マックスバリュ北海道株式会社 - 0105310_honbun_0221200103003.htm

マックスバリュ北海道株式会社がEDINETに提出した「0105310_honbun_0221200103003.htm」です。

独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書

 

 

 

平成30年5月15日

マックスバリュ北海道株式会社

取 締 役 会   御 中

有限責任監査法人 トーマツ

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士  松  村  浩  司  ㊞

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士  香  川     順  ㊞

 

 

<財務諸表監査>

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられているマックスバリュ北海道株式会社の平成29年3月1日から平成30年2月28日までの第57期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。

 

財務諸表に対する経営者の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。

監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。

当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

 

監査意見

当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、マックスバリュ北海道株式会社の平成30年2月28日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

 

<内部統制監査>

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、マックスバリュ北海道株式会社の平成30年2月28日現在の内部統制報告書について監査を行った。

 

内部統制報告書に対する経営者の責任

経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。

なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性がある。

 

監査人の責任

当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施することを求めている。

内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。

当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

 

監査意見

当監査法人は、マックスバリュ北海道株式会社が平成30年2月28日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

 

利害関係

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

 

以 上

 

 

※1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

 

 

E03250-000 2018-05-21

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

北海道財務局長

【提出日】

平成30年5月21日

【事業年度】

第57期(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

【会社名】

マックスバリュ北海道株式会社

【英訳名】

MAXVALU HOKKAIDO Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  出 戸 信 成

【本店の所在の場所】

札幌市中央区北8条西21丁目1番10号

【電話番号】

011(631)1358(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役経営管理本部長  石 橋 孝 浩

【最寄りの連絡場所】

札幌市中央区北8条西21丁目1番10号

【電話番号】

011(631)1358(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役経営管理本部長  石 橋 孝 浩

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E03250 74650 マックスバリュ北海道株式会社 MAXVALU HOKKAIDO Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false cte 2017-03-01 2018-02-28 FY 2018-02-28 2016-03-01 2017-02-28 2017-02-28 1 false false false E03250-000 2018-05-21 E03250-000 2013-03-01 2014-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2014-03-01 2015-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2015-03-01 2016-02-29 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2014-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2015-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E03250-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E03250-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E03250-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E03250-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E03250-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E03250-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E03250-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E03250-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E03250-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E03250-000 2018-02-28 E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-02-28 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-02-29 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03250-000 2018-02-28 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第53期

第54期

第55期

第56期

第57期

決算年月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

平成30年2月

売上高

(百万円)

89,037

95,238

108,141

121,460

124,166

経常利益

(百万円)

1,371

1,595

1,219

1,309

1,222

当期純利益

(百万円)

378

428

523

403

492

持分法を適用した場合の投資損失(△)

(百万円)

255

資本金

(百万円)

1,176

1,176

1,176

1,176

1,176

発行済株式総数

(株)

6,941,350

6,941,350

6,941,350

6,941,350

6,941,350

純資産額

(百万円)

7,136

7,547

8,318

8,662

9,027

総資産額

(百万円)

25,152

27,140

31,598

32,452

35,930

1株当たり純資産額

(円)

1,040.89

1,099.31

1,198.64

1,245.68

1,296.52

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

10.00

12.00

15.00

17.00

20.00

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

1株当たり
当期純利益金額

(円)

55.37

62.64

76.12

58.48

71.37

潜在株式調整後
1株当たり
当期純利益金額

(円)

55.26

62.48

75.89

58.26

71.05

自己資本比率

(%)

28.3

27.7

26.2

26.5

24.9

自己資本利益率

(%)

5.5

5.9

6.6

4.8

5.6

株価収益率

(倍)

33.8

46.8

36.8

51.8

54.6

配当性向

(%)

18.1

19.2

19.7

29.1

28.0

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,611

4,443

37

2,486

2,088

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,490

846

3,064

2,858

3,815

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

2,832

2,208

1,459

612

1,713

現金及び現金同等物の
期末残高

(百万円)

621

2,009

455

696

682

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(名)

727

769

1,030

1,072

1,120

3,105)

3,146)

3,749)

3,709)

3,680)

 

 

(注) 1 売上高には消費税等は含まれておりません。

2 持分法を適用した場合の投資利益については、第53期は関連会社株式を平成25年12月3日に取得しておりますが、みなし取得日が事業年度末のため、第55期は関連会社の全株式を売却したため、また、第56期及び第57期は関連会社がないため記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

 

年月

事項

昭和36年3月

生鮮食料品の小売業を目的として、札幌市北区において、「株式会社札幌フードセンター」(現 当社)を設立(資本金750万円)。

昭和36年8月

札幌市北区にスーパーマーケット第1号店の「北店」を開設。

昭和61年3月

札幌市中央区に商品本部を移転。

平成元年1月

北店にPOSシステム導入。以後全店に漸次導入。

平成5年9月

ジャスコ株式会社(現 イオン株式会社)との業務及び資本提携。

平成7年10月

日本証券業協会(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を店頭登録。

平成12年10月

北海道ジャスコ株式会社と合併、商号を「マックスバリュ北海道株式会社」とするとともに増資、資本金1,176百万円となる。また、本店の住所を札幌市中央区に移す。

平成14年4月

24時間営業を開始。(「マックスバリュ八軒店」)

平成15年2月

イオン株式会社が当社株式の公開買付けを実施。イオン株式会社の連結子会社に。

平成15年2月

株式会社王子サービスセンター苫小牧地区の5店舗の営業譲受。

平成15年4月

環境マネジメントシステム国際規格ISO14001の認証取得。

平成20年3月

電子マネー「WAON(ワオン)」の取扱いを開始。

平成20年4月

株式会社ジョイと合併。

平成22年2月

新業態「ザ・ビッグ エクスプレス平岸店」をオープン。

平成25年12月

株式会社いちまるとの業務及び資本提携。

平成27年9月

営業譲受により株式会社ダイエーの店舗を7店舗承継。

平成27年10月

営業譲受により株式会社いちまるの店舗を14店舗承継。

 

 

 

 

3 【事業の内容】

 

当社は、親会社イオン株式会社を中心とする企業集団イオングループの中で、スーパーマーケット事業を営む企業群の中に位置づけられており、チェーンストアーとして北海道地区において、食料品・日用雑貨品の販売を主力とした小売業を営んでおります。

当社は、親会社イオン株式会社と同社が保有する商標等の使用に対するブランドロイヤルティ契約を締結しております。イオングループ各社から、PB商品であるトップバリュ商品をはじめとする商品の一部供給、イオンカードやWAONカード等のクレジット回収業務の委託、店舗不動産の賃貸借、店舗内ATM設置に伴う賃貸、店舗維持管理および店舗資材の供給、自動販売機の業務委託、物流業務や事務処理の業務委託等の取引を行っております。

当社が展開する店舗は、「マックスバリュ」等の食品スーパーマーケットおよび「ザ・ビッグ」等のディスカウントストアの二つの業態に大別されます。食品スーパーマーケットは、「便利」「安い」をコンセプトに、日常の必要な食料品・家庭用品を中心とした品揃えで、ディスカウントストアに比べて長時間営業(一部の店舗は24時間営業)を行っていることが特徴です。ディスカウントストアは、「買えば買うほど安さがわかる」をコンセプトに、低価格を実現するため、日常の生活に必要な食料品・家庭用品を中心に食品スーパーマーケットに比べアイテム数を絞り込んだ品揃えや大量陳列、均一価格の設定などの販売方法を行っていることが特徴です。食品スーパーマーケットでは旧屋号での営業店舗が一部あり、当事業年度末の営業状況は下記となります。

(1)食品スーパーマーケット

マックスバリュ(55店舗)、マックスバリュエクスプレス(3店舗)、札幌フードセンター(4店舗)、フードセンター(1店舗)、ジョイ(3店舗)、プライスマート(1店舗)、いちまる(4店舗)の計71店舗。

(2)ディスカウントストア

ザ・ビッグ(13店舗)、ザ・ビッグエクスプレス(5店舗)の計18店舗

合計89店舗

 

 

これらの事業に係る系統図は、次のとおりであります。

 


 

4 【関係会社の状況】

親会社

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の所有
(被所有)割合
(%)

関係内容

イオン株式会社

千葉市美浜区

220,007

純粋持株会社

(64.93)

〔7.20〕

ロイヤルティ契約

 

 

(注) 1 有価証券報告書の提出会社であります。

2 議決権の被所有割合の〔 〕内は、間接所有によるもので内数で記載しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

平成30年2月28日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

1,120(3,680)

38.1

11.1

4,368

 

 

(注) 1 従業員は就業人員であります。臨時従業員数は( )内に年間の平均人数(1日8時間換算)を外数で記載しております。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 当社は、食料品及び日用雑貨品を主に販売するスーパーマーケット事業及びその付随業務の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

4 従業員数には、派遣出向者6人を含まず、受入出向者11人を含んでおります。

 

(2) 労働組合の状況

当社の労働組合は、昭和48年2月1日に結成された札幌フードセンター労働組合を平成12年10月1日マックスバリュ北海道労働組合に改称、労使関係は良好に推移しております。

なお、平成30年2月28日現在の組合員数は4,940名(従業員数882名、パートタイマー4,058名)であります。

第2 【事業の状況】

 

1 【業績等の概要】

(1) 業績

当事業年度における経営環境は、企業収益や雇用環境の改善が続き、緩やかな景気回復の傾向がみられるものの、海外経済の不確実性等の影響により先行きはなお不透明な状況にあります。当社の属する北海道のスーパーマーケット業界では、お客さまの生活防衛意識が依然高く、節約・低価格志向が継続するとともに、人口減少によるマーケットの縮小や業態を超えた競争はより一層激しさを増し、厳しい経営環境が続いております。このような環境の下、当社は「基本の徹底と変化への対応」をスローガンに掲げ、変化するお客さまニーズに対応した品揃え、売場づくり、サービスの提供を行い商圏シェアの拡大に取り組んでおります。

商圏シェアの拡大では、3店舗の新規出店と9店舗の大型改装を実施いたしました。新規出店では、7月に札幌市への出店は4年ぶりとなる「マックスバリュ北40条店」、10月に「マックスバリュ新発寒店」を最新のフラッグシップ店舗として開店いたしました。また、11月には、旭川市に2店舗目となるディスカウント店舗の「ザ・ビッグ緑が丘店」を開店いたしました

北海道で最大の都市である札幌市への出店については都市型のライフスタイルに対応した「簡単・便利・即食」をコンセプトとして焼き立てパン、揚げ物、弁当、寿司、サラダ、デザート、冷凍食品、生鮮食品の調理済み商品や健康を意識した特定保健用食品等の品揃えを充実させるとともに、医薬品売場も併設いたしました。また、生鮮作業室の見える化を行い、商品化している工程を見て感じていただき、安心してお買い求めいただけるようにいたしました。さらに、お買上商品を食しながらおくつろぎいただけるスペースを設置し、多くのお客さまに憩いの場としてご利用いただいております。北海道第2の都市である旭川市に出店のディスカウント店舗は、節約志向に対応し、毎日の食生活に必要な商品をお値打ち価格でご提供することをコンセプトに、買い回りしやすい売場にいたしました。

大型改装店につきましては、老朽化した設備を入替するとともに、商圏特性に合わせた品揃えと売場づくりを行いました。新店舗と大型改装店舗は、いずれも早期軌道化を目指し、お客さまの期待にお応えできる売場づくりに努めてまいります。

商品・営業面では、お客さまの節約・低価格志向にお応えすべく購買頻度の高い商品の価格訴求を行ってまいりました。具体的には毎週実施の「火曜市」「水・木曜市」の曜日市に「日曜大市」を加えて販売強化を行いました。また、毎月恒例となっております「お客さま感謝デー」「わくわくデー」等の販売強化や低価格でご提供する販促企画「安い値!」では、特に野菜の販売強化を実施いたしました。これらの施策が奏功し買上点数増加による客単価の向上に結び付きました。

 販売促進では、「WAON POINTカード」の利用率が増加傾向にあり、固定客づくりに結び付いていると考えております。また、マックスバリュ店舗では、取り組みから3年目となる旬の食材をおすすめする「イチオシ商品」企画において北海道産のミニトマト、長いも、メークインや北海道近海で水揚げされた真たら、生かき、たこ等を「楽はやっ!クッキング」と題して調理方法を売場、テレビ番組、ホームページと連動した情報提供に取り組み、お客さまからご好評をいただいております

 コンプライアンスの取り組みでは、食品表示の厳格化、衛生管理、労務管理、防災管理に係る内容を重点実施項目として、毎月の店長会議や、商品部員会議、売場担当者会議を通じての教育機会を増やすことで個人のスキルアップと組織体制の基盤固めに努めてまいりました

 これらの取り組みにより、売上高は前期比102.2%、客数は同98.7%、客単価は同103.6%となりました。既存店売上高は前期比102.2%となり、平成22年9月から消費税増税による駆け込み需要で影響のあった平成27年3月を除き、7年5カ月にわたり前年同月を上回る結果となりました。販売費及び一般管理費では、将来を見越した新入社員の採用や人時単価の上昇による人件費の増加、新店および改装投資費用、「WAON POINTカード」関連費用、電気代の増加等により前期比103.8%となりました。

 以上の結果、当事業年度の業績は、営業収益1,259億51百万円(前年同期比102.2%)、営業利益12億23百万円(前年同期比95.0%)、経常利益12億22百万円(前年同期比93.4%)、また、特別損失として減損損失の計上等により、当期純利益は4億92百万円(前期比122.1%)となりました。

 

 

 

(商品グループ別売上高状況)

農産、水産、畜産、サービスデリ(惣菜)の各生鮮食品グループにおいては、野菜の不安定な相場変動や北海道近海で漁獲されるイカ、鮭、さんま等旬の生鮮魚の記録的な不漁、アニサキスやO157の食中毒報道による買い控え等マイナス要素が続く中、変化するお客さまニーズに対応した品揃えや地域のニーズに対応した品揃えの強化に取り組みました。具体的には、購買頻度の高い商品を低価格でご提供し、鶏肉、豚肉、塩干物などが好調に推移しました。また、中食化傾向の高まり等から揚げ物・焼き物のホットデリカ、生野菜のサラダ、洋惣菜などの即食性の高い商品が好調でした。地域のニーズに対応した品揃えの強化につきましては、重点地域にエリア商品部を設置し、商圏特性に合わせた品揃えを実施してまいりました。地元で収穫された野菜の取り扱い拡大や店舗近郊漁港からの生鮮魚、地場加工の塩干物等の仕入れ拡大により対象店舗で品揃えの幅と鮮度向上に寄与し大きな効果を得ております。これらの取り組みの結果、厳しい外部環境の中、前期比改善を果たすことができました。

デイリー(日配)、グロサリー(加工)グループでは、調理に手間の掛からない、無駄の少ない商品に対するニーズの高まりにより、冷凍食品、チルド加工品等が好調であるとともに、特定保健用食品の飲料や機能性表示食品のヨーグルト等の品揃えを充実させることにより好調に推移しプラス要因となりました。また、相場高が続くお米についても、北海道産米を中心にした販売強化が奏功し好調に推移しました。

家庭用品グループでは健康食品、ペット関連商品が好調に推移し、売上拡大につながりました

 

(2) キャッシュ・フローの状況

当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前事業年度末に比べ13百万円減少し、6億82百万円となりました。

当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は前事業年度に比べて3億98百万円減少し、20億88百万円となりました。

収入の主な内訳は、減価償却費15億55百万円、税引前当期純利益8億11百万円であり、支出の主な内訳は、法人税等の支払額4億3百万円であります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は前事業年度に比べて9億56百万円増加し、38億15百万円となりました。

収入の主な内訳は、有形固定資産の売却による収入2億61百万円、建設協力金の回収による収入2億47百万円であり、支出の主な内訳は、有形固定資産の取得による支出39億39百万円であります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果得られた資金は前事業年度に比べて11億1百万円増加し、17億13百万円となりました。

収入の主な内訳は、短期借入金の増加額36億14百万円、支出の主な内訳は、長期借入金の返済による支出17億34百万円であります。

 

 

2 【仕入及び販売の状況】

(1) 仕入実績

当社は、食料品及び日用雑貨品を主に販売するスーパーマーケット事業及びその付随業務の単一セグメントであるため、「仕入及び販売の状況」については、商品グループ別に記載しております。

 商品グループ別仕入状況

商品グループ名

当事業年度

(自 平成29年3月1日

至 平成30年2月28日)

(百万円)

構成比(%)

前年同期比(%)

農産

14,224

14.7

100.9

水産

7,646

7.9

102.3

畜産

9,079

9.4

106.8

サービスデリ(惣菜)

6,823

7.0

101.1

デイリー(日配)

21,874

22.5

103.2

グロサリー(加工)

33,227

34.2

101.2

インストアベーカリー

620

0.6

102.0

食 品 計

93,496

96.3

102.2

家庭用品

3,231

3.4

100.4

衣料品

214

0.2

86.7

その他

116

0.1

105.2

非 食 品 計

3,562

3.7

99.6

合  計

97,059

100.0

102.1

 

 

(注) 1 その他は、催事等であります。

2 金額は仕入価格で表示しております。

3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 販売実績

① 商品グループ別売上高状況

商品グループ名

当事業年度

(自 平成29年3月1日

至 平成30年2月28日)

(百万円)

構成比(%)

前年同期比(%)

農産

16,385

13.2

100.2

水産

9,612

7.7

101.4

畜産

12,030

9.7

106.4

サービスデリ(惣菜)

10,461

8.4

101.5

デイリー(日配)

29,041

23.4

102.9

グロサリー(加工)

40,750

32.8

102.1

インストアベーカリー

1,200

1.0

99.1

食 品 計

119,481

96.2

102.3

家庭用品

4,204

3.4

100.6

衣料品

336

0.3

92.8

その他

144

0.1

105.8

非 食 品 計

4,685

3.8

100.2

合  計

124,166

100.0

102.2

 

 

(注) 1 上記金額は、商品グループ別直営売上高であり営業収入は含まれておりません。

2 その他は、催事等であります。

3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

② 地域別売上高状況

地域別

当事業年度

(自 平成29年3月1日

至 平成30年2月28日)

前年同期比(%)

売上高(百万円)

構成比率(%)

石狩振興局   
 マックスバリュマルヤマクラス店(札幌市)
 他43店舗

62,973

50.7

102.2

胆振総合振興局
 マックスバリュ新花園店(苫小牧市)
 他7店舗

10,507

8.5

101.5

上川総合振興局
 ザ・ビッグ宮前通店(旭川市)
 他3店舗

6,569

5.3

114.2

留萌振興局
 マックスバリュ留萌店(留萌市)
 1店舗

1,475

1.2

98.0

釧路総合振興局
 ザ・ビッグ文苑店(釧路市)
 他3店舗

7,854

6.3

103.2

後志総合振興局
 マックスバリュ手宮店(小樽市)
 他3店舗

6,429

5.2

99.8

空知総合振興局
 マックスバリュ滝川店(滝川市)
 他7店舗

11,463

9.2

101.0

日高振興局
 マックスバリュ静内店(新ひだか町)
 他1店舗

2,790

2.2

108.1

渡島総合振興局
 マックスバリュ石川店(函館市)
 他5店舗

5,902

4.8

102.3

十勝総合振興局
 マックスバリュ稲田店(帯広市)
 他12店舗

8,199

6.6

96.7

合計

124,166

100.0

102.2

 

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

③ 単位当たり売上高

項目

当事業年度

(自 平成29年3月1日

至 平成30年2月28日)

前年同期比(%)

売上高

124,166百万円

102.2

売場面積(平均)
1㎡当たり売上高

155,539㎡

798千円

 

102.3

従業員数(平均)
1人当たり売上高

4,806人

25,835千円

 

101.7

 

 

(注) 1 売場面積(平均)は、「大規模小売店舗立地法」に基づく面積であり、稼動月数により算出しております。

2 従業員数(平均)には、臨時従業員(1日8時間換算期中平均人数)を含んでおります。

3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

4 1㎡当たり売上高及び1人当たり売上高については、千円単位で表示しております。

 

④ 主要顧客別売上状況

該当事項はありません。

 

 

3 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1)会社の経営の基本方針

 当社は、『お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する』というイオンの不変の基本理念と行動指針である『イオン行動規範宣言』を通じて、地域の豊かな生活の発展に寄与し、地域の一員としてより多くのお客さまへ真に価値ある商品とサービスで、より質の高い満足に的確にお応えしてまいりました。今後ともより一層、経営基盤の強化を目指すとともに、コンプライアンスを重視した事業活動を行ってまいります。

 

(2)目標とする経営指標

目標とする経営指標としましては、売上高営業利益率の他、経常ROA(総資産経常利益率)ならびに経常ROE(自己資本経常利益率)を効率分析の重要指標として位置づけております。

今後さらに重要指標の向上に向け、収益構造の一層の強化を図るとともに、商品回転率の向上による在庫効率の改善など重点課題を明確にして取り組んでまいります。

 

(3)中長期的な会社の経営戦略

 当社は、地域毎により多くのお客さまへ真に価値ある商品とサービスで、より質の高い満足を提供することを経営理念とし、どこよりもお客さまに満足をしていただけるエリア№1の企業を目指してまいります。「成長戦略」では、新規出店に加え、立地特性に合わせた既存店舗の活性化に積極的に取り組みます。「商品・営業戦略」では、地域への対応を徹底強化するとともにお客さまのニーズの変化に対応してまいります。「人事・教育戦略」では、全員参画の自立的な組織風土づくりを推進するとともに、教育体制についても強化してまいります。

以上のような取り組みに加え、イオングループのグループシナジーの最大発揮により、収益構造の変革にスピードを上げて取り組んでまいります。

 

(4)会社の対処すべき課題

当社の属する北海道のスーパーマーケット業界では、業態を超えた競争は一層激しさを増し、低価格志向が継続するとともに全国に先駆けて進む人口減少、高齢化の進行等厳しい経営環境が続くものと思われます。このような経営環境の下、当社は経営基盤の強化を行いつつ、成長軌道をより確かなものとすべく改革の推進を実践し中長期的な成長を目指してまいります。

 

①成長戦略

成長戦略に欠かすことのできない新店開発を計画的に進めてまいります。具体的には札幌市およびその近郊の道央圏を主とし道北、道南、道東の既存ドミナントエリアへの新規出店計画を進めてまいります。また、既存店舗の活性化を継続的に行い、売場づくりの見直しによる営業力の強化を図ってまいります。ザ・ビッグ業態もさらに進化したモデル作りに取り組んでまいります。平成30年度は札幌市に2店舗の新規出店を計画しており、この2店舗では、都市型のモデル店舗としてあるべき品揃え、売場配置等を進化させ、地域に密着した店舗経営を実践し、早期軌道化と収益化が図れるよう努めてまいります

 

②商品・営業戦略

引き続き「良い品をより安く」を追求し、購買頻度の高い商品を中心とした販売強化はもとより、多様化するお客さまニーズへのきめ細かい対応や立地、商圏特性に合わせた店舗タイプ別品揃えの改善を行ってまいります。例えば、高齢化、単身世帯、働く女性の増加、といった社会情勢の変化に対して「簡単・便利」な商品や「食の作らない化」へ対応した中食関連商品の品揃えの拡充を継続実施するとともに健康志向の高まりに対する商品の品揃えにも対応してまいります。また、商品力強化への取り組みとしてとりわけ野菜や生鮮魚の鮮度改善に向けた取り組みも進めてまいります。店舗に近い産地や漁港からの仕入れを実現するためにエリア商品部機能を増強してまいりましたが、さらに鮮度の改善に努めてまいります。加えて、深刻な人手不足への対応も避けられない状況になってまいりました。ご提供する商品の品質やサービスレベルを落とすことなく、店舗における作業改善を図ってまいります。具体的には、情報システムへの投資による自動発注システムの対象商品の拡大や、お支払いセルフレジの導入により、レジ待ち時間の短縮につなげてまいります。また、店舗外製造の可能な商品については順次、移行をすすめ品揃えの改善につなげてまいります

 

③人事・教育戦略

 将来を見据えた活力ある人材育成への取り組みを進めるため、教育機会の拡大を進めてまいります。従業員教育については職位別、資格別に実施し、特に実務教育の充実に力を注いでまいります。さらに従業員の倫理意識を高める行動規範教育も実施してまいります。また、ダイバーシティ(多様性)を推進し、女性が働きやすく活躍できる会社の実現を目指し、女性管理職の育成・登用についても積極的に取り組んでまいります。さらにフレンド社員(パートタイマー)で構成するマイストア委員会による改善活動を活発化し、魅力ある売場づくりの実現や働き甲斐のある企業風土の醸成を目指してまいります。

 

④リスクへの対応

 継続的な事業の展開をしていくために内部統制の充実と事業リスクへの対応が必要不可欠です。コンプライアンスの徹底やリスク管理を含めた内部統制の強化を図るためコンプライアンス教育、内部監査、リスクマネジメント体制の強化などを推進してまいります。

 

 

4 【事業等のリスク】

当社の事業展開およびその他に関するリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項は、以下のとおりであります。また、必ずしも、そのようなリスク要因と考えていない事項につきましても、投資者の判断上、重要であると考えられる事項については、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。

なお、当社は、これらのリスクの存在を認識した上で、発生の回避および発生した場合の対応に努める方針であります。また、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社が判断したものであります。

 

①競争の激化のリスク

当社は、店舗網拡大による新規出店や既存店舗の商圏内では同業他社と競合状況にあります。また、売場面積1,000㎡未満店舗においては、法規制等が少なく新規出店がしやすい状況となっております。今後、当社店舗の商圏内に新規の競合店舗が参入した場合や異業種より食品販売の新規参入等があった場合、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

②法的規制によるリスク

当社は、「大規模小売店舗立地法」、「独占禁止法」、「下請法」、「景品表示法」、「食品衛生法」および「労働基準法」等の法的規制を受けております。そのため当社は、企業内における個人の行動指針としてイオングループで定める「イオン行動規範」を基に各法律の内容の理解のための教育を実施し、コンプライアンスの向上につとめておりますが、これらの規則に違反した事態が生じた場合は、行政処分を科せられるとともに顧客の信頼を失い、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

③不動産価格の変動に伴うリスク

当社が店舗を新設する場合の不動産の形態は、土地を賃借して当社が建物を建築する場合、賃貸人が建物を建築して当社が当該建物を賃借する場合、土地および建物を当社が所有する場合があります。いずれの場合においても、地価が上昇したときは不動産コストが上昇することになり、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。また、建設業界における慢性的な人材不足がみられるとともに、建築資材の上昇により、建築コストの上昇や工期の長期化が発生する場合があり、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

④食品の安全性のリスク

近年、食品業界において、牛肉等の産地偽装、異物混入、高病原性鶏インフルエンザやノロウイルスの発生、アレルギー物質誤表示等、多くの問題が発生しております。多数のお客さまに食品を提供している当社にとって、重要な問題であると認識しております。当社では、仕入商品の産地情報の収集、抜き取り検査による商品の安全性の確認等、また、食品表示や衛生管理の社内教育を行うことにより、商品管理体制の強化を図っておりますが、予期せぬ事故が発生した場合は社会的信用低下を招き、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑤人材雇用に関するリスク

当社は、雇用情勢の変化により、正社員およびパートタイマー労働者において必要な人材を計画通り確保出来なくなった場合、種々の雇用費用が増大するとともに、人材育成への影響により事業の安定的な成長と発展に影響を及ぼす可能性があります。また、労働基準法・パートタイマー労働法・厚生年金保険法・最低賃金法等の労働関係法の改正等の要因により、従業員に係る費用が増大した場合は、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑥貸倒引当金のリスク

当社は、建設協力金、売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を貸倒引当金として計上しております。実際の貸倒れが貸倒引当金計上時点における前提および見積りと乖離し、貸倒引当金を大幅に超えた場合、また、経済状態全般の悪化により、設定した前提および見積りを変更せざるを得なくなった場合、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

⑦資金調達のリスク

当社は、新規出店や既存店の改装投資に必要な資金の一部を、金融機関からの借入を中心に調達しておりますが、金融環境が悪化し、当社が希望する条件で調達が出来ない場合、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑧減損会計適用のリスク

当社は、減損損失の認識判定および測定に際して、店舗を基本単位にグルーピングし、遊休資産については物件単位毎にグルーピングしております。店舗における営業活動から生じる損益が継続してマイナスまたは継続してマイナスになる見込となった場合や当社が保有する不動産(土地)について、その市場価格の著しい下落の場合には、減損損失が計上され、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑨税効果会計に伴う繰延税金資産の計上によるリスク

当事業年度末において20億49百万円の繰延税金資産を計上しております。毎期、繰延税金資産の回収可能性の見直しを行なっており、見直しの結果、将来の税金負担額を軽減する効果を有していると見込まれなくなった場合や法人税減税等の制度面における変更があった場合には、繰延税金資産を適時に取り崩すことになり、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑩個人情報の漏洩に関するリスク

当社は、お客さまから得た個人情報を保有しております。個人情報の保護については、社内規程等の整備や従業員教育により、流失の防止に万全の体制をとっておりますが、万一、個人情報が流出した場合は、社会的信用が低下し、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑪自然災害、事故等に関するリスク

当社は、安全で快適な店舗づくりという観点から、自然災害や事故等からお客さまを守るため、防災マニュアルの整備、避難訓練の実施等、平素より予想される事態に対しての対策を講じておりますが、自然災害により取引先の工場、輸送手段が被災し、商品の供給が影響を受けた場合や大規模な事故の発生により、店舗やその他事業活動が一部中断せざるを得ないような場合は、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑫イオングループとの関係について

ア.イオングループとの競合

当社の親会社はイオン株式会社であり、平成30年2月28日現在で当社株式の57.7%を所有しております。当社が店舗展開している北海道では、イオングループのイオン北海道株式会社がGMS(総合小売事業)、まいばすけっと(小型スーパーマーケット事業)を展開しておりますが、店舗特性や商圏等の違いから現状では競合となりうる状況と認識しておりません。しかしながら、将来的にグループ企業の事業展開によっては新たな競争が発生する可能性は否定できず、この場合、当社の事業展開や業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

イ.イオングループとの取引

当事業年度において当社はイオングループ31社と取引があり、その取引の内容および金額は以下のとおりであります。

ⅰ.商品仕入れ

イオンリテール株式会社、イオントップバリュ株式会社をはじめとする企業から各種商品を仕入れており、これらの総額は205億36百万円であります。

ⅱ.業務委託

イオングローバルSCM株式会社、イオンアイビス株式会社をはじめとする企業に物流、電子計算処理等を委託しており、これらの総額は30億13百万円であります。

 

ⅲ.クレジット、電子マネー

イオンクレジットサービス株式会社をはじめとする企業の発行するクレジット、WAONカードなどの利用の総額は599億18百万円であり、これらの利用等に関わる支払手数料は8億65百万円であります。このほか、WAONカードのチャージ(入金)の取扱をしており、受取手数料が1億67百万円であります。

ⅳ.ブランドロイヤルティ

イオン株式会社に対して、ブランド使用、営業上の情報や経営ノウハウ利用の対価としてロイヤルティ1億14百万円を支払っております。

ⅴ.その他の取引

イオンディライト株式会社との間で自動販売機の業務委託収入が27百万円、店舗維持管理等の取引が7億68百万円であります。また、イオンタウン株式会社、株式会社ダイエーから店舗を賃借しており、これらにかかる賃借料は64百万円であり、イオン北海道株式会社、株式会社ジーフットに対して店舗を一部賃貸しており、これらにかかる賃貸収入は47百万円であります。

上記のほか、賃貸収入など当社の収益にかかる取引が12百万円、店舗維持管理などに係る費用の取引が13億94百万円であります。

 

ウ.イオングループとの人的関係

当社社外監査役である福岡眞人氏と吉岡征雄氏はイオン北海道株式会社、芳賀直人氏はマックスバリュ東北株式会社の監査役を兼務しております。また、平成30年2月28日現在、イオングループからの当社受入出向者は11名、イオングループへの当社派遣出向者は6名であります。

当社とイオングループとの関係は以上の通りですが、いずれも当社の経営判断や営業活動に影響を与えるものではなく、当社が独立して主体的に事業運営を行っております。

 

5 【経営上の重要な契約等】

(1)親会社との契約

 

相手方の名称

契約名称

契約内容

契約期間

イオン株式会社

ロイヤルティ契約

イオングループに属することによる無形の経済的利益に対する対価に関する契約

平成29年3月1日から平成30年2月28日まで

 

 

(2)その他の契約

相手方の名称

契約名称

契約内容

契約期間

イオンリテール
株式会社

商品売買基本契約書

商品仕入

平成20年6月21日から平成21年6月20日まで
(1年自動更新)

イオントップバリュ株式会社

トップバリュ商品販売基本契約書

イオンプライベートブランド商品の仕入

平成20年6月21日から平成21年6月20日まで
(1年自動更新)

イオングローバルSCM株式会社

イオン統合物流システム利用等に関する契約

商品物流業務に関する委託契約

平成17年7月1日から平成18年2月20日まで
(1年自動更新)

イオンアイビス
株式会社

情報システム利用等に関する契約

ITに関する情報提供等及びコンピュータシステムの利用契約

平成21年8月21日からイオングループとしての業務提携・協力関係が存続する限り有効

 

 

6 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

 

7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)財政状態の分析

 

(資産)

流動資産は、前事業年度末に比べて3.6%増加し、100億50百万円となりました。これは、未収入金が1億90百万円、商品が1億33百万円それぞれ増加したこと等によります(なお、現金及び預金の詳しい内容につきましては、「第5 経理の状況 2財務諸表等 (1)財務諸表 ④キャッシュ・フロー計算書」をご参照ください)。

固定資産は、前事業年度末に比べて13.7%増加し、258億80百万円となりました。これは、建物(純額)が14億50百万円、土地が10億25百万円、工具、器具及び備品(純額)が4億18百万円それぞれ増加したこと等によります。

この結果、総資産は、前事業年度末に比べて10.7%増加し、359億30百万円となりました。

 

(負債)

流動負債は、前事業年度末に比べて24.9%増加し、212億64百万円となりました。これは、短期借入金が36億14百万円、設備関係支払手形が8億68百万円それぞれ増加したこと等によります。

固定負債は、前事業年度末に比べて16.6%減少し、56億38百万円となりました。これは、長期借入金が14億59百万円減少したこと等によります。

この結果、負債合計は、前事業年度末に比べて13.1%増加し、269億03百万円となりました。

 

(純資産)

純資産合計は、前事業年度末に比べて4.2%増加し、90億27百万円となりました。これは、繰越利益剰余金が3億75百万円増加したこと等によります。

 

(2)キャッシュ・フローの状況の分析

キャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 1 業績等の概要」に記載しております。

 

(3)経営成績の分析

 

①営業収益

当事業年度は、3店舗の新規出店や9店舗の改装等により営業収益は1,259億51百万円(前年同期比102.2%)となりました。その内容は、売上高1,241億66百万円(前年同期比102.2%)、営業収入(主に不動産賃貸収入)17億84百万円(前年同期比102.3%)であります。

 

②営業総利益、販売費及び一般管理費

営業総利益は、売上高が好調に推移したこと等により290億24百万円(前年同期比103.4%)となりました。

販売費及び一般管理費は、改装による一時的な費用の発生や、売上の伸長に伴う人件費の増加等により278億1百万円(前年同期比103.8%)となりました。

 

③営業利益

営業利益は12億23百万円(前年同期比95.0%)となり、営業収益営業利益率は前年同期比0.1ポイント減の1.0%となりました。

 

④営業外損益

営業外損益は、リサイクル材売却収入43百万円、補助金収入18百万円等により営業外収益が1億15百万円、支払利息64百万円等により営業外費用が116百万円となりました。その結果、経常利益は12億22百万円(前年同期比93.4%)となりました。

 

⑤特別損益

特別利益は、固定資産売却益の計上により56百万円となりました。また、特別損失は、減損損失3億50百万円の計上等により4億66百万円となり、税引前当期純利益が8億11百万円(前年同期比86.1%)となりました。

 

⑥当期純利益

法人税、住民税及び事業税3億38百万円、法人税等調整額△18百万円の計上により、当期純利益は4億92百万円(前年同期比122.1%)となりました。

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当社は、親会社イオン株式会社を中心とする企業集団イオングループの中で、スーパーマーケット事業を営む企業群の中に位置づけられており、北海道において、食料品・家庭用品の販売を主力とした小売業を営んでおります。なお、当社はスーパーマーケット事業およびその付随業務の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

当事業年度において実施いたしました設備投資の総額は51億59百万円となりました。その主な内容は、新店及び既存9店舗の改装等であります。

 

2 【主要な設備の状況】

   事業所別設備の状況

平成30年2月28日現在における各事業所別の設備、投下資本ならびに従業員の配置状況は次のとおりであります。

 

地区

設備の
内容

帳簿価額(百万円)

従業員数
(人)

建物及び
構築物

車両
運搬具

土地
(面積㎡)

工具、器具
及び備品

リース
資産

合計

石狩振興局
マックスバリュ
マルヤマクラス店
(札幌市)他42店舗

店舗

2,955

3,818

(37,350.93)

〔370,197.04〕

906

365

8,045

348

〔1,796〕

胆振総合振興局
マックスバリュ新花園店
(苫小牧市)他7店舗

店舗

1,236

278

(14,192.70)

〔92,076.84〕

202

1,717

61

〔326〕

上川総合振興局
ザ・ビッグ宮前通店
(旭川市)他3店舗

店舗

660

211

(9,137.00)

〔92,766.35〕

235

1,108

29

〔159〕

留萌振興局
マックスバリュ留萌店
(留萌市)1店舗

店舗

66

(―)

〔25,743.00〕

10

76

10

〔40〕

釧路総合振興局
ザ・ビッグ文苑店
(釧路市)他3店舗

店舗

344

(―)

〔77,971.43〕

140

484

26

〔186〕

後志総合振興局
マックスバリュ手宮店
(小樽市)他3店舗

店舗

312

177

(11,453.55)

〔36,955.16〕

133

623

35

〔168〕

空知総合振興局
マックスバリュ滝川店
(滝川市)他7店舗

店舗

659

0

117

(19,551.52)

〔121,109.00〕

113

891

60

〔330〕

日高振興局
マックスバリュ静内店 
(新ひだか町)他1店舗

店舗

194

291

(15,871.96)

〔15,424.86〕

76

0

563

20

〔80〕

渡島総合振興局
マックスバリュ堀川店
(函館市)他5店舗

店舗

256

39

(1,009.98)

〔103,979.48〕

110

2

408

45

〔209〕

十勝総合振興局
マックスバリュ稲田店
(帯広市)他8店舗

店舗

745

371

(16,623.53)

〔91,020.94〕

280

110

1,507

110

〔207〕

本社

(札幌市中央区)

事務所

64

9

160

(1,757.19)

〔―〕

31

266

376

〔179〕

その他の設備

(札幌市豊平区他)

 

174

2,734

(94,522.93)

〔27,799.12〕

1

2,910

〔―〕

合計

 

7,669

9

8,200

(221,471.29)

〔1,055,043.22〕

2,243

479

18,603

1,120

〔3,680〕

 

 

 

(注) 1 金額には消費税等は含まれておりません。

2 従業員数の〔 〕は、臨時従業員数(年間の平均人数を1日8時間換算)を外書しております。

3 土地及び建物の一部を賃借しております。賃借料は28億72百万円であります。賃借している土地の面積については、〔 〕で外書しております。

4 その他の設備の内訳は次のとおりであります。

 

所在地

設備の内容

土地

建物
及び構築物

工具、器具
及び備品

リース資産

面積(㎡)

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

金額(百万円)

札幌市北区

研修センター

4,297.66

133

110

1

札幌市豊平区

出店予定地

10,395.32

993

札幌市中央区

遊休資産

15

 ―

北海道滝川市

遊休資産

3,841.05

32

北海道滝川市

賃貸用店舗

23

北海道苫小牧市

賃貸用土地

8,717.63

203

0

北海道苫小牧市

遊休資産

15,364.46

244

北海道函館市

出店予定地

10,667.47

611

0

 ―

北海道旭川市

賃貸用店舗

18

北海道赤平市

遊休資産

32,303.12

98

北海道帯広市

賃貸用店舗

4

河東郡音更町

出店予定地

8,936.22

416

合計

 

94,522.93

2,734

174

1

 

 

5 リース契約による賃借設備のうち主なものは、次のとおりであります。

 

名称

リース期間

リース料
(年間)(百万円)

リース契約
残高(百万円)

備考

建物一式

20年

309

1,154

所有権移転外
ファイナンス・リース

 

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

該当事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

27,000,000

27,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(平成30年2月28日)

提出日現在
発行数(株)
(平成30年5月21日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

6,941,350

6,941,350

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数
100株

6,941,350

6,941,350

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

 会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。

 

 

① 第3回新株予約権(第3回株式報酬型ストックオプション)

平成23年3月16日取締役会決議

 

事業年度末現在
(平成30年2月28日)

提出日の前月末現在
(平成30年4月30日)

新株予約権の数(個)

18

18

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

    1,800(注)

1,800

新株予約権の行使時の払込金額(円)

同左

新株予約権の行使期間

 平成23年5月1日~
平成38年4月30日

同左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の
株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格  1,323
資本組入額  662

同左

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし、当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

同左

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

同左

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

 

(注)当社が、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割(又は併合)の比率

 

  当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

② 第4回新株予約権(第4回株式報酬型ストックオプション)

平成24年3月14日取締役会決議

 

事業年度末現在
(平成30年2月28日)

提出日の前月末現在
(平成30年4月30日)

新株予約権の数(個)

27

27

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

2,700(注)

2,700

新株予約権の行使時の払込金額(円)

同左

新株予約権の行使期間

 平成24年5月1日~
平成39年4月30日

同左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の
株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格  1,410
資本組入額  706

同左

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし、当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

同左

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

同左

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割(又は併合)の比率

 

  当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

 

③ 第5回新株予約権(第5回株式報酬型ストックオプション)

平成25年4月9日取締役会決議

 

事業年度末現在
(平成30年2月28日)

提出日の前月末現在
(平成30年4月30日)

新株予約権の数(個)

27

27

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

2,700(注)

2,700

新株予約権の行使時の払込金額(円)

同左

新株予約権の行使期間

 平成25年6月10日~
平成40年6月9日

同左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の
株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格  1,623
資本組入額  812

同左

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし、当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

同左

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

同左

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割(又は併合)の比率

 

  当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

 

④ 第6回新株予約権(第6回株式報酬型ストックオプション)

平成26年4月8日取締役会決議

 

事業年度末現在
(平成30年2月28日)

提出日の前月末現在
(平成30年4月30日)

新株予約権の数(個)

68

68

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

6,800(注)

6,800

新株予約権の行使時の払込金額(円)

同左

新株予約権の行使期間

 平成26年6月9日~
平成41年6月8日

同左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の
株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格  1,825
資本組入額  913

同左

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし、当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

同左

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

同左

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割(又は併合)の比率

 

  当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

 

 

⑤ 第7回新株予約権(第7回株式報酬型ストックオプション)

平成27年4月9日取締役会決議

 

事業年度末現在
(平成30年2月28日)

提出日の前月末現在
(平成30年4月30日)

新株予約権の数(個)

68

68

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

6,800(注)

6,800

新株予約権の行使時の払込金額(円)

同左

新株予約権の行使期間

 平成27年6月10日~
平成42年6月9日

同左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の
株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格  2,891
資本組入額 1,446

同左

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし、当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

同左

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

同左

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割(又は併合)の比率

 

  当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

 

 

⑥ 第8回新株予約権(第8回株式報酬型ストックオプション)

平成28年4月13日取締役会決議

 

事業年度末現在
(平成30年2月28日)

提出日の前月末現在
(平成30年4月30日)

新株予約権の数(個)

68

68

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

6,800(注)

6,800

新株予約権の行使時の払込金額(円)

同左

新株予約権の行使期間

 平成28年6月10日~
平成43年6月9日

同左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の
株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格  2,877
資本組入額 1,439

同左

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし、当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

同左

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

同左

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割(又は併合)の比率

 

  当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

 

 

⑦ 第9回新株予約権(第9回株式報酬型ストックオプション)

平成29年4月12日取締役会決議

 

事業年度末現在
(平成30年2月28日)

提出日の前月末現在
(平成30年4月30日)

新株予約権の数(個)

50

50

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

5,000(注)

5,000

新株予約権の行使時の払込金額(円)

同左

新株予約権の行使期間

 平成29年6月10日~
平成44年6月9日

同左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の
株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格  2,890
資本組入額 1,445

同左

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし、当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

同左

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

同左

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割(又は併合)の比率

 

  当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

(5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

平成12年4月1日

  平成13年3月31日(注)

1,278,000

6,941,350

63

1,176

31

1,206

 

 

(注) 北海道ジャスコ株式会社との合併によるもの

 合併登記日:平成12年10月2日

 合併比率:北海道ジャスコ株式会社の株式(1株の金額50千円)1株につき当社の株式710株の割合

 

(6) 【所有者別状況】

平成30年2月28日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

11

4

139

2

3,570

3,726

所有株式数
(単元)

7,299

9

51,111

5

10,986

69,410

350

所有株式数
の割合(%)

10.51

0.01

73.64

0.01

15.83

100.00

 

 

(注) 自己株式37,575株は、「個人その他」に375単元及び「単元未満株式の状況」に75株含めて記載しております。

 

(7) 【大株主の状況】

平成30年2月28日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

イオン株式会社

千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目5番地1

3,985

57.42

株式会社北洋銀行

北海道札幌市中央区大通西3丁目7番地

339

4.88

マックスバリュ北海道共栄会

北海道札幌市中央区北8条西21丁目1番10号

314

4.53

イオンフィナンシャルサービス株式会社

東京都千代田区神田錦町1丁目1番地

265

3.82

株式会社北海道銀行

北海道札幌市中央区大通西4丁目1番地

170

2.45

出戸一成

北海道札幌市中央区

140

2.02

マックスバリュ西日本株式会社

広島県広島市南区段原南1丁目3番52号

118

1.70

株式会社北陸銀行

富山県富山市堤町通り1丁目2番26号

106

1.53

出戸信成

北海道札幌市中央区

62

0.91

株式会社エフピコ

広島県福山市曙町1丁目13番15号

61

0.88

5,562

80.14

 

 

 

 

(8) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

平成30年2月28日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)
普通株式   37,500

完全議決権株式(その他)

普通株式

        6,903,500

69,035

単元未満株式

普通株式     350

発行済株式総数

 6,941,350

総株主の議決権

69,035

 

 

(注) 「単元未満株式数」の欄には、当社所有の自己株式75株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

平成30年2月28日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)
マックスバリュ北海道
株式会社

札幌市中央区北8条西21丁目1番10号

37,500

37,500

0.54

37,500

37,500

0.54

 

 

(9) 【ストックオプション制度の内容】

当社は、新株予約権方式によるストックオプション制度を採用しております。当該制度は会社法に基づき新株予約権を発行する方法によるものであります。

 

 

① 第3回株式報酬型ストックオプション

平成23年3月16日の取締役会決議に基づいて発行した新株予約権は、次のとおりであります。

決議年月日

平成23年3月16日

付与対象者の区分及び人数

当社取締役6名

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

株式の数(株)

7,600(注)

新株予約権の行使時の払込金額(円)

新株予約権の行使期間

平成23年5月1日~平成38年4月30日

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下、「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割・併合の比率

 

また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

② 第4回株式報酬型ストックオプション

平成24年3月14日の取締役会決議に基づいて発行した新株予約権は、次のとおりであります。

決議年月日

平成24年3月14日

付与対象者の区分及び人数

当社取締役6名

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

株式の数(株)

7,600(注)

新株予約権の行使時の払込金額(円)

新株予約権の行使期間

平成24年5月1日~平成39年4月30日

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下、「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割・併合の比率

 

また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

③ 第5回株式報酬型ストックオプション

平成25年4月9日の取締役会決議に基づいて発行した新株予約権は、次のとおりであります。

決議年月日

平成25年4月9日

付与対象者の区分及び人数

当社取締役5名

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

株式の数(株)

4,900(注)

新株予約権の行使時の払込金額(円)

新株予約権の行使期間

平成25年6月10日~平成40年6月9日

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下、「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割・併合の比率

 

また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

④ 第6回株式報酬型ストックオプション

平成26年4月8日の取締役会決議に基づいて発行した新株予約権は、次のとおりであります。

決議年月日

平成26年4月8日

付与対象者の区分及び人数

当社取締役7名

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

株式の数(株)

7,700(注)

新株予約権の行使時の払込金額(円)

新株予約権の行使期間

平成26年6月9日~平成41年6月8日

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下、「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割・併合の比率

 

また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

⑤ 第7回株式報酬型ストックオプション

平成27年4月9日の取締役会決議に基づいて発行した新株予約権は、次のとおりであります。

決議年月日

平成27年4月9日

付与対象者の区分及び人数

当社取締役6名

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

株式の数(株)

6,800(注)

新株予約権の行使時の払込金額(円)

新株予約権の行使期間

平成27年6月10日~平成42年6月9日

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下、「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割・併合の比率

 

また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

⑥ 第8回株式報酬型ストックオプション

平成28年4月13日の取締役会決議に基づいて発行した新株予約権は、次のとおりであります。

決議年月日

平成28年4月13日

付与対象者の区分及び人数

当社取締役6名

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

株式の数(株)

6,800(注)

新株予約権の行使時の払込金額(円)

新株予約権の行使期間

平成28年6月10日~平成43年6月9日

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下、「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割・併合の比率

 

また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

⑦ 第9回株式報酬型ストックオプション

平成29年4月12日の取締役会決議に基づいて発行した新株予約権は、次のとおりであります。

決議年月日

平成29年4月12日

付与対象者の区分及び人数

当社取締役4名

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

株式の数(株)

5,000(注)

新株予約権の行使時の払込金額(円)

新株予約権の行使期間

平成29年6月10日~平成44年6月9日

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下、「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割・併合の比率

 

また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。

 

⑧ 第10回株式報酬型ストックオプション

平成30年4月11日の取締役会決議に基づいて発行した新株予約権は、次のとおりであります。

決議年月日

平成30年4月11日

付与対象者の区分及び人数

当社取締役5名

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

株式の数(株)

5,900(注)

新株予約権の行使時の払込金額(円)

新株予約権の行使期間

平成30年6月10日~平成45年6月9日

新株予約権の行使の条件

①新株予約権を割り当てられた者(以下、「新株予約権者」という)は、権利行使時においても当社の取締役の地位にあることを要する。ただし当社の取締役を退任した場合であっても、退任日から5年以内に限って権利行使ができるものとする。

②新株予約権については、その数の全数につき一括して行使することとし、これを分割して行使することはできないものとする。

新株予約権の譲渡に関する事項

新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供することはできない。

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

 

 

(注)当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割・併合の比率

 

また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

120

519

当期間における取得自己株式

 

(注)当期間における取得自己株式には、平成30年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(百万円)

株式数(株)

処分価額の総額
(百万円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る
移転を行った取得自己株式

保有自己株式数

37,575

37,575

 

 

(注)当期間における保有自己株式数には、平成30年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社の利益配分に関する基本方針は、自己資本比率および資本効率の向上を追求し財務基盤の充実を進めながら、株主利益の最大化を目指し、配当性向30%を目安に業績に応じて安定的、継続的に株主配当を実施してまいります。

内部留保の使途につきましては、店舗の新設、改装およびシステム投資、教育投資等に活用し、事業基盤の強化と更なる業容の拡大につなげてまいります。

この基本方針に基づき、当期の剰余金の配当は平成30年4月11日開催の取締役会決議により、普通配当1株当たり20円とさせていただきます。また、次期の1株当たりの配当金につきましては21円を予定しております。

なお、当社は、毎年2月末日を基準日とする年1回の期末配当を行うこと、また、毎年8月31日を基準日とする中間配当を行うことができる旨定款に定めております。当社は、会社法第459条第1項の規定に基づき、剰余金の配当等を取締役会の決議をもって行うことができる旨定款に定めております。

今後も引き続き、株主さまに対する利益還元の増進を念頭において、積極的かつ堅実な経営をしていく所存です。

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たりの配当額(円)

平成30年4月11日
取締役会決議

138

20

 

 

 

4 【株価の推移】

(1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

 

回次

第53期

第54期

第55期

第56期

第57期

決算年月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

平成30年2月

最高(円)

2,040

3,475

3,665

3,275

4,990

最低(円)

1,611

1,811

2,719

2,750

2,985

 

 

(注)  株価は、平成25年7月15日以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、平成25年7月16日以降は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

(2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

 

月別

平成29年
9月

10月

11月

12月

平成30年
1月

2月

最高(円)

3,255

3,395

3,435

3,750

4,990

4,720

最低(円)

3,185

3,215

3,275

3,390

3,750

3,895

 

 

(注) 株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

 

5 【役員の状況】

男性11名 女性2名 (役員のうち女性の比率15%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

代表取締役

社長

出 戸 信 成

昭和40年11月1日生

平成6年4月

当社入社

(注)3

629

平成11年6月

当社取締役総合企画室長兼監査室長

平成12年10月

当社取締役営業企画部長

平成14年2月

当社常務取締役営業本部副本部長兼商品部長

平成15年4月

当社常務取締役管理本部長

平成20年4月

当社常務取締役経営管理・人事・総務担当兼人事本部長

平成24年2月

当社取締役開発本部長

平成24年11月

当社代表取締役社長兼開発本部長

平成25年5月

当社代表取締役社長

平成25年11月

㈱いちまる取締役

平成26年4月

当社代表取締役社長兼営業統括本部長

平成27年3月

当社代表取締役社長兼SM統括本部長

平成28年3月

当社代表取締役社長(現任)

取締役

開発本部長

建設部長

水 谷 和 彦

昭和35年3月19日生

昭和59年3月

ジャスコ㈱(現イオン㈱)入社

(注)3

10

平成5年3月

北海道ジャスコ㈱(現マックスバリュ北海道㈱)出向

平成14年4月

当社開発部長

平成23年6月

当社開発統括部長兼開発部長

平成24年2月

当社開発不動産部長

平成25年5月

当社取締役開発本部長兼開発不動産部長

平成26年11月

当社取締役開発本部長兼開発不動産部長兼建設・メンテナンス部長

平成28年3月

当社取締役開発本部長兼開発不動産部長兼建設部長

平成28年8月

当社取締役開発本部長兼建設部長(現任)

 

 

取締役

人事総務本部長

人事教育部長

コンプライアンス担当

玉 生 澄 絵

昭和36年7月12日生

平成7年8月

北海道ジャスコ㈱(現マックスバリュ北海道㈱)入社

(注)3

平成14年4月

当社手宮店販売課長

平成15年7月

当社小樽店店長

平成16年4月

当社手宮店店長

平成21年4月

当社道央第三運営部長

平成24年2月

当社人事教育部長

平成25年5月

当社取締役人事総務本部長兼人事教育部長

平成28年4月

当社取締役人事総務本部長兼人事教育部長兼コンプライアンス担当(現任)

取締役

SM営業本部長

鈴  木  秀  康

昭和29年9月10日生

平成20年4月

当社入社

(注)3

平成20年4月

当社取締役広域運営部長

平成21年4月

当社ストアサポート部長

平成21年8月

当社店舗統括部運営部長

平成23年5月

当社店舗サポート部運営部長

平成24年9月

当社SM統括部運営部長

平成26年4月

当社営業統括本部営業統括部長兼道北運営部長

平成27年3月

当社SM統括部長

平成29年5月

当社取締役SM営業本部長(現任)

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(百株)

取締役

経営管理本部長

石 橋 孝 浩

昭和35年3月26日生

昭和57年4月

平成20年12月

平成22年9月

平成25年9月

平成26年9月

平成27年9月

平成28年4月

平成28年5月

平成29年3月

平成29年5月

㈱伊勢甚(現イオン㈱)入社

イオンリテール㈱コントロール部長

同社経営企画部長

㈱ダイエー経営管理部長

同社経営企画部長

同社SM再編推進チームリーダー

イオン㈱SM・DS事業担当付

マックスバリュ東海㈱監査役(現任)

当社経営管理副本部長

当社取締役経営管理本部長(現任)

(注)3

取締役

SM商品本部長

コーディネーター部長

國 保 明 宏

昭和30年9月29日生

平成元年10月

住友石炭鉱業㈱入社

(注)3

平成16年7月

㈱ジョイ(現マックスバリュ北海道㈱)生鮮マネジャー

平成20年4月

当社コーディネーター部マネジャー

平成21年9月

当社商品本部農産グループマネジャー

平成23年2月

平成24年2月

平成24年11月

平成25年3月

平成28年5月

 

平成29年5月

 

平成30年5月

当社店舗統括部道南運営部長

当社SM統括部長

当社営業推進部長

当社コーディネーター部長

当社SM商品統括部長兼コーディネーター部長

当社執行役員SM商品本部長兼コーディネーター部長

当社取締役SM商品本部長兼コーディネーター部長(現任)

取締役

DS事業本部長

コーディネーターグループマネジャー

土 井 育 雄

昭和33年1月16日生

昭和56年4月

平成17年6月

平成22年3月

平成25年9月

平成27年9月

平成28年2月

平成29年5月

 

平成30年5月

㈱ダイエー入社

同社業務管理部(GMS食品)部長

同社商品グループ商品戦略部長

同社北海道事業本部函館事業部長

当社広域運営部渡島エリアマネジャー

当社DS統括部長

当社執行役員DS事業本部長兼コーディネーターグループマネジャー

当社取締役DS事業本部長兼コーディネーターグループマネジャー(現任)

(注)3

取締役
(注)1

林  美 枝 子

昭和31年6月19日生

平成9年4月

 

平成11年4月

 

平成18年4月

平成26年4月

 

平成28年5月

札幌国際大学人文学部国際文化学科助教授

同大学大学院地域社会研究科兼担助教授

同大学人文学部現代文化学科教授

日本医療大学保健医療学部看護学科教授(現任)

当社取締役(現任)

(注)3

取締役
(注)1

水 野 克 也

昭和47年7月25日生

平成15年1月

公認会計士・税理士川崎毅一郎事務所入所

(注)3

平成15年7月

川崎・水野公認会計士共同事務所(現 公認会計士水野克也事務所)開設(現任)

平成15年7月

税理士法人札幌中央会計設立 代表社員(現任)

平成28年5月

当社取締役(現任)

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(百株)

常勤監査役
(注)2

福 岡 眞 人

昭和29年12月5日生

昭和53年3月
平成6年9月
平成9年3月
平成14年2月
平成18年4月
平成20年4月
平成27年5月
平成27年5月

ジャスコ㈱(現イオン㈱)入社
同社経営管理部マネージャー
同社グループ経営計画部マネージャー
同社コントロール部次長
同社MV経営企画部マネージャー
㈱光洋取締役経営管理本部長
当社監査役(現任)
イオン北海道㈱監査役(現任)

(注)6

監査役
(注)2

橋 本 昭 夫

昭和18年2月28日生

昭和44年4月

日本弁護士連合会弁護士登録

(注)4

94

平成8年4月

札幌弁護士会会長

平成9年4月

北海道弁護士会連合会理事長

平成9年12月

札幌市監査委員

平成11年4月

日本弁護士連合会副会長

平成12年4月

空知炭礦㈱代表取締役社長(現任)

平成12年10月

当社監査役(現任)

監査役
(注)2

吉 岡 征 雄

昭和19年3月4日生

昭和42年4月

東京地方検察庁検事

(注)6

平成3年4月

横浜地方検察庁総務部長

平成5年4月

東京高等検察庁検事

平成5年12月

広島地方検察庁次席検事

平成9年4月

旭川地方検察庁検事正

平成10年6月

最高検察庁検事

平成11年9月

宇都宮地方検察庁検事正

平成12年9月

広島地方検察庁検事正

平成13年8月

彩北法律事務所弁護士(現任)

平成23年4月

当社監査役(現任)

平成23年5月

イオン北海道㈱監査役(現任)

監査役
(注)2

芳 賀 直 人

昭和32年6月10日生

昭和62年1月

ジャスコ㈱(現イオン㈱)入社

(注)5

平成10年4月

チェルト㈱(現イオンディライト㈱)社長室長

平成13年3月

同社ベンディングサービス事業部長

平成13年5月

同社取締役

平成17年5月

同社常務取締役

平成19年4月

同社代表取締役社長

平成22年5月

イオンディライト㈱取締役

平成22年9月

同社取締役副社長

平成24年5月

 

平成27年6月

平成28年4月

 

平成29年5月

 

平成30年5月

平成30年5月

イオンタウン㈱常務取締役海外事業本部長

イオン㈱管理担当付

同社ドラッグ・ファーマシー事業政策チーム

アビリティーズジャスコ㈱取締役(非常勤)

当社監査役(現任)

マックスバリュ東北㈱監査役(現任)

741

 

 

(注)1 取締役 林 美枝子及び取締役 水野克也は、「社外取締役」であります。

2 監査役 福岡眞人、橋本昭夫、吉岡征雄及び芳賀直人は、「社外監査役」であります。

3 平成30年2月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年2月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

4 平成28年2月期に係る定時株主総会終結の時から平成32年2月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

5 平成30年2月期に係る定時株主総会終結の時から平成34年2月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

6 平成27年2月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年2月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】

①  企業統治の体制

1.企業統治の体制

・当社は監査役設置会社であります。当社は、監査役会を設置し、社外監査役を含めた監査役による監査体制が経営監視機能として有効であると判断し、監査役設置会社形態を採用しております。

・当社の基本的な経営管理組織として、取締役会、事業戦略会議、経営会議、業務執行決定会議、コンプライアンス委員会があります。

・取締役会は、取締役9名(うち、社外取締役2名)で構成され、原則毎月1回開催される定例取締役会のほか、必要に応じ臨時取締役会を開催し、経営の基本方針、法令で定められた事項や経営に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務執行状況を監督しております。

・事業戦略会議は、常勤の取締役・監査役および本社の主要部署長が参加し、取締役会上程議案、戦略的課題およびその他課題を審議・検討することを中心に原則毎月1回開催しております。

・経営会議は、常勤の取締役・監査役、監査室長および本社の主要部署長が参加し、経営課題や全社的執行方針について審議、検討、報告することを中心に毎月1回から2回開催しております。

・業務執行決定会議は、常勤の取締役・監査役・監査室長および本社の主要部署長が参加し、業務執行の月度の反省の場として原則毎月1回開催しております。

・コンプライアンス委員会は、代表取締役社長を委員長とし、常勤の取締役・監査役・監査室・各部署長が参加し、内部監査の状況、リスクおよびコンプライアンスに係る施策・整備・運用状況を審議することを中心に原則月1回開催しております。

・監査役4名(いずれも社外監査役)は、取締役会への出席および取締役からの職務執行の聴取や監査室との情報収集のほか、重要な書類の閲覧等により、経営に関する監視、監査機能を果たしております。

・監査役会は、監査役4名(いずれも社外監査役)で構成され、公正、客観的な監査を行うことを目的に原則毎月1回開催しております。

・会計監査人には、有限責任監査法人トーマツを選任し、会計監査を委託しております。顧問弁護士につきましては、法律問題が生じたときには、随時確認しアドバイスを受ける体制をとっております。また、金融商品取引法に基づく内部統制評価のため、監査室に内部統制グループを設置しております。

・当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役2名、社外監査役2名との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任について職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは会社法第425条第1項各号の額の合計額を限度とする契約を締結しております。

 

<当社のコーポレート・ガバナンスおよび内部管理体制の概要>

 


 

2.内部統制システムの基本方針

(1)当社の取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

 ① 当社は、イオンの「お客さま中心」の基本理念および平成15年4月に制定されたグループ共有の行動規範である「イオン行動規範」を取締役および使用人のすべての行動の基本とし、企業の社会的責任を果たすため、法令・企業倫理および社会規範等を遵守尊重するよう社内に周知徹底する。

 ②  当社は代表取締役社長を委員長とし、取締役、監査役、監査室、各部署長などを委員とする「コンプライアンス委員会」を設置し、「イオン行動規範」、「法令」等の遵守およびコンプライアンスに係る施策・整備・運用状況の審議など、コンプライアンス体制の監視・検証を定期的に行うとともに、その活動状況を月次ごとに取締役会に報告する。また、取締役の中よりコンプライアンスの責任者を任命し、当社のコンプライアンス体制の整備および問題点の解決に努める。

 ③ 当社は、コンプライアンス意識の徹底・向上のため、従業員に対してコンプライアンス教育・研修を継続的に行う。

 ④ 当社は、人事総務本部に内部通報制度窓口を設置するとともに、外部情報収集を定期的に実施し、法令および定款の違反行為等を予防・早期発見し、迅速かつ効果的な対応を図るとともに、コンプライアンスに関する従業員の声を経営に反映させる。なお、違反行為が発生した場合には、迅速に情報を把握し、懲戒規定に基づき厳正に処分する。また、必要に応じ外部の弁護士、公認会計士などの専門家を起用し、法令違反行為を未然に防止、かつそのために必要な措置を実施する。

 ⑤ 当社の取締役会は、定期的に内部統制システムの有効性監査の報告を受けるとともに、コンプライアンス体制の問題の把握と整備に努める。

  ⑥ 当社の監査役は、監査役会規則に基づき、取締役の職務執行について定期的な監査を実施し取締役会決議の内容ならびに取締役が行う内部統制システムの構築・運用の状況を監視・検証し、適時に助言・勧告等の意見の表明、取締役の行為の差止めなどを講じる。

  ⑦ 当社の取締役が当社の他の取締役の法令・定款違反等の行為を発見した場合は直ちに監査役会および取締役会に報告するなどのガバナンス体制を構築する。

  ⑧ 当社は、財務報告の信頼性を確保するために、金融商品取引法その他の関連法令に従い、財務報告に係る内部統制の体制を構築し、整備および運用状況の有効性評価を実施する。

  ⑨ 当社の取締役は、社会秩序や健全な企業活動を阻害するおそれのある反社会的勢力との一切の関係を遮断し、反社会的勢力との接触を未然に回避するとともに、万一それらの勢力からの不当な要求を受けた場合には、警察・弁護士等の外部関連機関と連携し、組織全体として毅然とした態度で法的手段対応を行う。

 

 (2) 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

 ① 当社の取締役は、その職務の執行に係る以下の文書(電磁的記録を含む。以下同じ。)、その他法令に基づき作成される文書は法令に基づき適切に作成、保存され、その他重要な情報は、社内規程に基づき、それぞれの担当職務に従い適切に保存し管理する。

イ 株主総会議事録と関連資料

ロ 取締役会議事録と関連資料

ハ 取締役が主催するその他の重要な会議の議事録または経過の記録

ニ 取締役が決定者とする稟議書類

ホ その他取締役の職務の執行に関する重要な文書

 ② 業務執行取締役は、その職務の執行に係る上記①に定める文書を社内規程に従い、定められた期間保管する。また、取締役および監査役が必要に応じて閲覧可能な状態を維持する。

  ③ 内部者取引防止規程の下に、経営管理本部が情報管理を行う。

  ④ 当社は、経営企画部内に会社の重要な情報の適時開示およびその他の開示を所管する部署を管理する部署を設置するとともに、取締役は、開示すべき情報を迅速かつ網羅的に収集した上で、法令等に従い適切に開示する。

  ⑤ 個人情報保護および営業秘密管理に関連する規程を整備し、個人情報および重要な営業秘密を適切かつ安全に保存し管理する。

 

 (3) 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

 ① 当社の取締役は、当社の事業活動に関するリスクを定期的に、また必要に応じて把握・評価し、毎年の経営計画に適切に反映する。

 ② 当社はリスクマネジメント規程を制定し、想定されるリスクに応じた有事に備えるとともに、有事が発生した場合には、当該規程に従い迅速かつ適切に対応する。

 ③ 当社は、以下の運営リスクにおける事業の継続を確保するための態勢を整備する。

イ 地震、洪水、火災、事故などの災害により重大な損失を被るリスク

ロ 取締役および使用人の不適切な業務執行により販売活動に重大な支障を生じるリスク

ハ 基幹ITシステムが正常に機能しないことにより重大な損害を被るリスク

ニ その他、取締役会がきわめて重大と判断するリスク

 ④ 当社は、各事業部門を担当する取締役および部室長は、それぞれの部門に係るリスク管理を行う。また、人事総務本部長は統括的に全社的なリスク管理を行い、リスク管理の状況を取締役会に定期的に報告する。

 ⑤ 当社は災害、環境等に係るリスクへの対応については、一元的に総務部が統括し、業務手順書の制定、マニュアルの作成・配布および教育・研修を継続的に実施し全従業員へ周知徹底する。

 

(4)当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

 ① 当社は業務の有効性および効率性を図る観点から、当社の経営に係る重要事項については社内規程に従い、各部門の会議、事業戦略会議等の審議を経て、取締役会において決定する。

 ② 当社の取締役会等での決定に基づく業務執行は、代表取締役社長の下、各部署の長が迅速に遂行する。あわせて、内部牽制機能の確立を図るため、「組織および職務分掌規程」、「職務責任権限規程」を定め、それぞれの組織権限や実行責任者を明確化し、適切な業務手続きが行われるようにする。

 ③ 当社の会社方針に基づいて事業活動が適正に運営されているか監査室が定期的に監査し、取締役および経営幹部に報告する。必要ある場合は、担当する取締役および経営幹部は是正処置を講ずる。

 

(5)当社ならびに親会社および子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

 ① 当社は、イオングループが定期的に主催する分野別部門長会議に参加し、法改正の動向と対応策および業務効率化に資する有益なベストプラクティス等の情報を積極的に有効活用する。ただし、独立性の観点から具体的対応の決定については、当社の事情に応じて当社が自主決定する。

 ② 当社は、親会社の内部監査部門の定期的監査を受け入れ、コンプライアンス遵守状況等に係る報告等を適宜受けとり、コンプライアンス体制を強化する体制をとっている。

  ③ 親会社および親会社グループとの賃貸借契約・業務委託契約やプライベート商品等の売買取引等利益相反取引については、一般取引条件と同様に交渉の上決定する。また、それらの取引等の適切性・適法性を定期的に審議・検討の上、取締役会で決議・報告する。

 

(6)当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項ならびにその使用人の取締役からの独立性に関する事項

 ① 監査役がその業務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、その業務に限定した期間、必要な員数および求められる資質について、監査役と協議のうえ、適任と認められる人員を配置する。

 ② 監査役の補助業務にあたる者は、その間は業務執行者から独立し監査役の指示に従い職務を行うものとする。

 ③ 監査役がその業務を補助すべき使用人を選定した場合、その使用人の独立性を確保するため、監査役は補助使用人の権限、属する組織、指揮命令権、人事異動および人事評価等人事権に係る事項の決定には事前に監査役の意見を聴取し、これを尊重する。

  ④ 監査役がその業務を補助すべき使用人を選定した場合、その使用人の独立性を確保するため、監査役は補助使用人の権限、属する組織、指揮命令権、人事異動および人事評価等人事権に係る事項の決定には事前に監査役の意見を聴取し、これを尊重する。

 

 

(7)当社の取締役および使用人が当社の監査役に報告をするための体制その他の当社監査役への報告に関する体制

 ① 当社の取締役および使用人は、監査役に対して、次の事項を報告する。

イ 当社に関する経営・財務・事業遂行上の重要事実の速やかな報告

ロ 内部統制システムの整備状況の定期的な報告

ハ コンプライアンス体制やリスクマネジメントに関する事項の定期的な報告 

ニ 内部通報の状況および事案の内容の速やかな報告

ホ 会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事項の速やかな報告

へ 法令・定款違反事項の速やかな報告 

ト 業務監査による業務監査結果の定期的な報告 

チ その他監査役がその職務遂行上報告を受ける必要があると判断した事項の速やかな報告

 ② 報告の方法(報告者、報告受領者、電話・書面・電子メール等の伝達方法等)については、取締役と監査役との協議により決定するものとする。

 

(8)上記(7)の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

 ① 就業規則および内部通報者保護に関わる規定において、従業員が、監査役への報告または内部通報窓口への通報により、人事上の一切の不利益扱いを受けることがなく、懲戒その他の不利益処分の対象となることがないことを明示的に定める。また、懲戒規定により内部通報者への報復行為が行われた場合の厳罰処分が定められている。

 ② 監査役は、取締役または使用人から得た情報について、第三者に対する報告義務を負わない。

 ③ 監査役は、報告した使用人の異動、人事評価および懲戒等に関して、取締役にその理由の開示を求めることができる。

  ④ コンプライアンス担当は、従業員に対する教育、研修の機会を通じて、従業員が、不利益扱いを懸念して取締役への報告または内部通報窓口への通報を思いとどまることがないよう、啓蒙に努める。

  ⑤ 内部監査室は、内部監査に際して、上記①および④の運用が徹底されているかにつき、定期的に検証する。

 

(9)当社の監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続きその他の当該職務執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項

    当社は、監査役がその職務の執行について、当社に対し、会社法第388条に基づく費用の前払等の請求をしたときは、担当部署において審議の上、当該請求に係る費用または債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。

 

(10) その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

  ① 当社の監査役は、取締役会その他の重要会議に出席し、重要な意思決定の過程および業務の執行状況を把握するとともに、必要な意見を述べることができる。

  ② 当社の監査役は、当社の代表取締役社長および取締役ならびに会計監査人と会社の課題、リスク、監査環境の整備、監査上の重要課題について、それぞれ定期的に意見の交換を行う。

  ③ 当社の監査室は、当社の監査役との間で定期的に会合を持ち、内部監査結果について協議および意見交換するなど、密接な情報交換および連携を図る。

  ④ 当社の監査役は、監査の実施に当たり、必要と認める場合は、弁護士、公認会計士等の監査業務に関する助言を受けることができる。

 

(11) 業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要

当事業年度における業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要は以下のとおりであります。

  ① コンプライアンスに関する取組み
  当社では、代表取締役社長を委員長として、コンプライアンス担当役員を置き、取締役、監査役、監査室、各部署長などを委員とする「コンプライアンス委員会」を毎月1回開催し、必要に応じて、社会問題となっている法令違反の事例等をもとに社内教育を行っております。また、内部監査室による店舗業務監査、本社監査等の報告ならびに監査結果に対する対応検討を行っております。さらに企業倫理の向上のためにイオングループの行動規範である「イオン行動規範」研修を年1回開催し、従業員の倫理意識向上を図っております。

  ② リスク管理体制に関する取組み
 当社では、総務部が主管となり、事業活動に係るリスクを毎年評価し、潜在的リスクについては分類、整理し、優先順位付けした上で対応を検討しております。事故、災害等の発生については、毎月1回主要会議の場で報告検討され、取締役会に報告しております。

  ③ 職務執行の適正および効率性の確保の取組み
 取締役会は社外取締役2名を含む取締役7名(平成30年2月28日現在)で構成され、社外監査役4名が出席し、毎月1回、また、必要に応じて臨時で開催しております。当事業年度におきましては計12回開催しており、各議案の審議、取締役の業務執行の監督を行っております。審議内容は担当取締役、社長が指名する者により構成された主要会議で事前に協議されており、職務執行の適正性、効率性を確保しております。

 ④ 監査役の監査体制
 監査役は、監査役会を毎月開催し取締役会に出席し、常勤監査役は社内の主要な会議体に出席し重要な意思決定に関して必要に応じて意見を述べております。また、取締役、会計監査人と会社の重要課題やリスク等に関して定期的に意見交換を行っており、情報の共有を図っております。監査役の業務を補助するものとして内部監査室が担当しており、監査役会に出席し監査役業務の円滑な遂行ができる体制となっております。

 

②  内部監査および監査役監査

当社の内部監査体制は、内部監査部門として監査室(8名)を設置し、会社法および金融商品取引法上の内部統制システムの整備・改善および業務の遂行が、各種法令や、当社の各種規程類および経営計画等に準拠して実施されているか、効果的、効率的に行われているか等について調査・チェックし、指導・改善に向けた内部監査を行っております。

監査役監査につきましては、常勤監査役1名、非常勤監査役3名、計4名(いずれも社外監査役)体制で行なっております。取締役会をはじめその他重要な会議に出席するほか、取締役の職務執行の適法性、財産の状況等取締役の業務全般について監査を行っています。

監査役会、監査室および会計監査人は意見交換等により相互の連携を図りながら、監査の質的向上を図っております。

 

③  社外取締役および社外監査役
イ 社外取締役および社外監査役の員数

当社の社外取締役は2名、社外監査役は4名であります。

 

ロ 各社外取締役および社外監査役につき、提出会社との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係

社外取締役林美枝子氏および社外取締役水野克也氏と当社との間に人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。

社外監査役福岡眞人氏および吉岡征雄氏が監査役を務めるイオン北海道株式会社は、当社の兄弟会社であり、店舗の賃貸等の取引があります。

社外監査役芳賀直人氏が監査役を務めるマックスバリュ東北株式会社は、当社の兄弟会社でありますが、当社と同社との間に取引関係はありません。

社外監査役橋本昭夫氏と当社との間に人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。

 

ハ 社外取締役または社外監査役が提出会社の企業統治において果たす機能および役割

当社は、コーポレート・ガバナンスの強化充実を経営上の重要な課題の一つとして位置づけており、各監査役は経営者から一定の距離をおいた立場で取締役会に参加し、取締役の業務執行の状況について具体的で詳細な説明を求めることにより、経営監視の有効性を高めております。

 

ニ 社外取締役または社外監査役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準または方針の内容

当社では、社外取締役および社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針はないものの、選任にあたっては、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考に、豊富な知識、経験に基づき客観的な視点から当社の経営等に対し、適切に意見を述べて頂ける方に就任をお願いいたしております。なお、社外取締役林美枝子氏、水野克也氏および社外監査役吉岡征雄氏は、東京証券取引所が指定を義務付ける一般株主と利益相反が生じる恐れのない独立役員であります。

 

ホ 社外取締役または社外監査役の選任状況に関する提出会社の考え方

当社は、社外監査役が独立・公正な立場で取締役の職務執行に対する検証を行う等、客観性および中立性を確保したガバナンスを確立しており、ステークホルダーから負託を受けた実効性の高い経営監視が有効に機能しているものと判断しております。

 

ヘ 社外取締役または社外監査役による監督または監査と内部監査、監査役監査および会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外監査役は監査室および会計監査人との意見交換等により相互の連携を図りながら、監査の質的向上を図っております。

 

④  役員の報酬等
イ  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

 

役員区分

報酬等の総額
(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる
役員の員数
(名)

基本報酬

ストック
オプション

賞与

退職慰労金

取締役
(社外取締役を除く。)

98

57

22

18

監査役
(社外監査役を除く。)

社外役員

26

26

 

 

(注)1 取締役の報酬限度額は平成19年6月15日開催の第46期定時株主総会において年額270百万円以内(うち金銭報酬240百万円、株式報酬型ストックオプション公正価値分30百万円)と決議いただいております。

2 監査役の報酬限度額は平成19年6月15日開催の第46期定時株主総会において年額30百万円以内と決議いただいております。

3 ストックオプションおよび賞与は、当事業年度に費用処理した金額であります。

 

ロ  提出会社の役員ごとの報酬等の総額等
報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

ハ  使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
該当事項はありません。

 

ニ  役員の報酬等の額の決定に関する方針

当社の取締役の報酬等の額は、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において、各取締役の職責および経営への貢献度に応じた報酬と、役位に応じた報酬、また、会社業績や各取締役の成果に連動して算定する報酬とを組み合わせて算定することを基本としております。監査役の報酬額は、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において、常勤監査役と非常勤監査役の別、業務の分担等を勘案し、監査役の協議により決定しております。

 

⑤  株式の保有状況
イ  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

銘柄数                          4銘柄

貸借対照表計上額の合計額     137百万円

 

ロ  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額および保有目的
(前事業年度)
 特定投資株式

銘柄

株式数
(株)

貸借対照表計上額
(百万円)

保有目的

株式会社北洋銀行

190,250

88

取引関係等の円滑化のため

株式会社ほくほくフィナンシャルグループ

28,000

55

取引関係等の円滑化のため

マックスバリュ東北株式会社

12,000

14

業界動向等の情報収集のため

北雄ラッキー株式会社

10,000

5

業界動向等の情報収集のため

 

 

(注)1 北雄ラッキー株式会社は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、上位4銘柄について記載しております。

2 株式会社ほくほくフィナンシャルグループは、平成28年10月1日付で10株を1株の併合比率で株式併合しております。

 

(当事業年度)
 特定投資株式

銘柄

株式数
(株)

貸借対照表計上額
(百万円)

保有目的

株式会社北洋銀行

190,250

71

取引関係等の円滑化のため

株式会社ほくほくフィナンシャルグループ

28,000

42

取引関係等の円滑化のため

マックスバリュ東北株式会社

12,000

17

業界動向等の情報収集のため

北雄ラッキー株式会社

10,000

6

業界動向等の情報収集のため

 

 

(注) 北雄ラッキー株式会社は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、上位4銘柄について記載しております。

 

ハ  保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

 

 

⑥  会計監査の状況

当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、松村浩司氏および香川順氏であり、それぞれ有限責任監査法人トーマツに所属しております。なお、監査年数は両者とも7年を経過していないため、記載を省略しております。また、当事業年度の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士11名、その他5名であります。

 

⑦  取締役会で決議できる株主総会決議事項
イ  剰余金の配当等

当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定められた事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨、また、それを株主総会によっては定めない旨を定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものです。

 

ロ  自己の株式の取得

当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することが出来る旨を定款に定めております。これは、機動的な資本政策遂行のためであります。

 

⑧  取締役の定数

当社の取締役は15名以内とする旨を定款で定めております。

 

⑨  取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および選任決議は、累積投票によらない旨を定款で定めております。

 

⑩  株主総会の特別決議要件

当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。

 

(2) 【監査報酬の内容等】

① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

 

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に基づく報酬
(百万円)

非監査業務に基づく報酬
(百万円)

監査証明業務に基づく報酬
(百万円)

非監査業務に基づく報酬
(百万円)

31

32

 

 

② 【その他重要な報酬の内容】

(前事業年度)

  該当事項はありません。

 

(当事業年度)

  該当事項はありません。

 

③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

(前事業年度)

該当事項はありません。

 

(当事業年度)

該当事項はありません。

 

④ 【監査報酬の決定方針】

  該当事項はありません。 

第5 【経理の状況】

 

1.財務諸表の作成方法について

当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成29年3月1日から平成30年2月28日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けております。

 

3.連結財務諸表について

当社は子会社がありませんので、連結財務諸表は作成しておりません。

 

4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入するとともに、その他各種団体が主催する研修への参加や会計専門誌の定期購読等を行っております。

 

1 【連結財務諸表等】

(1) 【連結財務諸表】

該当事項はありません。

 

(2) 【その他】

該当事項はありません。

 

2 【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(平成29年2月28日)

当事業年度

(平成30年2月28日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

696

682

 

 

売掛金

441

511

 

 

商品

2,858

2,991

 

 

貯蔵品

35

34

 

 

前払費用

321

314

 

 

繰延税金資産

264

243

 

 

未収入金

4,782

4,972

 

 

1年内回収予定の建設協力金

226

216

 

 

その他

80

87

 

 

貸倒引当金

9

4

 

 

流動資産合計

9,696

10,050

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物(純額)

※1 5,781

※1 7,231

 

 

 

構築物(純額)

※1 354

※1 438

 

 

 

車両運搬具(純額)

※1 5

※1 9

 

 

 

工具、器具及び備品(純額)

※1,※3 1,825

※1,※3 2,243

 

 

 

土地

7,175

8,200

 

 

 

リース資産

167

479

 

 

 

建設仮勘定

80

47

 

 

 

有形固定資産合計

15,389

18,650

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

のれん

429

379

 

 

 

商標権

0

0

 

 

 

ソフトウエア

8

11

 

 

 

電話加入権

8

8

 

 

 

その他

2

3

 

 

 

無形固定資産合計

449

402

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

164

137

 

 

 

長期前払費用

367

312

 

 

 

繰延税金資産

1,763

1,806

 

 

 

敷金

3,461

3,526

 

 

 

建設協力金

957

814

 

 

 

その他

309

335

 

 

 

貸倒引当金

106

105

 

 

 

投資その他の資産合計

6,916

6,826

 

 

固定資産合計

22,755

25,880

 

資産合計

32,452

35,930

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(平成29年2月28日)

当事業年度

(平成30年2月28日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

支払手形

12

11

 

 

買掛金

9,392

9,856

 

 

短期借入金

※2 103

※2 3,717

 

 

1年内返済予定の長期借入金

1,734

1,459

 

 

リース債務

49

54

 

 

未払金

1,176

1,151