社 (当社)

東一川崎中央青果株式会社

東一宇都宮青果株式会社 ※2

全国より野菜品目を仕入れ小売業者及び加工業者に販売しております。

東一川崎フーズ株式会社

有限会社大東京商事 ※3

その他事業

青果物の包装資材等を生産者及び仲卸業者に販売しております。

東光商事株式会社

青果物を顧客の要望する形態にパッケージングするサービスを提供しております。

東一川崎フーズ株式会社

その他

荷捌施設の賃貸業務

大田市場ロジスティクスセンター株式会社

東京青果グループ向け研修施設の経営

株式会社東京青果研修センター ※1

鶏卵の販売

東光鳥卵有限会社 ※1

ガソリンスタンドの経営

大田市場石油株式会社 ※3

 

[事業系統図]
  当社グループの取引について、事業系統図を示すと次のとおりであります。

0101010_001.png

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の

所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

東一川崎中央青果
株式会社 *1

神奈川県川崎市

 宮前区

80,000

果実事業・

野菜事業

100.0

当社と青果物の販売又は仕入れを行っている

当社より資金を借入れている

当社が債務保証をしている

東京青果貿易株式会社

*1

東京都昭島市

 

90,000

果実事業

100.0

当社と青果物の販売又は仕入れを行っている

当社より事務所を賃借している

役員の兼任等…有

東光商事株式会社

東京都大田区

10,000

その他事業

100.0

当社へ包装資材等を販売している

当社より事務所を賃借している

役員の兼任等…有

東一川崎フーズ
株式会社

神奈川県川崎市

宮前区

10,000

果実事業・

野菜事業・

その他事業

100.0

(100.0)

当社と青果物の販売又は仕入れを行っている

 

大田市場ロジスティクスセンター株式会社
*1

東京都大田区

495,000

その他

 

100.0

 

当社より資金を借入れている

当社が債務保証をしている

役員の兼任等…有

(持分法適用関連会社)

 東一宇都宮青果
 株式会社

 

栃木県宇都宮市

270,000

果実事業・

野菜事業

 

34.6

 

当社と青果物の販売又は仕入れを行っている

 (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.*1:特定子会社に該当しております。

3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成29年3月31日現在

 

セグメントの名称

従業員数(人)

果実事業

 

   116   (5)

野菜事業

 

   198   (4)

   報告セグメント計

 

   314   (9)

その他事業

 

    20  (36)

全社(共通)

 

   312  (61)

合計

 

   646 (106)

(注) 1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除く)であり、臨時雇用者数(パートタイ

      マー等)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

      なお、休職者及び人材会社からの派遣社員は人員数に含まれておりません。

    2.全社(共通)として記載されている従業員数は、補助・管理部門に所属しているものであります。

 

 

(2)提出会社の状況

平成29年3月31日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

486(55)

41.3

14.1

7,220,036

 

セグメントの名称

従業員数(人)

果実事業

 

       79 ( 5)

野菜事業

 

      155 ( 4)

   報告セグメント計

 

      234 ( 9)

全社(共通)

 

      252 (46)

合計

 

      486 (55)

(注) 1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除く)であり、臨時雇用者数(パートタイマー等)は、

      年間の平均人員を( )外数で記載しております。

      なお、休職者及び人材会社からの派遣社員は人員数に含まれておりません。

    2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

    3.全社(共通)として記載されている従業員数は、補助・管理部門に所属しているものであります。

 

(3)労働組合の状況

 当社グループとしての労働組合は組織されておりません。それぞれ個別の労働組合があります。

 なお、労使関係について特に記載すべき事項はありません。

第2【事業の状況】

1【業績等の概要】

 (1)業績

当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用情勢や所得環境の改善が進むなか、景気は緩やかな回復基調をたどりました。

当業界におきましては、高齢化の進行が青果物の生産、消費の双方に影響を与え、生産減による供給過少傾向が続きました。また、政府が主導する農政改革にあっては供給側である農協の改革に加え、卸売市場等既存の青果物流通についても見直しの動きがみられる等、厳しい経営環境に置かれました。

このような状況のもと、当社グループはグループ一体となった集荷・販売体制の確立や、業務・加工向け取引への対応を推進しました。その結果、売上高は前連結会計年度を81億54百万円上回る2,411億35百万円となりました。

利益面については、売上高が増加したことにより売上総利益が増加し、営業利益は前連結会計年度を3億37百万円上回る23億65百万円となりました。経常利益は前連結会計年度と比べて営業外損益に大きな変動はなく、前連結会計年度を3億52百万円上回る31億75百万円となりました。特別損益におきましては、平成23年3月発生の東日本大震災に伴う福島第1原子力発電所事故による当社グループへの損害に対する東京電力株式会社からの受取補償金の計上などにより、49百万円の利益(損失相殺後)となりました。これらの結果、親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度を1億97百万円上回る21億56百万円となりました。

セグメントの業績は、次の通りであります。

  ①果実事業

   年間を通して高値基調で推移した結果、売上高は前年同期比102%の871億53百万円、営業利益は輸入果実

   (イチゴ、キウイ)が好調であったことから前年同期比119%の28億40百万円となりました。

  ②野菜事業

   台風被害や日照不足等気象条件が激しく変化して生育や出荷に大きな影響を与え、特に10月には全国的な

   作柄の乱れから品薄となり、従来にない単価高騰が見られました。その結果、売上高は前年同期比104%の

   1,524億51百万円、営業利益は買付利益率の低下により、前年同期比101%にとどまり、52億72百万円となり

   ました。

  ③その他事業(青果物の包装資材の販売や青果物のパッケージ事業)

   売上高は前年同期比103%の15億30百万円、営業損失は前年同期の営業損失72百万円から80百万円となりま

   した

 

 (2)キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ、25億19百万円の増加となり、142億27百万円の残高となりました。これは、税金等調整前当期純利益の増加、仕入債務の増加、投資有価証券の償還などによるものであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、28億79百万円の増加となりました(前連結会計年度は37億71百万円の増加)。これは主に、売上債権の増加や仕入債務の増加、税金等調整前当期純利益の増加によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローは、1億95百万円の増加となりました(前連結会計年度は25億24百万円の減少)。これは主に、有価証券や投資有価証券の償還によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、5億55百万円の減少となりました(前連結会計年度は4億73百万円の減少)。これは主に、長期借入金の返済並びに配当金の支払いを行ったことなどによるものであります。

2【生産、受注及び販売の状況】

(1)仕入実績

 当連結会計年度の仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

金額(千円)

前年同期比(%)

果実事業

81,341,205

102.0

野菜事業

140,884,247

104.5

 報告セグメント計

222,225,452

103.5

その他事業

1,387,038

102.4

合計

223,612,491

103.5

 (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

  (2)販売実績

 当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

金額(千円)

前年同期比(%)

果実事業

87,153,878

102.2

野菜事業

152,451,375

104.2

 報告セグメント計

239,605,254

103.5

その他事業

1,530,002

102.6

合計

241,135,256

103.5

 (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

    2.最近2連結会計年度における売上の相手先について、全売上高の10%以上の相手先はありません。

 

 

3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 今後の見通しでありますが、政府が進める農政改革において農産物流通の合理化推進のために、全農の組織改革

および直接販売・買取販売への転換が進められております。また、市場取引の根幹にある卸売市場法に対して廃止を含んだ抜本的な改革も検討されており、青果物流通は正に変革期に直面しております。

このような状況下にあって当社グループは、市場流通が備える適正な価格形成、効率的で安定した商品供給、需給調整などの公共的機能を発揮し、産地・販売先の皆様に対し満足いただけるメリットやサービスを提供してまいります。その一方で規制改革に伴って生ずることが予想される新たなニーズや未開拓の業務等に対応するため,当社グループの総力を結集して取り組んでまいります。具体的には、グループ間の連携強化を図り、商圏の拡大や物流機能の充実、業務・加工対応の契約取引拡大や輸出等を推進してまいります。そのためにグループの体質強化に向けた経営資源の投入方法を見直し、集荷の効率化、新たな産地獲得などの機能強化及び労働環境の改善を図ってまいります。

当社グループは経営環境の激変が迫る中においても、理念である「青果物流通会社としての地位の確立と実践」を見失うことなく青果物流通の活性化のために邁進し、そのことを通じて社会に貢献してまいる所存であります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

4【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した、事業の状況、経理の状況に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成29年6月27日)現在において当社グループが判断したものであります。

(1)法的規制等について

当社グループは行政官庁の認可を受け、卸売市場法及び地方公共団体の条例に基づき、生産者団体等から青果物(野菜・果実等)の販売を委託され、市場内の仲卸及び売買参加者等に対し同商品の販売を行っております。卸売市場法においては、公正かつ効率的な取引原則の基に取引の方法が規定されており、差別的取扱いの禁止、販売相手先の制限等の規制を受けております。万が一こうした規定に抵触するような場合には、当社グループの営業活動に制約を受ける可能性があります。

なお、平成21年4月より卸売手数料が自由化されておりますが、当社グループは従前どおりの手数料率を継続しております。但し将来的には当該自由化の流れが、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

(2)気象要因等による影響

当社グループは青果物及びその加工品の卸売を行っているため、国内産地及び輸入品生産国(アメリカ・オセアニア・東南アジア他)ならびに国内消費地の気象要因により、流通量・価格等においてその影響を受ける可能性があります。

(3)為替レートの変動による影響

青果物輸入取引における現地通貨建の項目について、為替リスクの変動による影響を最小限にとどめるため、必要に応じて為替予約取引等を利用しておりますが、そのリスクを完全に回避するものではなく、従って、当該輸入商品の仕入価額及び当該債務の決済金額について、為替レートの変動による影響を受ける可能性があります。

 

5【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

6【研究開発活動】

 該当する事項はありません。

7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)当連結会計年度の経営成績の分析

当社グループの当連結会計年度の経営成績は、グループ一体となった集荷・販売体制の確立や業務・加工向け取引への対応を推進しました。その結果、売上高は前連結会計年度を81億54百万円上回る2,411億35百万円となりました。

利益面については、売上高が増加したことにより売上総利益が増加し、営業利益は前連結会計年度を3億37百万円上回る23億65百万円となりました。経常利益は、前連結会計年度と比べて営業外収益(費用相殺後)に特に大きな変動はなく、前連会計年度を3億52百万円上回る31億75百万円となりました。特別損益におきましては、平成23年3月発生の東日本大震災に伴う福島第1原子力発電所事故による当社グループへの損害に対する東京電力株式会社からの受取補償金の計上などにより、49百万円の利益(損失相殺後)となりました。これらの結果、親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度を1億97百万円上回る21億56百万円となりました。

 

(2)財政状態の分析

当連結会計年度末の総資産は前連結会計年度末に比べて22億22百万円増の414億16百万円となりました。

流動資産は、前連結会計年度末に比べて24億36百万円増の223億55百万円となりました。これは主に現金及び預金が増加したことなどによるものであります。

固定資産は、前連結会計年度末に比べて2億14百万円減の190億61百万円となりました。これは主に投資有価証券が増加したものの、有形固定資産や長期性預金が減少したことなどによるものであります。

負債合計は、前連結会計年度末に比べて61百万円増の131億8百万円となりました。これは主に借入金が減少したものの、受託販売未払や未払金が増加したことなどによるものであります。

純資産は、前連結会計年度末に比べて21億61百万円増加し、283億7百万円となりました。これは主に親会社株主に帰属する当期純利益の計上及びその他有価証券評価差額金の増加によるものであります。この結果、自己資本は283億7百万円となり、自己資本比率は前連結会計年度末に比べて1ポイント増の68%となりました。

 

(3)キャッシュ・フローの状況の分析

キャッシュ・フローの状況の分析につきましては、「第2 事業の状況 1.業績等の概要(2)キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

 

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 (注) 金額には消費税等を含んでおりません。

(1)提出会社

当社の当連結会計年度の設備投資額は、270,932千円であり、この内主なものは次のとおりであります。

所  在  地

セグメントの名称

設 備 の 内 容

設備投資額(千円)

東京都大田区

果実事業・野菜事業・

・全社(共通)

自社利用ソフトウエア(事務所)(注)1

200,801

 (注)1. 基幹取引システム化推進等のための投資であります。

 

 

(2)国内子会社

連結子会社の当連結会計年度の設備投資額は、134,348千円であり、この内主なものは次のとおりであります。

会社名

所在地

セグメントの名称

設 備 の 内 容

設備投資額

(千円)

東一川崎中央青果株式会社

神奈川県川崎市宮前区

果実事業・野菜事業

 荷捌施設

106,596

 

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社                                    平成29年3月31日現在

所在地

 

 

セグメント

の名称

 

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

(注2)

建物

及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

土地

(面積㎡)

リース資産

(有形)

その他

(注1)

合計

東京都

大田区

全社(共通)

事務所

224,785

15,547

(-)

28,267

30,805

299,406

252

(46)

果実事業

野菜事業

卸売場

432,134

42,660

(-)

20,128

494,923

234

(9)

 

 

その他

賃貸施設

39,706

 

295,569

(1,188)

 

335,275

(-)

東京都

昭島市

その他

賃貸用土地

 

1,166,395

(32,914)

 

1,166,395

(-)

東京都

千代田区他

その他

賃貸ビル

2,257,444

14,542

 

1,222,302

(5,649)

3,545

3,497,834

(-)

 

(2)国内子会社                                   平成29年3月31日現在

会社名

所在地

セグメント

の名称

設備の

内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

(注2)

建物

及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

土地

(面積㎡)

リース資産

(有形)

その他

(注1)

合計

東一川崎

中央青果

株式会社

神奈川県

川崎市

宮前区

果実事業

野菜事業

全社(共通)

事務所

卸売場他

1,825,936

28,974

27,135

(1,005)

12,847

1,894,893

104

(14)

東一川崎

フーズ

株式会社

神奈川県

川崎市

宮前区

果実事業

野菜事業

その他事業

全社(共通)

事務所他

201

2,515

(-)

1,542

4,259

21

(35)

東京青果

貿 易

株式会社

東京都

大田区

果実事業

事務所

282

(-)

3,170

3,108

6,562

23

(-)

東光商事

株式会社

東京都

大田区

青森県

弘前市

その他事業

事務所

倉庫他

58,240

7,134

133,173

(7,809)

490

199,038

12

(2)

大田市場ロジスティクスセンター株式会社

東京都

大田区

全社(共通)

荷捌施設他

2,961,541

31,567

(-)

1,113

2,994,222

(-)

 (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品の合計額であります。

2.従業員数の( )は、臨時雇用者を外数で記載しております。

3.リース契約による主な賃借設備(連結貸借対照表に計上しているものは除く)はありません。

3【設備の新設、除却等の計画】

該当事項はありません。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種 類

発行可能株式総数(株)

普通株式

38,240,000

38,240,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(平成29年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(平成29年6月27日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

9,560,000

同  左

非上場

当社は単元株制度は採用しておりません。

9,560,000

同  左

 

(2)【新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

(5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数

(千株)

発行済株式総数残高

(千株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

昭和42年7月1日

3,600

9,560

180,000

478,000

1,505

1,505

(注) 東京丸一青果株式会社との合併

合併比率1:1

(6)【所有者別状況】

平成29年3月31日現在

 

区分

株 式 の 状 況

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人その他

合計

個人以外

個人

株主数(人)

6

76

1,094

1,176

所有株式数(株)

823,730

5,278,632

3,457,638

9,560,000

所有株式数の割合(%)

8.6

55.3

36.1

100

(注)単元株制度は採用しておりません。

(7)【大株主の状況】

 

 

平成29年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

東京促成青果株式会社

東京都中央区築地6-23-7

1,489

15.5

東京青果従業員持株会

東京都大田区東海3-2-1

834

8.7

株式会社サカタのタネ

神奈川県横浜市都筑区仲町台2-7-1

775

8.1

川田一光

東京都品川区

474

4.9

オーケー株式会社

東京都大田区仲六郷2-43-2

446

4.6

株式会社みずほ銀行

東京都千代田区大手町1-5-5

365

3.8

株式会社大田花き

東京都大田区東海2-2-1

343

3.5

東京多摩青果株式会社

東京都国立市谷保6-2-1

300

3.1

東京千住青果株式会社

東京都足立区入谷6-3-1

250

2.6

興産信用金庫

東京都千代田区神田紺屋町41

203

2.1

5,483

57.3

 

(8)【議決権の状況】

①【発行済株式】

平成29年3月31日現在

 

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

完全議決権株式(その他)

普通株式 9,560,000

9,560,000

単元未満株式

発行済株式総数

9,560,000

総株主の議決権

9,560,000

 

②【自己株式等】

 

平成29年3月31日現在

 

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

 

(9)【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 該当事項はありません。

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

該当事項はありません。

3【配当政策】

 当社は、株主への利益還元を重要な課題として事業の経営にあたってまいりました。当社の配当は、今後の事業展開を勘案しながら、安定的、継続的に普通配当を行い、記念すべき節目には記念配当を行うことを基本方針としております。

 当社は、年1回の期末配当を行うことを基本方針としており、配当の決定機関は株主総会であります。

 当期の配当につきましては、上記基本方針に基づき1株当たり15円の普通配当に加え、当社が創立70周年を迎えましたことを記念して、1株当たり5円の特別配当、また売上高が2,000億円を突破したことを記念して、1株当たり2円50銭の特別配当を実施することを決定いたしました。この結果、当期の配当性向は11.82%となりました。

 内部留保資金につきましては、取引自由化に伴う競争激化に対処するための取引増大策、施設の建設、新分野への事業投資に充当する予定であり、営業活動に効率良く活用して事業の拡大に努めてまいります。

 なお、当期に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

(円)

平成29年6月6日

定時株主総会決議

215,100

22.50

 

4【株価の推移】

 当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。

5【役員の状況】

男性15名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

代表取締役社長

川田 一光

昭和26年7月28日生

 

昭和60年10月

 同 63年6月

平成7年3月

 同 10年6月

 同 11年6月

(主要な兼職)

平成10年6月

 

 同 11年5月

 

 同 21年12月

 

 

 同 25年5月

当社入社経理部長

常務取締役就任

専務取締役就任

代表取締役専務就任

代表取締役社長就任(現任)

 

株式会社大田花き 取締役就任(現任)

東京青果貿易株式会社 代表取締役就任(現任)

大田市場ロジスティクスセンター株式会社 代表取締役社長就任(現任)

株式会社東京青果研修センター代表取締役社長就任(現任)

 

(注)3

474

 専務取締役

笹部 正

昭和24年4月15日生

 

平成14年7月

 同 17年6月

 同 20年6月

 同 23年6月

 同 24年3月

 同 25年6月

 

 同 26年12月

 同 28年4月

(主要な兼職)

平成19年5月

 

 同 23年3月

当社入社 開発第2部長

取締役就任開発第2部長

常務取締役就任

専務取締役就任

専務取締役、開発第2部長兼務

代表取締役専務就任、開発第2部長兼務

専務取締役、開発第2部長兼務

専務取締役(現任)

 

東光商事株式会社代表取締役社長就任(現任)

東光鳥卵有限会社代表取締役社長

就任(現任)

 

(注)3

22

常務取締役

野  菜

事業本部長

山田 光男

昭和25年10月16日生

 

昭和48年4月

平成13年2月

 同 16年6月

 同 23年2月

 同 27年4月

当社入社

野菜第2事業部長

取締役就任野菜第2事業部長

取締役野菜第4事業部長

常務取締役就任野菜事業本部長(現任)

 

(注)3

30

常務取締役

果  実

事業本部長

泉 英和

昭和30年8月16日生

 

昭和54年4月

平成23年6月

 同 25年6月

 同 28年4月

当社入社

果実第3事業部長

取締役就任果実第3事業部長

常務取締役就任果実事業本部長(現任)

 

(注)3

18

取締役

営業管理部長

大竹 一平

昭和28年12月4日生

 

昭和51年4月

平成19年2月

 同 21年6月

 同 28年4月

当社入社

営業本部長

取締役就任営業本部長

取締役営業管理部長(現任)

 

(注)3

14

取締役

瀧口 和徳

昭和28年9月30日生

 

昭和52年4月

平成22年3月

 同 23年6月

 同 28年4月

 同 29年4月

当社入社

果実第4事業部長

取締役就任果実第4事業部長

取締役開発第2部長

取締役野菜事業部・開発第2部担当(現任)

 

(注)3

14

 

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

野菜第3

事業部長

村野 伸一郎

昭和42年1月1日生

 

平成3年4月

 同 23年2月

 同 25年6月

 同 26年2月

当社入社

野菜第1事業部長

取締役就任野菜第1事業部長

取締役野菜第3事業部長(現任)

 

(注)3

5

取締役

野菜第1

事業部長

戸塚 幹夫

昭和35年7月5日生

 

昭和58年4月

平成26年2月

 同 26年6月

当社入社

野菜第1事業部長

取締役就任野菜第1事業部長(現任)

 

(注)3

3

取締役

経理部長

遠藤 浩史

昭和30年7月14日生

 

昭和54年4月

平成20年2月

 同 28年6月

当社入社

経理部長

取締役就任経理部長(現任)

 

(注)3

13

取締役

果実第2

事業部長

平田 充

昭和32年5月27日生

 

平成15年8月

 同 22年3月

 同 28年6月

当社入社

果実第2事業部長

取締役就任果実第2事業部長(現任)

 

(注)3

13

取締役

業務監査室長

小幡 賢

昭和32年3月1日生

 

昭和58年4月

平成26年4月

 同 29年6月

当社入社

業務監査室長

取締役就任業務監査室長(現任)

 

(注)3

7

取締役

川田 光太

昭和59年3月25日生

 

平成29年4月

 同 29年6月

当社入社顧問就任

取締役就任経営戦略室担当(現任)

 

(注)3

常勤監査役

大井 溥之

昭和17年5月23日生

 

昭和42年4月

平成5年4月

 同 5年6月

 同 7年3月

 同 9年6月

 同 11年6月

 同 16年6月

 同 25年6月

当社入社

総務部長

取締役就任総務部長

取締役経理部長

常務取締役就任

代表取締役専務就任

代表取締役副社長就任

常勤監査役就任(現任)

 

(注)4

47

常勤監査役

菅原 隆志

昭和28年12月16日生

 

昭和57年3月

平成28年7月

 同 29年6月

公認会計士登録

当社入社監査顧問就任

常勤監査役就任(現任)

 

(注)4

監査役

萬場 友章

昭和23年4月14日生

 

昭和51年4月

平成10年6月

弁護士開業

監査役就任(現任)

 

(注)5

 

 

 

 

 

    666

(注)1.監査役 萬場 友章は、社外監査役であります。

   2.取締役川田光太は、代表取締役社長川田一光の長男であります。

3.平成29年3月期に係る定時株主総会の終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
  ます。

4.平成29年3月期に係る定時株主総会の終結の時から平成33年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
  ます。

5.平成28年3月期に係る定時株主総会の終結の時から平成32年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
  ます。

 

6【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの状況】

 ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、中央卸売市場における青果物の卸売という公共性の高い業務を行っており、卸売市場法等の法令に基づき、財務の安全性を確保し、かつ公正な取引を行うことが求められています。このためコーポレート・ガバナンスを重要な課題と認識しております。

 

 ②会社の機関内容及び内部統制システムの整備状況等

 当社の経営上の機関制度につきましては、経営方針等の重要事項に関する意思決定機関及び業務執行の監督機関として取締役会、業務執行機関として代表取締役、監査機関として監査役といった、会社法上で規定されている株式会社の機関制度を基本としております。合わせて、社長・専務・常務・常勤監査役で構成される経営会議(原則月一回開催)や取締役と常勤監査役で構成される役員会(原則週一回開催)といった社長の諮問機関を置くことで、経営効率向上と意思決定の適正化を図っております。

 当社の内部統制システムの整備状況につきましては、業務分掌規程及び職務権限規程において業務執行の役割と権限を明確にし、稟議取扱規程等により適正に業務がなされるような体制を整備しております。また、役職員の法令違反行為の早期発見と是正並びに自浄作用の向上を図る目的で、内部通報制度の整備と運用を行っております。

 内部監査につきましては、社長直属の業務監査室(室長及び専従スタッフの計5名)が中心となり、業務監査規程に基づいて定期的に内部監査を実施しております。また、同規程により社長の諮問機関として設置された業務監査委員会において、内部監査報告に基づく業務改善の方策について審議すると共に、業務改善等に関する情報を共有することで、業務の適正化を図っております。

 監査役監査につきましては、常勤監査役2名と社外監査役1名の3名体制で実施しております。監査役は、取締役会や経営に係る会議に参加し、意思決定に係る書類を査閲することにより取締役の職務の執行を監査しております。

 また、監査役は監査法人及び業務監査室と適宜情報を交換し相互に連携を行い、適切な業務執行の確保に努めております。なお、常勤監査役菅原隆志は、公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

 子会社の業務の適正を確保するための体制整備につきましては、当社取締役が子会社の監査役に就任し、各子会社の取締役会等に出席することで、業務執行状況を監査しております。また、子会社の代表取締役等が当社の定例役員会に出席し、経営状況及び重要事項についての報告を行っております。

 

 ③会計監査の状況

指定有限責任社員

   業務執行社員     鳥羽正浩、大野祐平

   所属する監査法人名  新日本有限責任監査法人

※なお、継続監査年数については7年を超える者がいないため、記載を省略しておりま

 す。

   補助者の構成     公認会計士 7名

              その他   18名

              ※その他は、公認会計士試験合格者などであります。

 ④社外取締役及び社外監査役との関係

社外取締役は選任しておりません。また、社外監査役は1名であり、当社の取引等に係る利害関係はありません。

 ⑤役員報酬等の内容

当事業年度における当社の取締役及び監査役に対する報酬等の内容は以下のとおりであります。

取締役の報酬等     206百万円

監査役の報酬等      19百万円(うち社外監査役の報酬等 5百万円)

  合計        226百万円

 ⑥取締役の定数

当社の取締役は22名以内とする旨を定款に定めております。

 

 ⑦取締役の選任の決議要件について

 当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。

 

 ⑧取締役の解任決議の決議要件

 当社は、取締役の解任決議は、議決権を行使できる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。

 

 ⑨株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、定款に別段の定めがある場合を除き、議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会の特別決議が必要な場合の定足数の確保をより確実にするためのものであります。

 

 ⑩責任限定契約の内容の概要

 当社は、会社法第427条第1項及び定款の定めに基づき、社外監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外監査役が責任の原因となった職務執行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

 

 ⑪株主総会決議事項を取締役会で決議できることとした事項

 当社は、取締役会の決議をもって、取締役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含む)の当社に対する損害賠償責任を、法令が定める範囲で免除することができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が業務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できる環境を提供する目的で定めております。

 

 

(2)【監査報酬の内容等】

①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

29,950

32,450

連結子会社

29,950

32,450

 

②【その他重要な報酬の内容】

 (前連結会計年度)

   該当事項はありません。

 

 (当連結会計年度)

   該当事項はありません。

 

③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

 (前連結会計年度)

   該当事項はありません。

 

 (当連結会計年度)
   該当事項はありません。

 

④【監査報酬の決定方針】

   該当事項はありませんが、監査日程等を勘案した上で決定しております。

 

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人により監査を受けております。

 

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

  当社は、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応するために、監査法人や専門的情報を有する団体等が主催する研修に参加し、連結財務諸表等の適正性の確保に取り組んでおります。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

13,365,793

16,284,899

受取手形及び売掛金

4,600,460

5,139,681

有価証券

1,261,252

230,625

商品

195,181

188,529

貯蔵品

7,377

5,995

前渡金

25,000

30,962

繰延税金資産

153,621

152,387

その他

329,835

351,139

貸倒引当金

20,200

29,008

流動資産合計

19,918,322

22,355,214

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物(純額)

8,050,330

7,800,273

機械装置及び運搬具(純額)

160,844

142,942

工具、器具及び備品(純額)

81,354

73,585

土地

2,653,359

2,653,359

リース資産(純額)

44,042

31,438

建設仮勘定

166,599

有形固定資産合計

※1 11,156,530

※1 10,701,599

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

797,826

666,812

リース資産

13,899

7,617

ソフトウエア仮勘定

163,237

276,134

その他

24,961

49,926

無形固定資産合計

999,924

1,000,490

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※4 6,054,579

※4 6,681,934

長期貸付金

9,145

9,923

繰延税金資産

52,266

47,614

差入保証金

307,504

315,081

長期預金

※3 426,001

※3 26,001

その他

404,950

406,649

貸倒引当金

135,472

127,974

投資その他の資産合計

7,118,973

7,359,231

固定資産合計

19,275,429

19,061,321

資産合計

39,193,751

41,416,536

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

※3 1,757,668

※3 1,794,422

受託販売未払金

※3 1,166,235

※3 1,543,559

短期借入金

829,170

816,680

リース債務

33,924

21,662

未払金

※3 916,059

※3 954,971

未払法人税等

646,989

559,186

未払消費税等

246,251

178,900

繰延税金負債

940

769

賞与引当金

280,529

311,782

役員賞与引当金

37,002

35,347

その他

301,881

295,554

流動負債合計

6,216,652

6,512,835

固定負債

 

 

長期借入金

3,170,830

2,854,150

リース債務

40,510

30,574

繰延税金負債

355,802

439,522

役員退職慰労引当金

465,612

454,299

退職給付に係る負債

1,916,361

1,924,949

その他

881,533

892,408

固定負債合計

6,830,651

6,595,904

負債合計

13,047,304

13,108,740

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

478,000

478,000

資本剰余金

1,768

利益剰余金

24,672,273

26,624,305

株主資本合計

25,152,042

27,102,305

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

994,404

1,205,490

その他の包括利益累計額合計

994,404

1,205,490

純資産合計

26,146,447

28,307,796

負債純資産合計

39,193,751

41,416,536

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

売上高

232,980,918

241,135,256

売上原価

※2 216,028,509

※2 223,619,142

売上総利益

16,952,408

17,516,114

販売費及び一般管理費

 

 

出荷奨励金

1,908,793

1,961,599

完納奨励金

2,143,501

2,232,692

従業員給料

3,822,944

3,840,343

従業員賞与

699,050

727,867

役員退職慰労引当金繰入額

44,034

44,920

賞与引当金繰入額

280,529

310,568

役員賞与引当金繰入額

37,002

35,347

退職給付費用

133,447

131,666

福利厚生費

940,827

857,551

貸倒引当金繰入額

2,047

18,735

減価償却費

362,552

401,725

その他

4,553,293

4,587,393

販売費及び一般管理費合計

14,923,930

15,150,412

営業利益

2,028,477

2,365,701

営業外収益

 

 

受取利息

42,830

34,284

受取配当金

84,711

95,101

不動産賃貸料

1,339,393

1,365,967

その他

147,277

197,269

営業外収益合計

1,614,213

1,692,622

営業外費用

 

 

支払利息

40,588

35,442

不動産賃貸費用

761,644

785,606

その他

17,221

61,390

営業外費用合計

819,455

882,438

経常利益

2,823,236

3,175,885

特別利益

 

 

固定資産売却益

※3 2,318

※3 1,303

受取補償金

※4 56,051

※4 60,499

投資有価証券売却益

58,035

854

特別利益合計

116,405

62,657

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

特別損失

 

 

固定資産除却損

※1 3,716

※1 4,615

投資有価証券評価損

998

ゴルフ会員権評価損

8,450

特別損失合計

4,714

13,065

税金等調整前当期純利益

2,934,927

3,225,477

法人税、住民税及び事業税

969,573

995,042

過年度法人税等

77,487

法人税等調整額

6,356

3,349

法人税等合計

975,929

1,069,180

当期純利益

1,958,997

2,156,297

親会社株主に帰属する当期純利益

1,958,997

2,156,297

 

【連結包括利益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

当期純利益

1,958,997

2,156,297

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

324,125

211,085

その他の包括利益合計

※1,※2 324,125

※1,※2 211,085

包括利益

2,283,122

2,367,382

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

2,283,122

2,367,382

非支配株主に係る包括利益

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

株主資本合計

当期首残高

478,000

1,768

22,856,676

23,336,445

当期変動額

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

143,400

143,400

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

1,958,997

1,958,997

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

当期変動額合計

1,815,597

1,815,597

当期末残高

478,000

1,768

24,672,273

25,152,042

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

665,338

665,338

24,001,783

当期変動額

 

 

 

剰余金の配当

 

 

143,400

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

1,958,997

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

329,066

329,066

329,066

当期変動額合計

329,066

329,066

2,144,664

当期末残高

994,404

994,404

26,146,447

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

株主資本合計

当期首残高

478,000

1,768

24,672,273

25,152,042

当期変動額

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

191,200

191,200

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

2,156,297

2,156,297

連結子会社株式の取得による持分の増減

 

1,768

13,065

14,834

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

当期変動額合計

-

1,768

1,952,032

1,950,263

当期末残高

478,000

-

26,624,305

27,102,305

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

994,404

994,404

26,146,447

当期変動額

 

 

 

剰余金の配当

 

 

191,200

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

2,156,297

連結子会社株式の取得による持分の増減

 

 

14,834

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

211,085

211,085

211,085

当期変動額合計

211,085

211,085

2,161,348

当期末残高

1,205,490

1,205,490

28,307,796

 

④【連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前当期純利益

2,934,927

3,225,477

減価償却費

779,335

818,185

固定資産除売却損益(△は益)

1,398

3,311

賞与引当金の増減額(△は減少)

5,652

31,252

役員賞与引当金の増減額(△は減少)

23,921

1,655

退職給付に係る負債の増減額(△は減少)

18,759

8,588

役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)

29,392

11,313

受取利息及び受取配当金

127,542

129,385

支払利息

40,588

35,442

投資有価証券評価損益(△は益)

998

-

ゴルフ会員権評価損

-

8,450

投資有価証券売却損益(△は益)

58,035

854

受取補償金

56,051

60,499

売上債権の増減額(△は増加)

732,645

539,515

たな卸資産の増減額(△は増加)

22,779

8,812

前渡金の増減額(△は増加)

20,903

5,962

貸倒引当金の増減額(△は減少)

16,237

1,308

仕入債務の増減額(△は減少)

184,633

414,077

未払金の増減額(△は減少)

40,931

135,565

その他の流動資産の増減額(△は増加)

99,890

11,465

その他の流動負債の増減額(△は減少)

82,985

170,242

その他

3,035

21,641

小計

4,346,820

3,781,219

利息及び配当金の受取額

141,815

143,510

利息の支払額

40,488

35,351

補償金の受取額

56,051

60,499

法人税等の支払額

732,531

1,070,748

営業活動によるキャッシュ・フロー

3,771,667

2,879,129

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

定期預金の預入による支出

1,536,042

1,700,022

定期預金の払戻による収入

346,000

1,700,206

貸付けによる支出

11,052

10,788

貸付金の回収による収入

13,103

9,830

投資有価証券の取得による支出

894,646

1,475,780

投資有価証券の売却による収入

110,999

33,354

有価証券の取得による支出

400,000

-

有価証券の償還による収入

400,000

200,000

有形固定資産の取得による支出

335,054

194,218

投資有価証券の償還による収入

-

1,960,326

有形固定資産の売却による収入

3,351

2,481

無形固定資産の取得による支出

160,961

295,732

長期預り保証金の受入による収入

12,609

20,874

差入保証金の差入による支出

49,566

20,678

差入保証金の回収による収入

12,572

13,102

投資その他の資産の増減額(△は増加)

100

1,200

その他

35,347

45,908

投資活動によるキャッシュ・フロー

2,524,133

195,844

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

短期借入金の純増減額(△は減少)

-

100,000

長期借入金の返済による支出

287,002

229,170

配当金の支払額

143,490

190,254

ファイナンス・リース債務の返済による支出

43,253

36,257

財務活動によるキャッシュ・フロー

473,746

555,682

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

773,788

2,519,291

現金及び現金同等物の期首残高

10,934,320

11,708,108

現金及び現金同等物の期末残高

※1 11,708,108

※1 14,227,399

 

【注記事項】
(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

1.連結の範囲に関する事項

(1)連結子会社の数 5

 連結子会社の名称

  東一川崎中央青果株式会社

  東京青果貿易株式会社

  東光商事株式会社

  東一川崎フーズ株式会社

  大田市場ロジスティクスセンター株式会社

(2)主要な非連結子会社の名称

    東光鳥卵有限会社

    株式会社東京青果研修センター

  (連結除外理由)

非連結子会社の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等の合計額はいずれも極めて僅少であり、これらの子会社を連結の範囲から除いても、連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であるため、連結の範囲から除外しております。

2.持分法の適用に関する事項

(1)持分法適用の関連会社数  1

 会社の名称

  東一宇都宮青果株式会社

(2)持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社のうち主要な会社の名称

 東光鳥卵株式会社

 株式会社東京青果研修センター

 大田市場石油株式会社

 有限会社大東京商事

  (持分法を適用しない理由)

持分法を適用していない会社は、それぞれ当期純損益及び利益剰余金(それぞれ持分に見合う額)等の合計額がいずれも極めて僅少であり、これらの非連結子会社及び関連会社を持分法の適用範囲から除いても、連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であるため、持分法を適用しておりません。

3.連結子会社の事業年度等に関する事項

連結子会社の事業年度は当社の事業年度と同一であります。

4.会計方針に関する事項

(1)重要な資産の評価基準及び評価方法

(イ)有価証券

   その他有価証券

時価のあるもの

…決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法により算定)によっております。

時価のないもの

…総平均法に基づく原価法によっております。

(ロ)デリバティブ

  時価法を採用しております。

(ハ)たな卸資産

  商品 先入先出法による原価法によっております。

  貯蔵品 移動平均法による原価法によっております。

なお、たな卸資産の貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定しております。

(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

(イ)有形固定資産(リース資産を除く)

建物及び構築物:

提出会社

…定額法を採用しております。

連結子会社

…平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法によっております。

上記以外の有形固定資産:定率法を採用しております。

耐用年数及び残存価額は主として法人税法の定めと同一の基準によっております。

(ロ)無形固定資産(リース資産を除く)

定額法を採用しております。

なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。

  (ハ)リース資産

所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産

 自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。

所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産

 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。

  (ニ)投資その他の資産

   長期前払費用…定額法を採用しております。

(3)重要な引当金の計上基準

(イ)貸倒引当金

債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については過去の貸倒実績率を勘案した貸倒損失の将来発生見込率により、貸倒懸念債権等については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。

(ロ)賞与引当金

従業員に対する賞与の支払に備えるため、賞与支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しております。

(ハ)役員賞与引当金

役員に対する賞与の支払に備えるため、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上しております。

(ニ)役員退職慰労引当金

役員に対する退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく当連結会計年度末要支給額を計上しております。

(4)退職給付に係る会計処理の方法

当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。

(5)重要な収益及び費用の計上基準

売上高の計上基準

せり売りによる販売については、せり売り時点によっております。

(6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。

(7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

(イ)消費税等の会計処理

消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当連結会計年度の費用として処理しております。

 

 

(会計方針の変更)

(平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)

 法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。

 これによる連結財務諸表に与える影響は軽微であります。

 

(追加情報)

繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用

 「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結会計年度から適用しております。

 

(連結貸借対照表関係)

※1 有形固定資産の減価償却累計額は次のとおりであります。

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

減価償却累計額

6,370,506千円

 

6,865,732千円

 

2 保証債務

 次の債務保証を行っております。

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

大田市場事務棟空調設備共同利用団体

 (リース債務)

 

925,166千円

 

 

 

871,655千円

925,166

 

871,655

 

※3 担保資産及び担保付債務

 担保に供している資産は、次のとおりであります。

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

長期預金

26,001千円

 

26,001千円

26,001

 

26,001

 

 担保付債務は、次のとおりであります。

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

支払手形及び買掛金

271千円

 

523千円

受託販売未払金

4,720

 

5,621

未払金

718

 

1,138

5,710

 

7,284

 

※4 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

投資有価証券(株式)

392,299千円

 

404,081千円

392,299

 

404,081

 

 

5 総合設立型厚生年金基金に係る偶発債務
 前連結会計年度(平成28年3月31日)

 当社及び連結子会社が加入している総合設立型厚生年金基金制度の全国中央市場青果卸売厚生年金基金は、平成28

年3月22日に国より解散の認可が下り、清算事務を開始いたしました。約2年後の平成30年9月頃に基金事務所を閉

鎖する予定でおります。今現在における当該解散による損失の発生見込はありません。

 なお、全国中央市場青果卸売厚生年金基金の積立状況は次のとおりであります。

 

(1)制度全体の積立状況に関する事項

 

平成27年3月31日現在

 年金資産の額

 

 

31,488,682千円

 年金財政計算上の数理債務の額と最低

 責任準備金の額との合計額

 

 

30,327,953

  差引額

 

 

  1,160,729

 

(2)制度全体に占める当社及び連結子会社の加入人員数割合(平成28年3月31日現在)

                                                7.92%

 当連結会計年度(平成29年3月31日)

 当社及び連結子会社が加入している総合設立型厚生年金基金制度の全国中央市場青果卸売厚生年金基金は、平成28

年3月22日に国より解散の認可が下り、当連結会計年度末現在精算手続き中であります。約1年後の平成30年9月頃

に基金事務所を閉鎖する予定でおります。今現在における当該解散による損失の発生見込はありません。

 なお、全国中央市場青果卸売厚生年金基金の積立状況につきましては、上記のとおり解散済みであることから、記

載を省略しております。

 

 

(連結損益計算書関係)

※1 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

至 平成29年3月31日)

建物及び構築物

3,015千円

 

655千円

機械装置及び運搬具

11

 

23

工具、器具及び備品

689

 

195

ソフトウエア

 

3,740

           計

3,716

 

4,615

 

 

※2 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下げ後の金額であり、売上原価に含まれているたな卸資産評価損は次のとおりであります。

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

  至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

  至 平成29年3月31日)

1,006千円

1,939千円

 

※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

機械装置及び運搬具

2,318千円

 

1,303千円

        計

2,318

 

1,303

 

 

 ※4 東日本大震災に伴う福島第1原子力発電所事故による政府の食品出荷制限指示等によって発生した当社グループへの損害に対する東京電力株式会社からの損害賠償金であります。

 

 

(連結包括利益計算書関係)

※1 その他の包括利益に係る組替調整額

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

至 平成29年3月31日)

その他有価証券評価差額金:

  当期発生額           509,213千円

  組替調整額           △58,035

  税効果調整前合計        451,178

  税効果額               △127,052

その他包括利益合計            324,125

 

 

           303,062千円

                      - 

                  303,062

                 △91,976

           211,085

 

※2 その他の包括利益に係る税効果額

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

至 平成29年3月31日)

その他有価証券評価差額金:

  税効果調整前          451,178千円

  税効果額           127,052

  税効果調整後                324,125

その他包括利益合計

  税効果調整前           451,178千円

  税効果額               △127,052

  税効果調整後                 324,125

 

 

 

 

                  303,062千円

                 △91,976

          211,085

 

                  303,062千円

                 △91,976

          211,085

 

 

 

 

 

 

(連結株主資本等変動計算書関係)

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

1.発行済株式に関する事項

 

当連結会計年度期首株式数(千株)

当連結会計年度増加株式数(千株)

当連結会計年度減少株式数(千株)

当連結会計年度末株式数(千株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式

9,560

9,560

合計

9,560

9,560

 

2.自己株式に関する事項

   該当事項はありません。

 

     3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
        該当事項はありません。

4.配当に関する事項

(1)配当金支払額

(決議)

株式の種類

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

基準日

効力発生日

平成27年6月9日

定時株主総会

普通株式

143,400

    15.00円

平成27年3月31日

平成27年6月10日

 

(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

(決議)

株式の種類

配当金の総額

(千円)

配当の原資

1株当たり配当額

基準日

効力発生日

平成28年6月7日

定時株主総会

普通株式

191,200

利益剰余金

20.00円

平成28年3月31日

平成28年6月8日

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

1.発行済株式に関する事項

 

当連結会計年度期首株式数(千株)

当連結会計年度増加株式数(千株)

当連結会計年度減少株式数(千株)

当連結会計年度末株式数(千株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式

9,560

9,560

合計

9,560

9,560

 

2.自己株式に関する事項

   該当事項はありません。

 

     3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
        該当事項はありません。

4.配当に関する事項

(1)配当金支払額

(決議)

株式の種類

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

基準日

効力発生日

平成28年6月7日

定時株主総会

普通株式

191,200

   20.00 円

平成28年3月31日

平成28年6月8日

 

(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

(決議)

株式の種類

配当金の総額

(千円)

配当の原資

1株当たり配当額

基準日

効力発生日

平成29年6月6日

定時株主総会

普通株式

215,100

利益剰余金

22.50円

平成29年3月31日

平成29年6月7日

 

(連結キャッシュ・フロー計算書関係)

※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおりであり

      ます。

 

 

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

現金及び預金勘定

13,365,793

千円

16,284,899

千円

有価証券勘定

1,261,252

 

230,625

 

   計

14,627,045

 

16,515,525

 

預入期間が3ヶ月を超える定期預金

△1,657,684

 

△2,057,500

 

取得日から償還日までの期間が3ヶ月を超える債券等

 

△1,261,252

 

 

△230,625

 

現金及び現金同等物

11,708,108

 

14,227,399

 

 

2.重要な非資金取引の内容

  前連結会計年度(自 平成27年4月1日  至 平成28年3月31日)

     該当事項はありません。

 

  当連結会計年度(自 平成28年4月1日  至 平成29年3月31日)

   該当事項はありません。

(リース取引関係)

(借主側)

1.ファイナンス・リース取引

(1)所有権移転ファイナンス・リース取引

①  リース資産の内容

(ア)有形固定資産

車両運搬具であります。

(イ)無形固定資産

ソフトウエアであります。

②  リース資産の減価償却の方法

連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項  (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。

(2)所有権移転外ファイナンス・リース取引

①  リース資産の内容

(ア)有形固定資産

器具備品であります。

(イ)無形固定資産

ソフトウエアであります。

②  リース資産の減価償却の方法

連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項  (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。

 

 2.オペレーティング・リース取引

  オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

1年内

80,052

77,009

1年超

301,348

227,086

合計

381,400

304,096

 

(貸主側)

 1.オペレーティング・リース取引

  オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

1年内

15,998

15,998

1年超

37,329

21,331

合計

53,328

37,329

 

 

(金融商品関係)

1.金融商品の状況に関する事項

(1)金融商品に対する取組方針

当社グループは、資金運用については定期預金等及び安全性の高い債券に限定して運用しております。

(2)金融商品の内容及びそのリスク並びに金融商品に係るリスク管理体制

受取手形及び売掛金は、主に卸売代金債権であり、その大部分については、当社グループの卸売販売顧客である仲卸業者及び売買参加者が各々組織する組合が、その組合員である当該買受人の支払債務を保証のうえ代払を行なう仕組みである「代払制度」により、売掛金回収リスクの低減が図られております。組合の構成員以外の顧客については、信用状況を確認した上で取引を行なっております。

有価証券及び投資有価証券は、安全性の高い債券及び業務上関係のある企業の株式等であり、上場株式については半期ごとに時価の把握を行なっております。

支払手形及び買掛金は、全て1年以内の支払期日となっております。短期借入金は、短期的な運転資金の確保のため借り入れたものであります。長期借入金は、主に連結子会社における設備投資(荷捌施設等の建設)のために借り入れたものであり、償還日は最長で決算日後約12年であります。

(3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。

 

2.金融商品の時価等に関する事項

連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、含まれておりません。((注)2.参照)

 

    前連結会計年度(平成28年3月31日)                     (単位:千円)

 

 連結貸借対照表計上額(※)

 時  価(※)

   差  額

①現金及び預金

13,365,793

13,365,793

②受取手形及び売掛金

4,600,460

4,600,460

③有価証券

1,261,252

1,261,252

④投資有価証券