日本郵政キャピタル株式会社 - 株券等の大量保有の状況の開示に関する内閣府令 第一号様式 大量保有報告書

日本郵政キャピタル株式会社がEDINETに提出した「株券等の大量保有の状況の開示に関する内閣府令 第一号様式 大量保有報告書」です。

【表紙】
【提出書類】大量保有報告書
【根拠条文】法第27条の23第1項
【提出先】関東財務局長
【氏名又は名称】
日本郵政株式会社
取締役兼代表執行役社長 長門 正貢
【住所又は本店所在地】東京都千代田区霞が関一丁目3番2号
【報告義務発生日】平成29年11月30日
【提出日】平成29年12月7日
【提出者及び共同保有者の総数(名)】1
【提出形態】その他
【変更報告書提出事由】
E33637 日本郵政キャピタル株式会社 Japan Post Capital 株券等の大量保有の状況の開示に関する内閣府令 第一号様式 1 false false false E33637 日本郵政キャピタル株式会社 Japan Post Capital E33637-000 2017-12-07 E33637-000 2017-12-07 jplvh010000-lvh_E33637-000:FilerLargeVolumeHolder1Member iso4217:JPY xbrli:pure xbrli:shares

第1【発行者に関する事項】

発行者の名称株式会社フィル・カンパニー
証券コード3267
上場・店頭の別上場
上場金融商品取引所東京証券取引所 マザーズ


第2【提出者に関する事項】

1【提出者(大量保有者)/1】

(1)【提出者の概要】

①【提出者(大量保有者)】
個人・法人の別法人(株式会社)
氏名又は名称日本郵政キャピタル株式会社
住所又は本店所在地東京都千代田区霞が関一丁目3番2号
旧氏名又は名称
旧住所又は本店所在地

②【個人の場合】
生年月日
職業
勤務先名称
勤務先住所

③【法人の場合】
設立年月日平成29年11月1日
代表者氏名千田 哲也
代表者役職代表取締役社長
事業内容投資業務

④【事務上の連絡先】
事務上の連絡先及び担当者名
日本郵政キャピタル株式会社
管理部門 ヴァイス・プレジデント 加藤 弘樹
電話番号03-6268-8311

(2)【保有目的】

政策投資(資本業務提携のため)

(3)【重要提案行為等】

該当事項なし

(4)【上記提出者の保有株券等の内訳】

①【保有株券等の数】
法第27条の23
第3項本文
法第27条の23
第3項第1号
法第27条の23
第3項第2号
株券又は投資証券等(株・口)280,000
新株予約権証券又は新投資口予約権証券等(株・口)A-H
新株予約権付社債券(株)B-I
対象有価証券カバードワラントCJ
株券預託証券
株券関連預託証券DK
株券信託受益証券
株券関連信託受益証券EL
対象有価証券償還社債FM
他社株等転換株券GN
合計(株・口)O280,000PQ
信用取引により譲渡したことにより
控除する株券等の数
R
共同保有者間で引渡請求権等の権利が
存在するものとして控除する株券等の数
S
保有株券等の数(総数)
(O+P+Q-R-S)
T280,000
保有潜在株券等の数
(A+B+C+D+E+F+G+H+I+J+K+L+M+N)
U

②【株券等保有割合】
発行済株式等総数(株・口)
平成29年11月30日現在)
V5,410,000
上記提出者の株券等保有割合(%)
(T/(U+V)×100)
5.18
直前の報告書に記載された
株券等保有割合(%)

(5)【当該株券等の発行者の発行する株券等に関する最近60日間の取得又は処分の状況】

年月日株券等の種類数量割合市場内外取引の別取得又は処分の別単価
平成29年11月30日普通株式280,0005.18市場外取得1,837

(6)【当該株券等に関する担保契約等重要な契約】

提出者及び発行者との間で締結した投資契約において、一定の場合を除き、提出者は、第三者割当による本件株式発行に係る払込期日(平成29年11月30日)から2年間を経過する日までの間、当該第三者割当により取得した株式の全部又は一部を、発行者の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡、売却、担保提供その他一切の処分をしないことに合意しています。

(7)【保有株券等の取得資金】

①【取得資金の内訳】
自己資金額(W)(千円)514,360
借入金額計(X)(千円)
その他金額計(Y)(千円)
上記(Y)の内訳
取得資金合計(千円)(W+X+Y)514,360

②【借入金の内訳】
名称(支店名)業種代表者氏名所在地借入
目的
金額
(千円)

③【借入先の名称等】
名称(支店名)代表者氏名所在地